フィンセント・ファン・デル・フィンネ

フィンセント・ローレンスゾーン・ファン・デル・フィンネ(Vincent Laurensz. van der Vinne、1628年10月11日(洗礼日)- 1702年7月26日)はオランダの画家、版画家である。

フィンセント・ファン・デル・フィンネ
Vincent van der Vinne
Vincent laurensz van der vinne ca1655.JPG
フランス・ハルスによる肖像画
生誕1628年10月11日(洗礼日)
ハールレム
死没1702年7月26日
ハールレム

略歴編集

ハールレムで生まれた。1647年に9カ月ほどハールレムの画家、フランス・ハルスの工房で弟子として学んだ[1] 。1649年にハールレムの聖ルカ組合に登録され、1652年8月までハールレムで働いた後、仲間の画家、コルネリス・ベガ、ディルク・ヘルムブレーケル、ギヨーム・ドゥ・ボワとドイツを巡る修行の旅に出た。ケルンでアブラハム・カイペル(Abraham Kuyper: fl. 1605-1652)という画家を訪ねた記録が残っている。現在も残されているファン・デル・フィンネの日記によれば、ハイデルベルク、フランクフルトを訪れた後、仲間がオランドに戻った後も、旅を続け、スイスに入り、1653年から1654年までジュネーブに滞在した。スイスから、リヨン、パリ、ル・アーヴルなどに滞在しながら、ハールレムには1655年の9月に戻った[1]。翌年、結婚した[2]

1680年の夏にも、オランダの北部を旅し、さまざまな場所の風景のスケッチを残した[3]。ヴァニタスに分類される静物画も残し、趣向としてガラス球に映る自分の姿や、肖像版画を絵の中に描いた[4][5]

ハールレムで没した。 息子のLaurens Vincentsz. van der Vinne (1658-1729)、Jan Vincentsz. van der Vinne (1663-1721)、Isaac Vincentsz. van der Vinne (1665-1740)も画家になった[1]

作品編集

油絵編集

版画/素描編集

脚注編集

  1. ^ a b c Vincent Laurensz. van der Vinne (I) in the RKD
  2. ^ Biesboer y Luna (1994), p. 179.
  3. ^ D.C.D., *«Vinne, Vicent Laurensz van der» Enciclopedia online del Museo del Prado.
  4. ^ Biesboer y Luna (1994), p. 150.
  5. ^ Leendert van der Crooghen, Portret van Vincent Laurensz. Van der Vinne, Berlín, Kupferstichkabinett der Staatlichen; ficha en RKD.

参考文献編集

  • Biesboer, Pieter y Luna, Juan J., La pintura holandesa del Siglo de Oro. Frans Hals y la escuela de Haarlem, Madrid, Barcelona: BBV, 1994, ISBN 84-604-9248-6