フィレモンピレモン、(Philemon)は新約聖書パウロの手紙の中に名前が出るパウロの協力者。 新共同訳聖書ではフィレモン、文語訳聖書口語訳聖書新改訳聖書ではピレモン。 彼の名前を冠した『フィレモンへの手紙』は獄中にあるパウロがフィレモンにあてた手紙であり、逃亡した奴隷のオネシモを信仰において兄弟として迎えるよう頼む個人的な内容の書簡である。フィレモンは『コロサイ人への手紙』4:9にオネシモの名前が出る関係からコロサイの住人であると考えられている。最初期の教会は家の教会であるから、コロサイ教会はフィレモンの家の教会のことであるとも考えられる。そうなると、フィレモンはコロサイ教会の牧者ということになろう[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集