メインメニューを開く
フィリップ・フルトヴェングラー

フィリップ・フルトヴェングラーPhilipp Furtwängler1869年4月21日エルツェドイツ) - 1940年5月19日ウィーンオーストリア))は、数論を究めたドイツ数学者

1896年ゲッティンゲン大学三次形式に関する博士論文(Zur Theorie der in Linearfaktoren zerlegbaren ganzzahlingen ternären kubischen Formen)をフェリックス・クラインの下で著した。1912年から1938年までの学究人生のほとんどをウィーン大学で送り、クルト・ゲーデルなどを教えた。彼は半身不随であり、車椅子に乗りながら教鞭を執った。

現在、彼の名は類体論における principal ideal theorem への貢献で最もよく知られている。

外部リンク編集