フィリピン・ペソ

フィリピンの通貨

フィリピン・ペソタガログ語: Piso ng Pilipinas)とは、フィリピン通貨。国際通貨コード(ISO 4217)はPHPで、通貨の補助単位はペソの1/100のセンタボ(centavo)。

フィリピン・ペソ
Piso ng Pilipinas(タガログ語)
Philippine peso(英語)
ISO 4217
コード
PHP
中央銀行フィリピン中央銀行(BSP)
 ウェブサイトwww.bsp.gov.ph
使用
国・地域
フィリピンの旗 フィリピン
インフレ率2.5%(2019年平均)
 情報源BSP Statistics>Inflation Rates>2012 = 100
 指数CPI
補助単位
 1/100センタボ英語版
通貨記号PhilippinePeso.svg
複数形ペソス(タガログ語)
硬貨
 広く流通1, 2, 5, 10, 20ペソ
 流通は稀1, 5, 10, 25センタボ
紙幣
 広く流通20, 50, 100, 500, 1,000ペソ
 流通は稀200ペソ
紙幣製造The Security Plant Complex
 ウェブサイトNational Printing Office
硬貨鋳造The Security Plant Complex
 ウェブサイトwww.bsp.gov.ph
フィリピン・ペソの単位記号

2020年7月28日現在で、1フィリピン・ペソ=2.13円

概要編集

2010年発行紙幣の券種には、1000、500、200、100、50、20ペソがある。1985年発行紙幣の券種には10ペソと5ペソ紙幣があったが、近年流通していたのは、20ペソ以上の額面の物のみであった。

硬貨には10、5、2、1ペソおよび25、10、5、1センタボがあるが、10、5、1センタボはあまり使われていない。

紙幣に関しては、1985年発行券の偽札に頭を悩ませていた。2010年にフランスの印刷会社に委託して新紙幣を発行したが、紙幣に描かれたモチーフにミスがあるなど話題になった。2010年発行券には、5ペソ札と10ペソ札は当初より存在しない。

1985年発行の旧札は、2010年から5年間をかけて順次新札に交換し、2016年1月1日には旧札が失効券となり、市中では使えなくなり、フィリピン中央銀行とフィリピン各地の銀行で新札と交換を受け付けていたが、2017年4月1日には、1985年発行券は一切使えなくなった。

フィリピン・ペソの発行は、フィリピン中央銀行が行う。通貨記号は普通のペソでは$だが、フィリピン・ペソのみ₱となる。

現在のPHPの為替レート
Google Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
Yahoo! Finance: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
XE: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
OANDA: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD
fxtop.com: AUD CAD CHF EUR GBP HKD JPY USD

記号の符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+20B1 - ₱
₱
フィリピン・ペソ記号

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
フィリピンリアル
  フィリピンの通貨
1852 –
次代:
現在