フィル・ウッズPhil Woods、本名:Philip Wells Woods1931年11月2日 - 2015年9月29日)はアメリカ合衆国ジャズミュージシャンアルトサクソフォーン、他)。

フィル・ウッズ
Phil woods oslo 2007 1.jpg
2007年
基本情報
出生名 Philip Wells Woods
生誕 (1931-11-02) 1931年11月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州
スプリングフィールド
死没 (2015-09-29) 2015年9月29日(83歳没)
ジャンル ジャズ
ビバップ
担当楽器 アルト・サックス
ソプラノ・サックス
クラリネット
レーベル プレスティッジ・レコード
ヴァーヴ・レコード
ブルーノート・レコード
コンコード・レコード
フィロロジー、他
共同作業者 クインシー・ジョーンズ
バディ・リッチ
セロニアス・モンク
ディジー・ガレスピー
ウェス・モンゴメリー
ジーン・クルーパ
ベニー・グッドマン
ビリー・ジョエル
スティーリー・ダン
ポール・サイモン
アレサ・フランクリン

来歴編集

マサチューセッツ州スプリングフィールド生まれ。

マンハッタン音楽学校ジュリアード音楽院で学びながらジャズピアニストであり作曲家であるレニー・トリスターノに大きな影響を受けた。卒業後すぐにビバップのサクソフォーン奏者として認められ、キャノンボール・アダレイソニー・スティットと同様に偉大な先達チャーリー・パーカーの後継者と目された。

1968年渡仏、ヨーロピアン・リズム・マシーン(The European Rhythm Machine)を結成し録音を残した。1972年には再びアメリカに活動の場を移した。

ジャズではないが、彼を有名にしたポップ・ミュージックの録音としてビリー・ジョエルの「素顔のままで(Just the Way You Are)」でのアルトサクソフォーン・ソロがあげられる。その他スティーリー・ダンポール・サイモンとも共演している。

ウッズは自身の録音で7回グラミー賞にノミネートされ、4回グラミー賞を受賞した。

また彼はチャーリー・パーカーの未亡人であるチャン・パーカーと結婚し、パーカーの遺児二人の継父となった事でも知られる。

2015年9月29日、83歳で死去[1]

ディスコグラフィ編集

リーダー作品編集

 
1978年

1950年代

  • Jon Eardleyと共同名義, 『ポット・パイ』 - Pot Pie(1954年10月、1955年2月録音) (Prestige) 1963年
  • 『ウッドロア』 - Woodlore(1955年11月録音)(Prestige) 1956年
  • 『ペアリング・オフ』 - Pairing Off(1956年6月録音)(Prestige) 1956年
  • ドナルド・バードと共同名義, 『ザ・ヤング・ブラッズ』 - The Young Bloods(1956年11月録音)(Prestige) 1956年
  • ジーン・クイルサヒブ・シハブHal Steinと共同名義, 『4アルトズ』 - Four Altos(1957年2月録音)(Prestige) 1957年
  • ジーン・クイルと共同名義, 『フィル&クイル』 - Phil And Quill(1957年3月録音)(Prestige) 1957年
  • 『スガン』 - Sugan(1957年7月録音)(Prestige) 1957年
  • ジーン・クイルと共同名義, 『フィル・トークス・ウィズ・クイル』 - Phil Talks With Quill(1957年9月、10月録音)(Columbia) 1957年
  • 『ウォーム・ウッズ』 - Warm Woods(1957年録音)(Epic) 1958年

1960年代

1970年代

  • 『フランクフルトのフィル・ウッズとヨーロピアン・リズム・マシーン』 - Phil Woods and his European Rhythm Machine at the Frankfurt Jazz Festival(1970年3月録音)(Embryo) 1970年
  • 『カルダン・アット・モントルー』 - Live At Montreux 72(1972年6月録音)(Verve) 1972年
  • New Music by the New Phil Woods Quartet (Testament) 1974年
  • 『ミュージック・デ・ボア』 - Musique du Bois(1974年1月録音)(Muse) 1974年
  • ミシェル・ルグラン楽団と共同名義, 『イメージ』 - Images (RCA Victor) 1975年(グラミー賞:最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス)
  • 『フィル・ウッズ&ザ・ジャパニーズ・リズム・マシーン』 - Phil Woods & The Japanese Rhythm Machine(1975年7月録音)(RCA Victor) 1976年(「東京厚生年金会館」におけるライヴ)
  • 『ザ・サン・スイート』 - The New Phil Woods Album(1975年10月~12月録音)(RCA Victor) 1976年
  • 『ライブ・フロム・ショーボート』 - Live from the Show Boat(1976年11月録音)(RCA Victor) 1977年(グラミー賞:最優秀インストゥルメンタル・ジャズ・パフォーマンス(個人もしくはグループ))
  • 『ソング・フォー・シスファス』 - Song for Sysiphus(1977年11月録音)(King) 1978年
  • 『アイ・リメンバー…』 - I Remember(1978年3月録音) (Gryphon) 1979年
  • Phil Woods Quartet Live(1979年5月26日録音)(Adelphi) 1980年
    • More' Live(1979年5月26日録音)(Adelphi) 1982年(グラミー賞:最優秀インストゥルメンタル・ジャズ・パフォーマンス(個人もしくはグループ))

1980年代

1990年代

  • Space Jazz Trioと共同名義, Phil's Mood (Philology) 1990年
  • All Bird Children(1990年6月録音)(Concord Jazz) 1991年
  • Jim McNeelyと共同名義, Flowers For Hodges (Concord Jazz) 1991年
  • The Little Big Bandと共同名義, Real Life(1990年9月録音)(Chesky) 1991年
  • Full House(1991年9月録音)(Milestone) 1992年
  • Franco D'Andreaと共同名義, Our Monk(1994年11月録音)(Philology) 1994年
  • Plays The Music Of Jim McNeely (TCB) 1995年
  • Mile High Jazz Live In Denver (Concord Jazz) 1996年
  • ベニー・カーターと共同名義, Another Time, Another Place(1996年3月録音)(Evening Star) 1996年
  • Astor and Elis (Chesky) 1996年
  • The Comlete Concert (JMS) 1996年
  • Celebration!(1997年1月録音)(Concord Jazz) 1997年
  • The Rev And I (Blue Note) 1998年
  • 『クール・ウッズ』 - cool woods (somethin' else) 1999年

2000年代以降

  • 『スリル・イズ・ゴーン』 - The Thrill Is Gone(2002年6月録音)(Venus) 2003年
  • Robert Anchipolovsky and Tony Pancella Trioと共同名義, Tel Aviv Jazz Festival (Philology) 2006年
  • Grace Kellyと共同名義, Man with the Hat (Pazz) 2011年
  • ビル・メイズと共同名義, Phil & Bill(2010年9月録音)(Palmetto) 2011年

コンピレーション編集

  • Into The Woods (The Best Of Phil Woods) (Concord Jazz, 1996)

参加アルバム(一部)編集

外部リンク編集

脚注編集