フィリップ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

フィリップ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタットドイツ語: Philipp von Hessen-Darmstadt1671年7月20日 ダルムシュタット - 1736年8月11日 ウィーン)は、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世の息子。神聖ローマ帝国元帥マントヴァ総督を務めた。

フィリップ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット

生涯編集

フィリップはヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ6世とその2人目の妻エリザベート・ドロテア・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク英語版の三男として生まれた[1]

スペイン継承戦争ハプスブルク家側の軍人として参戦、1708年に占領したナポリ王国における神聖ローマ帝国軍の元帥に任命された。戦後の1714年、オイゲン・フォン・ザヴォイエンの影響により元マントヴァ公国にあたる地域の総督になり、1736年に死去するまで務めた。

フィリップは音楽を愛した。ナポリで帝国軍を率いていたときはニコラ・ポルポラのパトロンであり、マントヴァ総督に任命された後はアントニオ・ヴィヴァルディを宮廷の合唱団団長に任命した[2]。ヴィヴァルディはフィリップの結婚を祝ってティト・マンリオ英語版というオペラを書いた[3]

家族編集

 
Joseph Ignaz Philipp von Hessen-Darmstadt, bishop of Augsburg, son of Philip marshal in Austria.

1693年3月24日、ブリュッセルでクロイ=アーヴル公フェルディナン・フランソワ・ジョゼフの娘マリー=テレーズ・ド・クロイMarie-Thérèse de Croÿ)と結婚した。この結婚により、フィリップは母の反対を押し切ってカトリックに改宗した。2人は5人の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ (フランス語) Genealogie ascendante jusqu'au quatrieme degre inclusivement de tous les Rois et Princes de maisons souveraines de l'Europe actuellement vivans. Bourdeaux: Frederic Guillaume Birnstiel. (1768). p. 71. http://books.google.com/books?id=AINPAAAAcAAJ&pg=PA71 
  2. ^ Talbot, Michael. "Vivaldi, Antonio." Grove Music Online. Oxford Music Online. Oxford University Press, accessed December 15, 2015, ( 要購読契約)
  3. ^ Eric Cross. "Tito Manlio." The New Grove Dictionary of Opera. Grove Music Online. Oxford Music Online. Oxford University Press, ( 要購読契約), accessed December 28, 2015.

関連図書編集