メインメニューを開く

フィン・ウィットロック( Finn Wittrock ,1984年10月28日 - )は、アメリカ合衆国俳優脚本家である。

フィン・ウィットロック
Finn Wittrock
Finn Wittrock
2015年
本名 Peter Wittrock, Jr.
生年月日 (1984-10-28) 1984年10月28日(34歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
職業 俳優
活動期間 2003年 -
配偶者 サラ・ロバーツ (2014年 - )
主な作品
映画
不屈の男 アンブロークン
マネー・ショート 華麗なる大逆転
ラ・ラ・ランド
テレビドラマ
アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ
アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺

ウィットロックはいくつかのTVシリーズにゲスト出演して俳優のキャリアを始めた。映画出演は2004年の『Halloweentown High』のコーディー役が最初で、2010年の映画『Twelve』から、また映画に出演するようになった。ジュリアード音楽院を卒業した後は、TVシリーズ『All My Children 』に2009年からレギュラー出演をしている。

またステージ作品では、2011年にオフ・ブロードウェイで、トニー・クシュナーの『The Illusion』に出演して、2012年マイク・ニコルズ監督による、アーサー・ミラー作品『セールスマンの死』のハッピー役でブロードウェイにデビューをした。

2014年に、TV映画『ノーマル・ハート』でのアルバート役が認められて、FXシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』にダンディ・モット役で出演した。この役でウィットロックはプライムタイム・エミー賞にノミネートされた。

目次

経歴編集

ウィットロックは、俳優のピーター・L・ウィットロック・シニアを父として、南カリフォルニア大学作業療法教授のケイト・クレア・クローリーを母としてマサチューセッツ州レノックスで生まれた。家族はほかに弟のディランがいる[1][2]

父がシェイクスピア・アンド・カンパニー・シアターで働いていたので、小さな頃からシアターの中で育って、ステージでペイジ・ボーイやメッセンジャーの役目を果たしていた。ハイ・スクールは"LACHSA"に通って、演技のクラスで学び、演技と映画製作を行っていた[3]。卒業後にジュリアード音楽院の入学許可を得たものの、しばらくはL.A.で、自分の俳優としての可能性を試すほうを選んで、この時は入校しなかった[4][3]

ウィットロックはL.A.でテレヴィジョンのいくつかのエピソードに出演した。そして、翌年のジュリアード音楽院への入学を希望して受け入れられた。ドラマ部門の『グループ37(2004年-2008年)』に所属して、いくつかのシアター作品に出演した。またウィットロックはジュリアード・ジャーナルへの貢献が認められて"Juilliard Journal Award"を受賞した。そして、ドラマ部門での"Stephanie Palmer McClelland Scholarship"の受賞者でもあった[5]。2008年にBFAを取得してジュリアード音楽院を卒業した[6]

キャリア編集

ジュリアード音楽院を卒業して2008年に、ワシントンD.C.にあるシェイクスピア・シアター・カンパニー製作の『ロミオとジュリエット』でロミオを演じた[7]。そして、バークシャー・シアター・フェスティヴァル製作の『キャンディダ』ではユージーン・マーチバンクス役で出演した[8]。TVシリーズの『All My Children』ではデイモン・ミラー役で2009年から2011まで、長期に出演を続けた。また、2009年、オフ・ブロードウェイの『The Age of Iron』ではトロイルス役で出演し、2010年のティーン・ドラマの映画『Twelve』ではウォーレン役で出演した[9]

ウィットロックは、2011年にオフ・ブロードウェイで、劇作家トニー・クシュナーの作品『The Illusion』に出演した。ステージを見に来ていたマイク・ニコルズ監督は、プロデューサーのスコット・ルーディンのもとでオーディションを受けるようにすすめた。アーサー・ミラーの『セールスマンの死』のリヴァイヴァル上演でニコルズが監督予定のものであった。2012年に、ウィットロックはこの作品のハッピー役でブロードウェーにデビューをした。ウィリー役のフィリップ・シーモア・ホフマンやビフ役のアンドルー・ガーフィールドと共演したものであった。2012年『セールスマンの死』の上演で、監督のニコルズはトニー賞の演劇リヴァイヴァル作品賞を受賞し、ウィットロックはシアター・ワールド賞とクラレンス・ダーウェント・アウォーズの"Most Promising Male Performer"を受賞した[10][11]

