メインメニューを開く

フィロソフィーのダンス

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

フィロソフィーのダンス(THE DANCE FOR PHILOSOPHY)は、日本の女性アイドルグループである。略称はフィロのス。2015年結成。

フィロソフィーのダンス
THE DANCE FOR PHILOSOPHY
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPアイドル
活動期間 2015年 -
レーベル PHILOSOPHY OF THE WORLD
共同作業者 加茂啓太郎(プロデュース)
ヤマモトショウ(作詞)
宮野弦士(作曲 / 編曲)
公式サイト danceforphilosophy.com
メンバー 奥津マリリ
佐藤まりあ
十束おとは
日向ハル
旧メンバー 市川菜々子

概要編集

コンテンポラリーなファンク、R&B、哲学的な背景を持つ歌詞をアイドルに歌わせるというコンセプトの元、オーディションとスカウトを経て2015年7月に結成。「Funky But Chic」をキーワードに活動を続ける。最高の4人組ユニットであるという想いから「ベスト・フォー」と称し、同名称の楽曲をリリース。アイドルの枠を超え全ての音楽ファンに愛されるグループを目指している。

ウルフルズ氣志團ナンバーガールBase Ball Bear相対性理論などを世に輩出した加茂啓太郎がプロデュースを担当している[1]。加茂はマネージメントも兼任(いわゆる「運営」)しており、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)入社後は、SMEとマネージメント契約している[2]


略歴編集

2015年編集

  • 7月 - オーディションとスカウトを経て結成。当初のメンバーは5人。
  • 8月6日 - 新代田Feverで行われた「グレートハンティングナイト」にてお披露目ライヴ。
  • 10月7日 - メンバーの市川菜々子が脱退[7]
  • 12月9日 - 「すききらいアンチノミー」「熱帯夜のように」「プラトニック・パーティー」の楽曲配信が開始。
  • 12月20日 - 初CD「すききらいアンチノミー」をライヴ会場限定シングルとしてリリース。

2016年編集

  • 1月30日 - 「FUNKY BUT CHIC」と題された定期公演スタート。vol.1は学芸大学メイプルハウスにて開催。
  • 11月20日 - 原宿アストロホールにて、初のワンマンライブ「Do The Strand VOL.1」開催。
  • 11月23日 - 1stアルバム『FUNKY BUT CHIC』リリース。

2017年編集

  • 3月19日 - 渋谷WWWにてセカンド・ワンマン・ライブ「Do The Strand VOL.2」開催。
  • 7月15日 - 新宿BLAZEにて3rdワンマンライブ「Do The Strand VOL.3」開催。
  • 10月7日 - 渋谷CLUB QUATTROにて4thワンマンライブ「Do The Strand VOL.4」開催。
  • 11月22日 - 2ndアルバム「The Founder」をリリース。オリコン・アルバム・チャート38位にランクイン。
  • 11月25日, 26日 - アルバム収録曲「ダンス・ファウンダー」がspotyfyのバイラル・チャートで女性アイドルとしては 初の1位を2日間記録。

2018年編集

  • 2月4日 - callmeとの東名阪ツーマンツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」スタート。2月12日まで3会場3公演にて実施[8]
  • 6月16日 - 東名阪ワンマンツアー「Girls Are Back In Town VOL,1」スタート。7月1日まで3会場3公演にて実施。6月23日には東京追加公演「アフターパーティー」を開催。
  • 8月31日 - 両A面シングル「イッツ・マイ・ターン / ライブ・ライフ」を発売。オリコンデイリーシングルランキングで1位、オリコン週間シングルランキングで7位を獲得。
  • 12月16日 - 2ndワンマンツアー「Girls are Back In Town VOl,2」スタート。2019年1月27日まで計9公演を実施。

2019年編集

  • 2月13日 - ファンクラブ「Color Me Funk」プレオープン。
  • 3月12日 - ファンクラブ「Color Me Funk」グランドオープン。
  • 4月5日 - 3rdアルバム「エクセルシオール」をリリース。
  • 4月10日 - テレビ朝日にて初の地上波冠番組「フィロのス亭」が放送開始(隔週水曜)。
  • 4月16日 - 全公演バンドセットの東名阪クアトロツアー「Bandwagon Vol,1」スタート。4月23日まで計3公演を実施。
  • 11月17日 - 全国ツアー「Glamorous 4 Tour」スタート。12月17日まで10都市10公演を実施。

