メインメニューを開く

フウライカジキ

フウライカジキ(風来舵木、学名 Tetrapturus angustirostris) は、スズキ目マカジキ科に分類される魚の一種。インド太平洋暖海域に分布する小型・外洋性のカジキである。日本での地方名としてスギヤマ(東京)などがある。

フウライカジキ
Tetrapturus angustirostris (Shortbill spearfish).gif
フウライカジキ Tetrapturus angustirostris
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : カジキ亜目 Xiphioidei
: マカジキ科 Istiophoridae
: フウライカジキ属 Tetrapturus
: フウライカジキ T. angustirostris
学名
Tetrapturus angustirostris
Tanaka,1915
和名
フウライカジキ(風来舵木)
英名
Shortbill spearfish

目次

概要編集

形態編集

 
釣り上げられたフウライカジキ(11.35kgの個体)
2010年3月、ニュージーランドのグレートバリア島沖にて捕獲された

成魚は全長2mほど。カジキ類としては吻が短く、英名"Shortbill spearfish"(短いのカジキ)はここに由来する。体は前後に細長く、体高は低い。胸鰭は腹鰭より短い。第一背鰭は基底が前後に長くて広いが、バショウカジキほど長大ではない。小型で吻が短く細長い外見から、他のカジキ類とは区別し易い[1][2][3][4]

生態編集

インド太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布し、稀に喜望峰を回り大西洋へ抜ける個体もいる。日本では本州中部以南の暖流に面した海域に出現する。外洋表層を回遊し、日本近海産カジキ類の中ではクロカジキと並んで外洋性が強い。産卵期は冬で、水温25℃前後の暖海域で産卵する[2][3]

人との関わり編集

本種を特に狙う漁業はなく、マグロ延縄や曳縄(トローリング)で混獲される。日本産カジキ類では最も不味いとされ、他のカジキと比べて漁業価値は低いが、魚肉練り製品の原料に利用されることがある[1][3]

参考文献編集

  1. ^ a b 檜山義夫監修『野外観察図鑑4 魚』1985年初版・1998年改訂版 旺文社 ISBN 4010724242
  2. ^ a b 井田齋他『新装版 詳細図鑑 さかなの見分け方』2002年 講談社 ISBN 4062112809
  3. ^ a b c 『世界文化生物大図鑑 魚類』(解説 : 中村泉)2004年改訂新版 世界文化社 ISBN 4418049037
  4. ^ Tetrapturus angustirostris - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2009. FishBase. World Wide Web electronic publication. version (11/2009)