2014年には、TV映画『ノーマル・ハート』でライアン・マーフィー監督の作品に出演した。また2014年はウィットロックが出演した、映画『ニューヨーク 冬物語』と『ノア 約束の舟』が公開された。そして、マーフィーの作品に次に出演したのが、FXアンソロジー・シリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』でのダンディ・モット役であった。このダンディ・モット役で。プライムタイム・エミー賞、ファンゴリア・チェーンソー賞、そして放送映画批評家協会TV賞にノミネートされた[12]。2014年に公開された、アンジェリーナ・ジョリー監督の『不屈の男 アンブロークン』では、ルイ役のジャック・オコーネルと共に第二次世界大戦でアメリカ空軍の爆撃手だったマック役で出演した。

2017年、ウィットロックはサム・ゴールド監督の『ガラスの動物園』でサリー・フィールドジョー・マンテロと共にジム・オコーナーの役でブロードウェイに復帰した。この上演は3月23日にオープンして、7月2日に終了した[13]

私生活編集

ウィットロックは2014年10月18日に、長年のガールフレンドであったサラ・ロバーツと結婚した。ロバーツはジュリアード音楽院の卒業生であった[14][15]

出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
2004 Halloweentown High Cody
2010 Twelve Warren
2014 ニューヨーク 冬物語
Winter's Tale
ゲイブリエル(ガブリエル)
Gabriel
2014 ノア 約束の舟
Noah
若年期のテューバル=ケイン
(トバルカインまたは新共同訳聖書によるトバル・カイン)
Young Tubal-cain
2014 不屈の男 アンブロークン
Unbroken
フランシス・マクナマラ(愛称マック)
Francis "Mac" McNamara
2015 My All American Freddie Steinmark
2015 The Submarine Kid Spencer Koll
2015 マネー・ショート 華麗なる大逆転
The Big Short
ジェイミー・シップリー
Jamie Shipley
2016 ラ・ラ・ランド
La La Land
グレッグ
Greg
2017 Landline Nate
2017 A Midsummer Night's Dream Demetrius
2018 A Futile and Stupid Gesture Tim Matheson
2018 Locating Silver Lake Seth (completed)
2018 A Futile and Stupid Gesture Tim Matheson
2018 If Beale Street Could Talk (Post-production)
2018 Judy Mickey Deans (Pre-production)
2018 Green Olds Oscar (Pre-production)
2018 Write When You Get Work Jonny Collins (completed)

TVドラマとTVシリーズ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
2003 コールドケース 迷宮事件簿
Cold Case
エリック・ウィットリー
Young Eric Whitley
第1シーズン第1話「テニスラケット」
2003 ER緊急救命室
ER
トーマス・ヨーダー
Thomas Yoder
第10シーズン第9話「去りし者」
2004 CSI:マイアミ
CSI: Miami
チャド・ヴァン・ホーン
Chad Van Horn
第3シーズン第4話「汚染の輪」
2009–2011 All My Children Damon Miller 計112話出演
2011 Torchwood: Miracle Day Danny Episode: Rendition
2012 ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所
Harry's Law
ジミー・コーマック
Jimmy Cormack
第2シーズン第12話「命の切り札」
2012 クリミナル・マインド FBI行動分析課
Criminal Minds
ハーヴェイ・モレル
Harvey Morell
第7シーズン第11話「天才 vs. 天才」
2013 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
キャメロン・タイラー
Cameron Tyler
第15シーズン第5話「二度目の悲劇」
2013 Masters of Sex Dale 計4話出演
2014 ノーマル・ハート
The Normal Heart
アルバート
Albert
TV映画
2014–2015 アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場
American Horror Story: Freak Show
ダンディ・モット
Dandy Mott
計12話出演
2015 Deadbeat Max Episode: The Polaroid Flasher
2015–2016 アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル
American Horror Story: Hotel
トリスタン・ダフィー
Tristan Duffy
計6話出演
2015 アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル
American Horror Story: Hotel
ルドルフ・ヴァレンティノ
Rudolph Valentino
計3話出演
2016 アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談
American Horror Story: Roanoke
ケイン・ポーク
Cain Polk
2 Episodes
2018 アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺
The Assassination of Gianni Versace: American Crime Story
ジェフリー・トレイル(愛称ジェフ)
Jeffrey Trail
3 episodes