メンバー編集

名前 よみ 誕生日 出身地 血液型 ニックネーム イメージカラー 備考
奥津 マリリ おくつ まりり 7月11日 神奈川県 O型 マリリ       青 リーダー。
キャッチコピーは「セクシーにゃんこ」。
スカウトによりグループ加入。
シンガーソングライター「オクツマリリ」としても活動する[9]
2016年8月、TOKYO IDOL FESTIVALで行われた週刊プレイボーイ主催の「ナツ☆イチッ!オーディション」で優勝し、ナツ☆イチ!クイーンに選ばれる[10]
2017年よりフリーペーパー「VDC Magazine」にてコラム“奥津マリリの So What?”を担当。
佐藤 まりあ さとう まりあ 9月13日 埼玉県 B型 あんぬ       ピンク サブリーダー。
キャッチコピーは「スーパーミラクルアイドル」。
オーディションによりグループ加入。
アイドルグループ「オーガニック(本物)」のメンバーでもある[11]
NICE GIRL プロジェクト!研修生
ミスiD2017ファイナリスト
十束 おとは とつか おとは 8月9日 神奈川県 A型 おとはす       黄色 キャッチコピーは「インドアアイドル」。
オーディションによりグループ加入。
格闘ゲーム「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」の公式応援団[12]
週刊ファミ通の創刊30周年を記念した4代目ゲーマーズエンジェルに任命された[13]
日向 ハル ひなた はる 1月16日 東京都 B型 ハルちゃん       赤 キャッチコピーは「ゴリゴリのゴリ」。
スカウトによりグループ加入。
元々はバンドのボーカルとして活動していた。
奥津マリリと共にほぼ全ての楽曲でメインボーカルを務めている。
SORORの「スモール・ワールド・ダイバーシティ feat.日向ハル」や、絶対忘れるな「平日ナイトフィーバー feat.日向ハル」など、他グループのレコーディングにも参加。

楽曲一覧編集

これまでに披露された楽曲の一覧。2016年6月から2018年7月にかけて、26か月連続で新曲を披露した。

タイトルにあるほぼ全ての外来語はアルファベットではなく、カタカナ表記かつ「・」を使用しているのが特徴。全楽曲の作詞を担当しているヤマモトショウは、その理由をファンに尋ねられ「意味あります!全曲、英語でのタイトルは別であるからです!」とTwitter上で説明している[14]

