メインメニューを開く

フィリップ・ヴィルヘルム・アウグスト・フォン・デア・プファルツ

フィリップ・ヴィルヘルム・アウグスト

フィリップ・ヴィルヘルム・アウグスト・フォン・デア・プファルツ(Philipp Wilhelm August von der Pfalz, 1668年11月19日ノイブルク・アン・デア・ドナウ - 1693年4月5日、ライヒシュタット(現在のザークピ)、ボヘミア)は、ドイツのプファルツ=ノイブルク家の公子。

プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムとその妻でヘッセン=ダルムシュタット方伯ゲオルク2世の娘であるエリーザベト・アマーリアの間の第13子、八男として生まれた。フィリップ・ヴィルヘルムはウィーンに住む長姉の神聖ローマ皇后エレオノーレ・マグダレーネと、ブレスラウ(現在のポーランドヴロツワフ)に住む兄のブレスラウ司教フランツ・ルートヴィヒの許を訪れた後、1689年イタリアへのグランドツアーに赴いている。

フィリップ・ヴィルヘルムは聖職者ではなく世俗の世界で身を立てようと考え、軍人になった。しかし、24歳で「悪性の熱病」に冒されてわずか1週間後に亡くなり、ライヒシュタットの教区教会に埋葬された。心臓だけは抜き取られ、故郷のノイブルク城内教会に安置された。

1690年10月29日ザクセン=ラウエンブルクユリウス・フランツの娘アンナ・マリア・フランツィスカと結婚した。2人の結婚式は、フィリップ・ヴィルヘルムの父選帝侯が亡くなったために延期され、簡素に行われた。夫妻は2人の娘をもうけた。

フィリップ・ヴィルヘルムの死後、未亡人アンナ・マリアはトスカーナ大公ジャン・ガストーネ・デ・メディチと再婚した。