フィル・アーソPhil Urso1925年10月2日 - 2008年4月7日)は、アメリカジャズテナー・サクソフォーン奏者および作曲家。トランペッターのチェット・ベイカーとの関係で知られる。

フィル・アーソ
Phil Urso
出生名 Philip Urso[1]
生誕 (1925-10-02) 1925年10月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州ジャージーシティ
死没 (2008-04-07) 2008年4月7日(82歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州デンバー
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 テナー・サクソフォーン
共同作業者 チェット・ベイカー

アーソは、子供の頃にクラリネットを習い、高校時代にテナー・サックスに転向した。第二次世界大戦中アメリカ海軍に勤務し、その後、1947年にニューヨークへと移った。そこで彼はエリオット・ローレンス (1948年–1950年)、ウディ・ハーマン (1950年–1951年)、テリー・ギブス、マイルス・デイヴィス (1952年)、オスカー・ペティフォード (1953年)、ジミー・ドーシー、ボブ・ブルックマイヤー (1954年)と共演した。1955年、初めてチェット・ベイカーと仕事をするようになり、1956年にリリースされたベイカーのパシフィック・ジャズ時代の作品における著名な貢献者となった。アーソとベイカーは、約30年間にわたって散発的に共同作業を行ってきた[2]

アーソは、1950年代後半にクロード・ソーンヒルと仕事をしたが、その後の数十年で全国的に注目されることから遠ざかっていった。彼はデンバーに移り、2000年代まで地元で演奏を続けた。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Sentimental Journey (1956年、Regent) ※with ボブ・バンクス
  • Salute Chet Baker (2003年、Jazzed Media) ※with カール・サーンダース
  • 『フィロソフィー・オブ・アーソ』 - The Philosophy of Urso: Phil Urso's 1953–1959 Sessions (2016年、Fresh Sound)

参加アルバム編集

チェット・ベイカー

  • 『アンド・クルー』 - Chet Baker & Crew (1956年、Pacific Jazz)
  • 『チェット・ベイカー・ビッグ・バンド』 - Chet Baker Big Band (1957年、Pacific Jazz)
  • 『プレイボーイズ』 - Playboys (1957年、Pacific Jazz)
  • The Most Important Jazz Album of 1964/65 (1964年、Colpix)
  • 『ベイビー・ブリーズ』 - Baby Breeze (1965年、Limelight)

その他

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • Phil Urso at Allmusic
  • Leonard Feather and Ira Gitler, The Biographical Encyclopedia of Jazz. Oxford, 1999, p. 659.
  • The New Grove Dictionary of Jazz, Second Edition, Volume 3, Edited by Barry Kernfeld, Grove, 2002, p. 816.

外部リンク編集