# 曲名 作詞 作曲 編曲 初披露日 備考
1 プラトニック・パーティー ヤマモトショウ rionos rionos 2015年8月6日
2 好きだから好き ヤマモトショウ ヤマモトショウ ヤマモトショウ 2015年8月14日 未CD音源化
3 熱帯夜のように 加茂啓太郎
ヤマモトショウ
ヤマモトショウ ヤマモトショウ 2015年9月21日
4 すききらいアンチノミー ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2015年10月17日
5 オール・ウィー・ニード・イズ・ラブストーリー ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2015年12月3日
6 パラドックスが足りない ヤマモトショウ ヤマモトショウ 宮野弦士 2015年12月25日
7 いつか大人になって ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年1月30日 日向ハルソロ曲
8 アイム・アフター・タイム ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年2月26日
9 好感度上げたい! ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年4月3日
10 告白はサマー ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年4月23日
11 VIVA運命 ヤマモトショウ 芹沢和則 宮野弦士 2016年6月12日
12 バイバイよりも 加茂啓太郎
ヤマモトショウ
野戸久嗣 宮野弦士
野戸久嗣
2016年7月9日 奥津マリリソロ曲
13 DTF! ヤマモトショウ ヤマモトショウ 宮野弦士 2016年8月7日 未CD音源化
14 あなたにあげない ヤマモトショウ ヤマモトショウ rionos 2016年8月11日 十束おとはソロ曲
15 コモンセンス・バスターズ ヤマモトショウ 野戸久嗣 宮野弦士
野戸久嗣
2016年9月18日
16 なでしこ色の恋の歌 ヤマモトショウ rionos rionos 2016年9月18日 佐藤まりあソロ曲
17 ソバージュ・イマージュ ヤマモトショウ ヤマモトショウ ヤマモトショウ 2016年10月22日 未CD音源化
18 アイドル・フィロソフィー ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年11月20日
19 ライク・ア・ゾンビ ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2016年12月9日
20 はじめまして未来 ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2017年1月8日
21 バッド・パラダイム ヤマモトショウ 野戸久嗣 宮野弦士 2017年2月5日
22 アルゴリズムの海 ヤマモトショウ ヤマモトショウ 宮野弦士 2017年3月19日
23 ベスト・フォー ヤマモトショウ 芹沢和則 宮野弦士 2017年3月19日
24 ジャスト・メモリーズ ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2017年4月22日
25 ミスティック・ラバー ヤマモトショウ 井出賢一 宮野弦士 2017年5月26日
26 ドグマティック・ドラマティック ヤマモトショウ Sofybank(CWF)
Satoshi Kobayashi(CWF)
宮野弦士 2017年6月10日
27 夏のクオリア ヤマモトショウ 姫野博行 宮野弦士 2017年7月15日 MVは「夏のクオリア(remixed by ikkubaru)」
28 ニュー・アタラクシア ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2017年8月12日
29 エポケー・チャンス ヤマモトショウ Hiddie 宮野弦士 2017年9月22日
30 ダンス・ファウンダー ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2017年10月7日 リ・ボーカル&シングル・ミックスverのMVも作成された
31 シャル・ウィ・スタート ヤマモトショウ 野戸久嗣 宮野弦士 2017年11月26日
32 ネクスト・クリスマス ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2017年12月16日 未CD音源化
33 ロジック・ジャンプ ヤマモトショウ 日影秀徳 宮野弦士 2018年1月14日
34 ラブ・バリエーション ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年2月12日
35 スピーチ ヤマモトショウ 日影秀徳 宮野弦士
日影秀徳
2018年3月23日
36 バイタル・テンプテーション ヤマモトショウ 野戸久嗣 宮野弦士
野戸久嗣
2018年4月28日
37 パレーシア ヤマモトショウ 芹沢和則 宮野弦士 2018年5月27日
38 イッツ・マイ・ターン ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年6月16日 TBS系列「有田ジェネレーション」の2018年9月度エンディングテーマ
39 ライブ・ライフ ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年6月16日
40 フリー・ユア・フェスタ ヤマモトショウ Minnie.P 宮野弦士
Minnie.P
2018年7月22日
41 スーパーヴィーニエンス ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年9月17日
42 ヒューリスティック・シティ ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年10月27日
43 ハッピー・エンディング ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2018年12月16日
44 ダンス・オア・ダンス ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2019年7月20日
45 シスター ヤマモトショウ 宮野弦士 宮野弦士 2019年11月17日
SE FUNKY BUT CHIC - 宮野弦士 宮野弦士 2017年1月8日 以前は、Deee-Liteの「Groove Is In The Heart」を使用。

ディスコグラフィー編集

CDシングル編集

# タイトル 発売日 収録曲 最高位 備考
1 すききらいアンチノミー 2015年12月20日 再発盤は4曲目が「すききらいアンチノミー」のオフ・ボーカルバージョン
2 オール・ウィー・ニード・イズ・ラブストーリー 2016年05月15日  
3 アイム・アフター・タイム 2016年10月22日  
4 ライク・ア・ゾンビ 2017年03月19日  
5 ジャスト・メモリーズ 2017年07月15日 ライブ会場限定シングル[15]
6 アンヌトオトハス 2017年09月15日
7 ダンス・ファウンダー (リ・ボーカル・バージョン) 2018年02月7日 33位 M2〜14は、2017年10月7日渋谷クラブ・クアトロ ワンマン公演からのライブ・テイク
8 イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ 2018年08月31日 7位 「イッツ・マイ・ターン」はTBS系列「有田ジェネレーション」の2018年9月度エンディングテーマ
2018年6月16日恵比寿リキッドルーム、2018年6月23日渋谷WWW Xでのライヴからの映像を収めたDVD付き
「ダンス・ファウンダー」「ライブ・ライフ」のMV、「ダンス・ファウンダー」のMVメイキングが収録されたDVD付き
2018年011月23日 251位 完全初回限定盤。同CDシングルのアザー・ジャケット盤、6月26日渋谷WWWXで行われた「Girls Are Back in Town VOL.1 After Party」のライブ14曲を収録したVHSテープ、6月16日恵比寿リキッドルームで行われた「Girls Are Back in Town VOL.1 」のライブ音源14曲を収録したカセット・テープ、38ページのライブ写真集。以上のデータを収録したUSBが封入。
9 ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO/ヒューリスティック・シティ 2018年12月14日 80位 SCOOBIE DOとのコラボシングル。

