フィル・キャンベル

フィル・キャンベルPhilip Anthony Campbell 1961年5月7日 - )は、ウェールズ出身のロックミュージシャンギタリストソングライター

フィル・キャンベル
Phil Campbell
Motorhead-IMG 6401.jpg
モーターヘッド - フランス・ベルフォール公演(2011年7月)
基本情報
出生名 Philip Anthony Campbell[1]
生誕 (1961-05-07) 1961年5月7日(60歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ
ロンザ・カノン・タフ州ポンティプリッド[2]
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
NWOBHM
職業 ミュージシャンギタリストソングライター
担当楽器 ギターボーカル
レーベル ニュークリア・ブラスト
共同作業者 フィル・キャンベル・アンド・ザ・バスタード・サンズ
モーターヘッド
ペルシャン・リスク
ロクトプス
公式サイト philcampbell.net
imotorhead.com
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
LAGエクスプローラー
ほか

英国のロックバンドモーターヘッド」のギタリストとして、2015年にバンドが消滅するまでの約30年間在籍した。以降は、息子達と共に新グループを立ち上げ活動している。

キャリア編集

ウェールズ南部のポンティプリッド出身。10歳でギターを始める。ジミ・ヘンドリックストニー・アイオミジミー・ペイジヤン・アッカーマンマイケル・シェンカートッド・ラングレン等の影響を受ける。

12歳の時、ホークウィンドのライブを観た際にレミーのサインをもらう。13歳にしてセミ・プロとしてキャバレー・バンドなどで演奏を開始。その後、パブロック・バンド「ロクトプス」の一員として本格的なプロ活動をスタートし、サウス・ウェールズ地域を中心に活動する。1979年、ヘヴィメタル・バンド「ペルシャン・リスク」を結成。"Calling For You" (1981)、"Ridin' High" (1983) などを発表した。

 
晩年のレミーと (2015年)

1984年初頭、ブライアン・ロバートソン脱退に伴い行われた「モーターヘッド」のギタリスト募集オーディションに参加。ワーゼルことマイケル・バーストンとともに最終選考に残った。レミーは当初、従来のトリオ編成を継承すべく、ひとりだけを採用するつもりであったが、ワーゼルとキャンベルのコンビネーションを聴いて両方をグループに迎える決断をした。

同年2月、モーターヘッドのメンバーとしてテレビシリーズ「ヤング・ワン」(The Young Ones) のサウンドトラック制作に参加。続いて9月15日には、コンピレーション・アルバム『ノー・リモース』(No Remorse) をリリース。

1995年には、ワーゼルが脱退してトリオ編成に戻り、キャンベルがひとりでギターを担当している(ギタリストとしての在籍期間は歴代最長)。以降、レミーが亡くなりバンド活動が終了した2015年末まで務めた[3]

以降は、3人の息子たちとロックバンド「Phil Campbell's All Starr Band」結成しEPを制作[4]。その後「Phil Campbell and the Bastard Sons (フィル・キャンベル・アンド・ザ・バスタード・サンズ)」と改名し、2018年にデビューアルバム『The Age of Abdurdity』を発表した[5]

そして2019年10月には、自身初となるソロアルバム『Old Lions Still Roar』をリリースしている[6]

使用機材編集

モーターヘッド時代から、フランスのLAG製エクスプローラー(セイモア・ダンカンハンバッカー[7]×2、ボリュームコントロール×1)[8]ドイツのフラマス製(Framus)、米国のギブソン・レスポール日本キャパリソン製(Caparison)などを使用。ブライアン・ムーア製(Brian Moore)のカスタムギターや、変形型のミナリーク ・インフェルノも扱った事がある。近年はスイスのレリッシュ製(Relish)を使用している。

その他にもパーカー(Parker)、クレイマー(Kramer)、ESPPRS等を所有。

アンプはマーシャルを使用。スタジオではLine 6、ENGL、Laboga などのアンプも使用する。

フィル・キャンベル・アンド・ザ・バスタード・サンズ編集

フィル・キャンベル
アンド
ザ・バスタード・サンズ
Phil Campbell and the Bastard Sons
 
ドイツ・ヴァッケン公演(2016年8月)
基本情報
別名 Phil Campbell's All Starr Band
出身地   ウェールズ
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
活動期間 2016年 - 現在
レーベル ニュークリア・ブラスト
公式サイト philcampbell.net
メンバー フィル・キャンベル
トッド・キャンベル
デイン・キャンベル
タイラ・キャンベル
ニール・スター

フィル・キャンベルと3人の息子を中心に、2016年に発足。消滅した「モーターヘッド」の音楽性を受け継いでいる[9]

メンバー編集

※2020年5月時点

  • フィル・キャンベル (Phil Campbell) - ギター
  • トッド・キャンベル (Todd Campbell) - ギター
  • デイン・キャンベル (Dane Campbell) - ドラムス
  • タイラ・キャンベル (Tyla Campbell) - ベース
  • ニール・スター (Neil Starr) - ボーカル

ディスコグラフィ編集

ソロアルバム

  • Old Lions Still Roar(2019)

フィル・キャンベル・アンド・ザ・バスタード・サンズ

  • Phil Campbell and the Bastard Sons (EP)(2016)
  • Live at Solothurn (EP)(2017)
  • The Age of Abdurdity - ジ・エイジ・オブ・アブサーディティー(2018)
  • We're the Bastards - ウィーアー・ザ・バスターズ(2020)

ペルシャン・リスク

  • Too Different (EP)(1984)
  • Rise Up(1986)

モーターヘッド

脚注編集

  1. ^ Philip Anthony Campbell”. AOL Music. 2008年12月20日閲覧。
  2. ^ Philip Anthony Campbell”. Allmusic. 2012年7月15日閲覧。
  3. ^ “モーターヘッドのドラマー、レミー死去に伴いモーターヘッドの終了を宣言”. amass. (2015年12月30日). http://amass.jp/67165/ 2015年12月30日閲覧。 
  4. ^ モーターヘッドのフィル・キャンベル、息子たちと結成したバンドのデビューEPリリース”. BARKS (2016年9月15日). 2018年12月5日閲覧。
  5. ^ モーターヘッド フィル・キャンベル率いる新バンドPhil Campbell And The Bastard Sons 1stアルバムを1月発売”. amass (2017年10月30日). 2018年12月5日閲覧。
  6. ^ 超豪華ゲスト陣参加!モーターヘッドのPhil Campbell(フィル・キャンベル)初のソロ・アルバム”. TOWER RECORDS (2019年8月27日). 2019年11月18日閲覧。
  7. ^ Phil Campbell”. Seymour Duncan. 2008年12月20日閲覧。
  8. ^ Phil Campbell - Motorhead (Legend!)”. LAG Guitars. 2008年12月20日閲覧。
  9. ^ 元モーターヘッドのフィル・キャンベル、暴走ロック街道をまっしぐら”. BARKS (2018年2月5日). 2018年4月13日閲覧。

外部リンク編集