フィリピン人(フィリピンじん、英:Filipinos, タガログ語:Lahing Pilipinas)とは、フィリピン共和国の国民及びフィリピン人を祖先に持つ者。フィリピン人 Filipino という語はスペインフェリペ2世の名に起源を持ち[33]、探検家ルイ・ロペス・デ・ビリャロボスフィリピン諸島を「フェリペの島々」Islas Filipinas と名づけたことに由来する[34]。2009年時点で約9,200万人のフィリピン人がフィリピンに住んでおり[35]、その他に約1,100万人が国外で生活していると推計されている[36]

フィリピン人
Mga Pilipino
Flag of the Philippines.svg
総人口
1億人以上[1]
(他、1100万人以上の在外フィリピン人英語版
居住地域
フィリピンの旗 フィリピン 1億人以上
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 3,416,840[2]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア 1,020,000[3]
カナダの旗 カナダ 837,130[4]
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 679,819[5]
マレーシアの旗 マレーシア 325,089[6]
日本の旗 日本 260,553[7]
オーストラリアの旗 オーストラリア 232,386[8]
カタールの旗 カタール 195,558[3]
シンガポールの旗 シンガポール 175,000[9]
イタリアの旗 イタリア 167,859[10]
香港の旗 香港 130,810[11]
スペインの旗 スペイン 115,362[12]
イギリスの旗 イギリス 112,000[3]
台湾の旗 中華民国 108,520[13]
大韓民国の旗 韓国 63,464[14]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 40,347[15]
イスラエルの旗 イスラエル 31,000[16]
パプアニューギニアの旗 パプアニューギニア 25,000[17]
オランダの旗 オランダ 20,937[18]
ドイツの旗 ドイツ 20,589[19]
タイ王国の旗 タイ 17,574[20]
マカオの旗 マカオ 14,544[21]
スウェーデンの旗 スウェーデン 13,000[22]
アイルランドの旗 アイルランド 12,791[23]
オーストリアの旗 オーストリア 12,474[24]
ノルウェーの旗 ノルウェー 12,262[25]
中華人民共和国の旗 中国 12,254[26]
スイスの旗 スイス 10,000'[27]
カザフスタンの旗 カザフスタン 7,000[28]
パラオの旗 パラオ 7,000[29]
ギリシャの旗 ギリシャ 6,500[30]
トルコの旗 トルコ 5,500[31]
言語
フィリピン語タガログ語)他、多数の少数言語
宗教
カトリック教会が大多数[32]
その他、少数派にイスラム教スンニ派などが存在。
関連する民族
オーストロネシア語族

概要編集

大航海時代以前までは、バランガイと呼ばれる地域ごとのコミュニティに分かれて暮らしていた。またスペインの植民地時代末期に至るまで、タガログイロカノビサヤなどの地域・言語グループに属して生活していた[33]。また、「フィリピーノ」という呼称も、フィリピン諸島生まれのスペイン人を指す言葉とされ、フィリピン諸島土着の住民は彼らに「インディオ」と呼称された[33]

現在のような「フィリピン人」としての民族意識が芽生えたのは、19世紀にマニラ・ガレオンの貿易が終焉し、スペイン人がフィリピンを本格的に支配するようになってからである[33]