7inch Ver.の2種も含め、全5形態での発売。

配信シングル編集

# タイトル 配信日 収録曲 備考
1 すききらいアンチノミー 2015年12月20日
2 告白はサマー 2016年07月20日
  1. 告白はサマー
 
3 アイム・アフター・タイム 2016年08月24日
  1. アイム・アフター・タイム
 
4 好感度あげたい! 2016年09月21日
  1. 好感度あげたい!
 
5 ライク・ア・ゾンビ 2017年04月26日
  1. ライク・ア・ゾンビ
 
6 ソバージュ・イマージュ 2017年05月10日
  1. ソバージュ・イマージュ
7 ジャスト・メモリーズ 2017年08月09日
  1. ジャスト・メモリーズ
  2. バッド・パラダイム
8 DTF!(フィーチャリング Li-sa-X) 2017年08月30日
  1. DTF!(フィーチャリング Li-sa-X)
9 はじめまして未来 2017年09月13日
  1. はじめまして未来
10 ベスト・フォー 2017年10月11日
  1. ベスト・フォー
11 なでしこ色の恋の歌/あなたにあげない 2017年10月18日
  1. なでしこ色の恋の歌
  2. あなたにあげない
12 シャル・ウィ・スタート 2018年01月31日
  1. シャル・ウィ・スタート
13 ダンス・ファウンダー(リ・ボーカル アンド シングル・ミックス・バージョン)【Include live tracks】 2018年02月28日
14 ネクスト・クリスマス 2018年02月28日
  1. ネクスト・クリスマス
15 ロジック・ジャンプ 2018年04月18日
16 ラブ・バリエーション 2018年05月25日
17 スピーチ 2018年06月15日
  1. スピーチ
  2. スピーチ(ボーカル・オフ・バージョン)
18 バイタル・テンプテーション 2018年08月03日
  1. バイタル・テンプテーション
  2. バイタル・テンプテーション(インストルメンタル)
19 ライブ・ライフ 2018年08月22日
  1. ライブ・ライフ
  2. ライブ・ライフ(ボーカル・オフ・バージョン)
20 イッツ・マイ・ターン 2018年08月29日
  1. イッツ・マイ・ターン
  2. イッツ・マイ・ターン(ボーカル・オフ・バージョン)
21 パレーシア 2018年12月05日
  1. パレーシア
  2. 君は僕のもの
2は奥津マリリ生誕祭でのライブ音源,クラムボン カバー
22 ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO / ヒューリスティック・シティ 2018年12月14日
  1. ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO
  2. ヒューリスティック・シティ
23 スーパーヴィーニエンス 2019年03月14日
  1. スーパーヴィーニエンス
24 ライク・ア・ゾンビ~ヒャダインのリリリリ☆リミックス~ 2019年05月03日 既発曲のリミックスバージョン6カ月連続配信第1弾
25 ヒューリスティック・シティ(mabanua remix) 2019年06月07日 既発曲のリミックスバージョン6カ月連続配信第2弾
26 イッツ・マイ・ターン(T-Groove Remix) 2019年07月12日 既発曲のリミックスバージョン6カ月連続配信第3弾

アルバム編集

# タイトル 発売日 レーベル 品番 収録曲 最高位 備考
1 FUNKY BUT CHIC 2016年11月23日 (2016-11-23) PHILOSOPHY OF THE WORLD UXCL-100 88位
2 THE FOUNDER 2017年11月22日 PHILOSOPHY OF THE WORLD UXCL-140 38位
3 エクセルシオール 2019年4月5日(配信のみ3月22日) PHILOSOPHY OF THE WORLD UXCL-198 18位 通常盤

CDのみの収録。

UXCL-200 初回限定盤/CD

12月16日に東京・ステラボールにて行われたワンマンライブのライブ音源14曲を収録したボーナスCDが付属。

UXCL-202 初回限定盤/DVD

「ダンス・ファウンダー(Re:Vocal&Single Mix)」や「ライブ・ライフ」など全6曲のミュージックビデオ、全国ツアー「Girls Are Back in Town Vol.1」で使用された転換映像に加え、ヒューリスティック・シティー メイキング映像を収録したボーナスDVDが付属。

