メインメニューを開く

フィリップ・ビュルティ

フィリップ・ビュルティ
(画)カロリュス=デュラン

フィリップ・ビュルティ(Philippe Burty、1830年6月2日 - 1890年3月6日)は、フランスの美術評論家、作家、詩人、イラストレーター、版画家、美術コレクターである。印象派の擁護者であった[1] 。東洋の美術品のコレクターでもあり、フランスの雑誌に「ジャポニスム」という言葉を始めて用いた。

略歴編集

パリで生まれた。1859年に創刊された美術雑誌、「ガゼット・デ・ボザール」(Gazette des beaux-arts)の創刊以来の美術評論家で、1869年に創刊された新聞「Le Rappel」のために1871年まで記事を書いた。1872年から1874年の間は前衛的な雑誌、「La Renaissance littéraire et artistique」に寄稿した。ビュルティが「ジャポニスム」という言葉を初めて用いるのは1872年の「La Renaissance littéraire et artistique」の記事においてである。「La République Française」、「Academie」や「L'Art」といった雑誌にもしばしば記事を書いた[2]

ロマン派の画家、ウジェーヌ・ドラクロワの残した資料を集め、ドラクロワの書簡を集めた著書を出版した。1860年代からフランス人画家の版画を集めた。1869年に有名な画家の版画と当時の詩を集めた、詞画集、"Sonnets et eaux-fortes" を編集し出版した。版画への興味から日本の浮世絵版画の熱心な収集家となり、さらに収集は日本の陶磁器、刀剣類に及んだ。日本の美術品を扱ったパリの美術商のサミュエル・ビングの重要な顧客になるとともに、ビングが創刊した雑誌、「Le Japon artistique」などに日本美術に関する記事を執筆した。

Sonnets et eaux-fortesの挿画編集

参考文献編集

  1. ^ Lexicon van het Impressionisme, in: De Impressionisten, ed. Ingo F. Walther, Taschen, 2012, p. 650.
  2. ^ Philippe Burty, in James McNeill Whistler: The Etchings, University of Glasgow.