言語編集

オーストロネシア語族フィリピン諸語を話す。

遺伝子編集

 
フィリピン人等東南アジアの民族の系譜

フィリピン人は、オーストロネシア人を特徴づけるハプログループO1a (Y染色体)が29%、東アジアや東南アジアで広くみられるハプログループO2 (Y染色体)が39%見られる[37]。これらは出アフリカ後に北ルート(イラン→アルタイ山脈→東アジア)[38]をとったモンゴロイド系遺伝子である。一方でフィリピン人には、出アフリカ後に南ルート(イラン→インド→東南アジア)をとったオーストラロイド系遺伝子もみられ、特にネグリトアエタではY染色体ハプログループK2b1-P378が60%の高頻度でみられる[39]。(このタイプはニューギニア多いハプログループMやSと祖を同じくするものである。)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Urban Population in the Philippines (Results of the 2015 Census of Population), Release Date: 21 March 2019”. Philippine Statistics Authority. 2019年12月16日閲覧。 (Total population 100,573,715 in 2015, per detail in per detail in TABLE 1 Population Enumerated in Various Censuses by Region: 1960 - 2015)
  2. ^ Reported as Filipino alone or in any combination in The Asian Population: 2010”. 2010 Census Briefs. census.gov. 2019年12月16日閲覧。
  3. ^ a b c Stock Estimates of Filipinos Overseas 2007 Report Archived 6 March 2009 at the Wayback Machine.. Philippine Overseas Employment Administration. Retrieved 22 July 2009.
  4. ^ Statistics Canada (2017年10月25日). “Ethnic Origin, both sexes, age (total), Canada, 2016 Census – 25% Sample data”. 2019年12月16日閲覧。
  5. ^ Know Your Diaspora: United Arab Emirates”. 2019年12月16日閲覧。
  6. ^ No foreign workers' layoffs in Malaysia - INQUIRER.net, Philippine News for Filipinos” (2009年2月9日). 2009年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月16日閲覧。
  7. ^ “2017年度末在留外国人確定値”. Japan. (2018年4月13日). http://www.moj.go.jp/content/001254624.pdf 2019年12月16日閲覧。 
  8. ^ 2016 Census QuickStats: Australia”. www.censusdata.abs.gov.au. 2019年12月16日閲覧。
  9. ^ OFW Statistics, Philippines: Philippine Overseas Employment Administration, (8 February 2013), オリジナルの23 April 2014時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140423231541/http://www.poea.gov.ph/stats/statistics.html 2019年12月16日閲覧。 
  10. ^ Demographic Balance and Resident Population by sex and citizenship on 31st December 2017” (英語). Istat.it (2018年6月13日). 2019年12月16日閲覧。
  11. ^ Filipinos in Hong Kong Hong Kong Bureau of Statistics. Retrieved 30 June 2009.
  12. ^ PGMA meets members of Filipino community in Spain”. Gov.Ph. 2019年12月16日閲覧。 [リンク切れ]
  13. ^ 外僑居留-按國籍別 (Excel)” (Chinese). National Immigration Agency, Ministry of the Interior (2011年2月28日). 2013年5月21日閲覧。
  14. ^ Filipinos in South Korea. Korean Culture and Information Service (KOIS). Retrieved 21 July 2009.
  15. ^ Ethnic group profiles”. 2019年12月16日閲覧。
  16. ^ Israeli Central Bureau of Statistics”. Israeli Central Bureau of Statistics. 2019年12月16日閲覧。
  17. ^ Amojelar, Darwin G. (2013-04-26) Papua New Guinea thumbs down Philippine request for additional flights. InterAksyon.com. Retrieved 28 July 2013.
  18. ^ CBS StatLine - Bevolking; generatie, geslacht, leeftijd en herkomstgroepering, 1 januari”. Statline.cbs.nl. 2017年10月5日閲覧。
  19. ^ Anzahl der Ausländer in Deutschland nach Herkunftsland (Stand: 31. Dezember 2014)”. 2019年12月16日閲覧。
  20. ^ Vapattanawong, Patama. “ชาวต่างชาติในเมืองไทยเป็นใครบ้าง? (Foreigners in Thailand)” (Thai). Institute for Population and Social Research - Mahidol University. 2017年12月25日閲覧。
  21. ^ Macau Population Census”. Census Bureau of Macau (2012年5月). 2016年5月22日閲覧。
  22. ^ pinoys-sweden-protest-impending-embassy-closure”. ABS-CBN.com. 2019年12月16日閲覧。
  23. ^ CSO Emigration”. Census Office Ireland. 2013年1月29日閲覧。
  24. ^ Statistic Austria”. 2019年12月16日閲覧。
  25. ^ 8 Folkemengde, etter norsk / utenlandsk statsborgerskap og landbakgrunn 1. januar 2009”. Statistisk sentralbyra (Statistics Norway). 2009年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月3日閲覧。
  26. ^ “President Aquino to meet Filipino community in Beijing”. Ang Kalatas-Australia. (2011年8月30日). http://kalatas.com.au/2011/08/30/president-aquino-to-meet-filipino-community-in-beijing/ 
  27. ^ Backgrounder: Overseas Filipinos in Switzerland”. Office of the Press Secretary (2007年). 2008年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月23日閲覧。
  28. ^ Welcome to Embassy of Kazakhstan in Malaysia Website Archived 11 November 2013 at the Wayback Machine.. Kazembassy.org.my. Retrieved 28 July 2013.
  29. ^ Tan, Lesley (2006年6月6日). “A tale of two states”. Cebu Daily News. http://globalnation.inquirer.net/cebudailynews/opinion/view_article.php?article_id=3947 2008年4月11日閲覧。 
  30. ^ Statistical Yearbook of Greece 2009 & 2010”. Hellenic Statistical Authority. 2013年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月16日閲覧。
  31. ^ “No Filipino casualty in Turkey quake - DFA”. GMA News. (2010年8月3日). http://www.gmanews.tv/story/185635/no-filipino-casualty-in-turkey-quake-dfa 
  32. ^ “Table 1.10; Household Population by Religious Affiliation and by Sex; 2010”. 2015 Philippine Statistical Yearbook: 1–30. (October 2015). ISSN 0118-1564. https://psa.gov.ph/sites/default/files/2015%20PSY%20PDF.pdf 2016年8月15日閲覧。. 
  33. ^ a b c d 清水展「フィリピン人」/エリア・スタディーズ(2009) p:18-21
  34. ^ Sebastian Sta. Cruz Serag (1997). The remnants of the great Ilonggo nation. Rex Book Store. pp. p. 102. ISBN 978-9712321429. http://books.google.com/books?id=7BsNAEtKyzcC&pg=PA102 2009年8月3日閲覧。. 
  35. ^ 2000 Census-based Population Projection”. Population Projection Statistics. National Statistics Office (2006年12月8日). 2011年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月3日閲覧。
  36. ^ Yvette Collymore (2003年6月). “Rapid Population Growth, Crowded Cities Present Challenges in the Philippines”. Population Reference Bureau. 2009年8月3日閲覧。 “An estimated 10 percent of the country's population, or nearly 8 million people, are overseas Filipino workers distributed in 182 countries, according to POPCOM. That is in addition to the estimated 3 million migrants who work illegally abroad”
  37. ^ Laura Scheinfeldt, Françoise Friedlaender, Jonathan Friedlaender, Krista Latham, George Koki, Tatyana Karafet, Michael Hammer and Joseph Lorenz, "Unexpected NRY Chromosome Variation in Northern Island Melanesia," Molecular Biology and Evolution 2006 23(8):1628-1641
  38. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  39. ^ Karafet TM, Mendez FL, Sudoyo H, Lansing JS, Hammer MF (June 2014). "Improved phylogenetic resolution and rapid diversification of Y-chromosome haplogroup K-M526 in Southeast Asia". Eur J Hum Genet. 23: 369–373. doi:10.1038/ejhg.2014.106. PMC 4326703 Freely accessible. PMID 24896152.

参考文献編集

  • 大野拓司、寺田勇文『現代フィリピンを知るための61章 第2版』明石書店、2009年。ISBN 978-4-7503-3056-3

関連資料編集

外部リンク編集