アナログ7インチ編集

# タイトル 発売日 品番 収録曲 備考
1 I'M AFTER TIME 2016年12月12日 ASPQ-0010 SIDE A: I'M AFTER TIME
SIDE B: COMMON SENSE BUSTERS
2 ダンス・ファウンダー / FUNKY BUT CHIC 2018年2月21日 HR7S-085 SIDE A: ダンス・ファウンダー
SIDE B: FUNKY BUT CHIC
3 アイドル・フィロソフィー / ダンス・ファウンダー(日向ハルver.) 2018年6月27日 HR7S-094 SIDE A: アイドル・フィロソフィー
SIDE B: ダンス・ファウンダー(日向ハルver.)
6か月連続リリース第1弾
4 夏のクオリア / 告白はサマー(十束おとはver.) 2018年7月25日 HR7S-095 SIDE A: 夏のクオリア
SIDE B: 告白はサマー(十束おとはver.)
6か月連続リリース第2弾
5 エポケーチャンス / はじめまして未来(佐藤まりあver.) 2018年9月7日 HR7S-096 SIDE A: エポケーチャンス
SIDE B: はじめまして未来(佐藤まりあver.)
6か月連続リリース第3弾
6 ベスト・フォー / スピーチ(奥津マリリver.) 2018年10月17日 ASPQ-0013 SIDE A: ベスト・フォー
SIDE B: スピーチ(奥津マリリver.)
6か月連続リリース第4弾
ASPQ-0014 数量限定アナザージャケット盤
7 ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO/ヒューリスティック・シティ 2018年12月14日 UXCL-183 SIDE A: ラブ・バリエーション with SCOOBIE DO
SIDE B: ヒューリスティック・シティ
6か月連続リリース第5弾
UXCL-188 コラボジャケットVer.
8 イッツ・マイ・ターン / アルゴリズムの海(十束おとはver.) 2019年1月30日 ASPQ-0015 SIDE A: イッツ・マイ・ターン
SIDE B: アルゴリズムの海(十束おとはver.)
6か月連続リリース第6弾
ASPQ-0016 数量限定アナザージャケット盤
9 ライブ・ライフ / ソバージュ・イマージュ(佐藤まりあver.) 2019年5月22日 ASPQ-0017 SIDE A: ライブ・ライフ
SIDE B: ソバージュ・イマージュ(佐藤まりあver.)
ASPQ-0018 数量限定アナザージャケット盤

映像作品編集

# タイトル 発売日 品番 形態
1 First One Man Live”Do the Strand! Vol.1”THE DANCE FOR PHILOSOPHY 2017年 3月31日 UXCL-104 DVD
2 ガールズ・アー・バック・イン・タウンVOL,1、ライブ・アット・リキッドルーム 2018年12月14日 UXCL-187 DVD
3 ライブ・アット・ステラボール 2019年 4月26日 UXCL-206 DVD

ライブ編集

定期公演「FUNKY BUT CHIC」編集

2018年
Vol. 日付 場所 開場/開演 備考
20 01月14日 東京・代官山LOOP 13:00/13:30 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.20(ゲスト:二丁目の魁カミングアウト[36]
18:00/18:30 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.20(ゲスト:脇田もなり[36]
21 03月23日 東京・下北沢GARDEN 18:30/19:00 FUNKY BUT CHIC Vol.21(ゲスト:Dreamy Melts[37]
22 4月28日 東京・下北沢GARDEN 13:00/13:30 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.22(ゲスト:evening cinema[38]
18:00/18:30 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.22(ゲスト:CYNHN[38]
23 5月27日 東京・下北沢GARDEN 12:30/13:00 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.23(ゲスト:CY8ER[39]
16:30/17:00 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.23(ゲスト:SHE IS SUMMER[39]
24 7月22日 東京・下北沢GARDEN 12:30/13:00 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.24(ゲスト:NEO JAPONISM
16:30/17:00 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.24(ゲスト:校庭カメラガールドライ
25 9月17日 東京・下北沢GARDEN 12:30/13:00 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.25(ゲスト:Wienners
17:00/17:30 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.25(ゲスト:眉村ちあき
26 10月13日 東京・下北沢GARDEN 12:30/13:00 【1部】FUNKY BUT CHIC Vol.26(ゲスト:PARADE PARADE)
16:30/17:00 【2部】FUNKY BUT CHIC Vol.26(ゲスト:にゃんぞぬデシ)