ステージ編集

上演年 題名 役名 備考
2008 キャンディダ
Candida
ユージーン・マーチバンクス
Eugene Marchbanks
Berkshire Theatre Festival
2008 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
ロミオ
Romeo
Shakespeare Theatre Company
2009 The Age of Iron Troilus Classic Stage Company
2011 The Illusion Calisto
Clindor
Theogenes
Signature Theatre Company
2012 セールスマンの死
Death of a Salesman
ハロルド・ローマン(愛称ハッピー)
Harold "Happy" Loman
Ethel Barrymore Theatre
2012 The Deep Blue Jamie Williamstown Theatre Festival
2012 青春の甘き小鳥
Sweet Bird of Youth
チャンス・ウェイン
Chance Wayne
(1962年映画題名:渇いた太陽)
The Goodman Theatre
2013 The Guardsman The Actor The Kennedy Center
2016 オセロ
Othello
キャシオ
Michael Cassio
New York Theatre Workshop
2017 ガラスの動物園
The Glass Menagerie
ジム・オコーナー
Jim O'Connor
Belasco Theatre

受賞とノミネーション編集

年度 部門 作品名 結果
2012 シアター・ワールド賞 Theatre World Award セールスマンの死
Death of a Salesman
受賞
クラレンス・ダーウェント・アウォーズ Most Promising Male Performer 受賞
2015 放送映画批評家協会TV賞 Best Supporting Actor in a Movie/Miniseries アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場
American Horror Story: Freak Show
ノミネート
ファンゴリア・チェーンソー賞 Favorite Supporting Actor on Television ノミネート
プライムタイム・エミー賞 Outstanding Supporting Actor in a Miniseries or a Movie ノミネート
2015 放送映画批評家協会賞 Best Acting Ensemble マネー・ショート 華麗なる大逆転
The Big Short
ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー Best Ensemble 受賞
全米映画俳優組合賞 Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会 Best Ensemble 受賞

参照編集

  1. ^ Gladstone, Douglas J. (2016年8月7日). “PROFILE: Lenox-born actor Finn Wittrock builds a stellar career”. The Berkshire Edge. 2016年9月3日閲覧。
  2. ^ Smith, Nigel M. (2014年12月29日). “Finn Wittrock On Going To Extremes For 'American Horror Story' and 'Unbroken'”. Indiewire. 2015年6月18日閲覧。
  3. ^ a b DP/30 Emmy Watch: Finn Wittrock, American Horror Story: Freak Show”. YouTube (2015年6月15日). 2015年6月17日閲覧。
  4. ^ Smith, Nigel M. (2014年12月29日). “Finn Wittrock On Going To Extremes For 'American Horror Story' and 'Unbroken'”. Indiewire. 2015年6月18日閲覧。
  5. ^ 2 Students Share 5th Annual Juilliard Journal Award”. The Juilliard School. 2015年6月17日閲覧。
  6. ^ Peter Finn Wittrock”. The Juilliard School. 2015年6月17日閲覧。
  7. ^ Jones, Kenneth (2008年8月5日). “DC's All-Male Romeo and Juliet Will Feature Juilliard's Wittrock and Davis”. Playbill. 2015年6月28日閲覧。
  8. ^ Hetrick, Adam (2008年4月15日). “Atkinson Is Candida for Berkshire Theatre Festival”. Playbill. 2015年6月19日閲覧。
  9. ^ Classic Stage Company Presents THE AGE OF IRON, Closes 12/13”. BroadwayWorld (2009年12月13日). 2015年6月19日閲覧。
  10. ^ 2012 Tony Award Winner full list: 'Once' rules the night”. The Washington Post (2012年6月11日). 2015年6月17日閲覧。
  11. ^ Phillip Boykin, Jeremy Jordan, Finn Wittrock & More Celebrate the 2012 Theatre World Awards”. Broadway.com (2012年6月6日). 2015年6月19日閲覧。
  12. ^ ‘AHS’ Star Finn Wittrock Reveals Emmy Nomination Secret Weapon: ‘I’ll Just Have to Wear Something Awesome’”. TheWrap (2015年7月16日). 2015年8月16日閲覧。
  13. ^ Gerard, Jeremy (2016年6月6日). “Sally Field & Joe Mantello Will Star In ‘The Glass Menagerie’ Broadway Revival For Scott Rudin”. 'Deadline'. 2016年9月1日閲覧。
  14. ^ McPhee, Ryan (2014年10月20日). “No More Clowning Around: AHS: Freak Show Star & Broadway Alum Finn Wittrock Marries Sarah Roberts”. Broadway. 2015年6月18日閲覧。
  15. ^ Callegari, Caitlyn (2014年11月11日). “Who Is ‘AHS’ Dandy Mott Married To? Finn Wittrock’s Wife Must Be Fearless”. Bustle. 2015年6月18日閲覧。

外部リンク編集