ワンマンライブ・ツアー編集

2016年
開催期日 公演タイトル 場所 備考
11月20日 Do The Strand VOL1 原宿アストロホール 初のワンマンライブ
2017年
開催期日 公演タイトル 場所 備考
3月19日 Do The Strand VOL2 渋谷WWW
7月15日 Do The Strand VOL3 新宿BLAZE
10月7日 Do The Strand VOL4 渋谷CLUB QUATTRO
2018年
開催期日 公演タイトル 場所 備考
2月4日 レッツ・スティック・トゥギャザー 梅田Shangri-La(大阪) callmeとのツーマンツアー[8]
2月10日 名古屋HeartLand(愛知)
2月12日 渋谷WWW X(東京)
6月16日 Girls Are Back In Town VOL,1 恵比寿LIQUIDROOM(東京) 初のバンドセットライブ
6月23日 渋谷WWW X(東京) 東京公演アフターパーティー(追加公演)
6月30日 HOLIDAY NEXT NAGOYA(愛知)
7月1日 心斎橋 FANJ twice(大阪)
12月16日 Girls Are Back In Town VOL,2 品川ステラボール(東京) ホーン隊を加えたフルバンドセットライブ
12月22日 DRUM SON(福岡) 初の全国ツアー,全9都市9公演
12月23日 ell.FITS ALL(愛知)
12月24日 BananaHall(大阪)
2019年
開催期日 公演タイトル 場所 備考
1月13日 Girls Are Back In Town VOL,2 GOLDEN PIGS BLACK STAGE(新潟) 初の全国ツアー,全9都市9公演
1月14日 KASHIWA PALOOZA(千葉)
1月18日 仙台MACANA(宮城)
1月20日 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2(栃木)
1月27日 CAVE-BE(広島)
4月16日 Bandwagon Vol,1 梅田CLUB QUATTRO(大阪) 全公演でバンドセットによるステージ
4月17日 名古屋CLUB QUATTRO(愛知)
4月23日 渋谷CLUB QUATTRO(東京)
11月17日 Glamorous 4 Tour HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3(大宮)
11月23日 mito LIGHT HOUSE  (水戸)
11月24日 LIVE HOUSE enn2nd (仙台)
11月30日 LIVE HOUSE DRUM Be-1 (福岡)
12月1日 LIVE HOUSE 熊本B.9 V2(熊本)
12月5日 umda TRAD(大阪) バンド編成
12月6日 Electric Lady Land(名古屋) バンド編成
12月8日 Live Hall GOLDEN PIGS RED STAGE (新潟)
12月14日 SECOND CRUTCH (広島)
12月17日 新木場STUDIO COAST (東京) フルバンドセット


イベント・フェス・対バンライブ編集

出演編集

地上波テレビ編集

ウェブテレビ編集

  • フィロソフィーのダンスの フィロのスルーム!(SHOWROOM)[40]
  • フィロソフィーのダンスの「グルーブ・チューブ!」(生テレ)[41](2016年10月25日 - 2018年3月28日)
  • 4代目ファミ通ゲーマーズエンジェルのゲー活(仮)(ニコニコ生放送[42]- 十束のみ。レギュラー。
  • シノのス(テレ朝動画)(2018年11月9日 -)佐藤まりあ、十束おとはが出演。

ミュージック・ビデオ編集

  • リフの惑星「フライベイビー」(2017年2月) - 佐藤まりあが出演[43]

ラジオ編集

  • フィロソフィーのダンス『Lesson.1』(2018年5月19日、2018年12月8日、文化放送[44]

ウェブラジオ編集

  • フィロソフィーのダンスのストップ・メイキング・センス(2018年9月、TS ONE
  • フィロソフィーのダンスのストップ・メイキング・センス season2(2019年4月、TS ONE)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ フィロソフィーのダンスが1stワンマンで提示した、「アイドル」というフォーマットの先”. Real Sound. 2016年12月27日閲覧。
  2. ^ 名物プロデューサー列伝 vol.69 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント REDプロジェクトルーム 加茂啓太郎さん”. 音楽主義 (2016年11月15日). 2019年6月26日閲覧。
  3. ^ シングル「すききらいアンチノミー」収録「メンバー・ヴァージン・インタビュー」
  4. ^ keitarokamoのツイート(798197863821938689)
  5. ^ DFP_2015のツイート(798360317264658432)
  6. ^ philosophy092のツイート(975380694867181570)
  7. ^ DFP_2015のツイート(651698805104971777)
  8. ^ a b フィロソフィーのダンス×callme、来年2月に東名阪ツーマンツアー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年10月7日). 2018年1月12日閲覧。
  9. ^ オクツマリリ公式サイト
  10. ^ “この夏、1番輝くアイドル”は奥津マリリに!「“マリチチ”って騒いでくれるファンが愛おしい!」”. 週プレNEWS. 2016年8月13日閲覧。
  11. ^ オーガニック(本物)|DreamStage - AKIBAカルチャーズ劇場
  12. ^ 電撃文庫 FIGHTING CLIMAX 公式サイト
  13. ^ ファミ通 第4代ゲーマーズエンジェルが、奥谷楓さん、十束おとはさんに決定!”. ファミ通.COM. 2016年7月7日閲覧。
  14. ^ yamamoto_shoのツイート(1034475818070695937)
  15. ^ DFP_2015の2017年7月15日のツイート- Twitter
  16. ^ DFP_2015の2016年2月26日のツイート- Twitter
  17. ^ shinop_staffの2016年4月12日のツイート- Twitter
  18. ^ DFP_2015の2016年4月30日のツイート- Twitter
  19. ^ a b DFP_2015の2016年6月15日のツイート- Twitter
  20. ^ a b DFP_2015の2016年8月7日のツイート- Twitter
  21. ^ a b DFP_2015の2016年9月1日のツイート- Twitter
  22. ^ DFP_2015の2016年10月18日のツイート- Twitter
  23. ^ DFP_2015の2016年11月12日のツイート- Twitter
  24. ^ DFP_2015の2017年1月7日のツイート- Twitter
  25. ^ DFP_2015の2017年1月8日のツイート- Twitter
  26. ^ DFP_2015の2017年1月8日のツイート- Twitter
  27. ^ DFP_2015の2017年2月1日のツイート- Twitter
  28. ^ DFP_2015の2017年2月1日のツイート- Twitter
  29. ^ DFP_2015の2017年3月19日のツイート- Twitter
  30. ^ a b DFP_2015の2017年4月21日のツイート- Twitter
  31. ^ DFP_2015の2017年5月25日のツイート- Twitter
  32. ^ a b DFP_2015の2017年6月4日のツイート- Twitter
  33. ^ a b DFP_2015の2017年8月6日のツイート- Twitter
  34. ^ a b DFP_2015の2017年11月25日のツイート- Twitter
  35. ^ a b DFP_2015の2017年12月15日のツイート- Twitter
  36. ^ a b フィロソフィーのダンス定期公演20回目のゲストは二丁目の魁カミングアウト、脇田もなり”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年12月8日). 2018年1月12日閲覧。
  37. ^ DFP_2015の2018年2月17日のツイート- Twitter
  38. ^ a b DFP_2015の2018年3月31日のツイート- Twitter
  39. ^ a b DFP_2015の2018年4月27日のツイート- Twitter
  40. ^ フィロソフィーのダンスの フィロのスルーム!”. SHOWROOM. 2017年2月13日閲覧。
  41. ^ グルーブ・チューブ!”. 生テレ. 2017年2月13日閲覧。
  42. ^ ミニファミコンをプレイ! 4代目ファミ通ゲーマーズエンジェルのゲー活”. ファミ通.com コミニー[Cominy] (2016年11月17日). 2017年1月29日閲覧。
  43. ^ Jun Hanamoto(監督) (2017年1月27日). リフの惑星 -フライベイビー (official video). リフの惑星.. https://www.youtube.com/watch?v=xyAin44rygU 2015年1月14日閲覧。 
  44. ^ 文化放送ホームランナイターSET UPスペシャル「フィロソフィーのダンス『Lesson.1』」 | 文化放送 | radioinfo.radiko.jp ラジオウェブ」『radioinfo.radiko.jp』。2018年6月29日閲覧。

外部リンク編集