フェアウェル (映画)

フェアウェル』(The Farewell)は2019年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はルル・ワン、主演はオークワフィナが務めた。本作はワン監督が2017年にラジオ番組『ディス・アメリカン・ライフ英語版』で語ったエピソード「What You Don't Know」を原作としている。

フェアウェル
The Farewell
監督 ルル・ワン
脚本 ルル・ワン
原作 ルル・ワン「What You Don't Know
製作 ルル・ワン
アニタ・ゴウ
ダニエル・テイト・メリア
アンドリュー・ミアノ
ピーター・サラフ
マーク・タートルーブ
クリス・ワイツ
ジェーン・チェン
製作総指揮 エディ・ルービン
出演者 オークワフィナ
ツィ・マー
ダイアナ・リン
チャオ・シューチェン
音楽 アレックス・ウェストン
撮影 アンナ・フランケーザ・ソラノ
編集 マイケル・テイラー
マシュー・フリードマン
製作会社 レイ・プロダクションズ
キンドレッド・スピリット
デプス・オブ・フィールド
ビッグ・ビーチ
配給 アメリカ合衆国の旗 A24
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年7月12日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2019年8月9日(拡大公開)
日本の旗 未定
上映時間 100分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
官話
製作費 $3,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $19,543,281[3]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ニューヨーク。ビリー・ワンは物書きになることを夢見て日々奮闘していたが、グッゲンハイム・フェローから選外になったという通知が来て落胆していた。そんな折、ビリーは両親から長春で暮らすナイナイ(ビリーの祖母)が末期の肺がんで余命幾ばくもないという事実を知らされた。両親は医者と結託してその事実をナイナイに知られないように努めており、彼女には「良性腫瘍が見つかった」と嘘の説明をしていた。

ナイナイの親戚たちはハオハオ(ビリーの従兄)が中国で結婚式を挙げることを口実に一堂に会することにし、ナイナイと最後の思い出を作ることにした。両親はビリーがナイナイに真実を告げるのではないかと思い、彼女にニューヨークに留まるよう言いつけたが、ビリーは言いつけに背いて長春へと向かった。ビリーは両親と口論になりかけたが、ナイナイに真実を伝えないと確約することで事なきを得た。そうは言ったものの、長春滞在中、ビリーは「ナイナイに嘘をつき続けるのは不誠実なのではないか」と悩み続けることになった。

本作は苦悩するビリーの姿を通して、東洋と西洋という二つの世界を跨いで生きるとはどういうことなのかを描き出していく。

キャスト編集

製作編集

本作はルル・ワン監督の実体験を題材にしている。監督は「私は『家族と私の関係』と『同級生と私の関係、同僚と私の関係、私が暮らす世界と私の関係』が別物であるように感じていました。その分裂こそ、移民や2つの文化を行き来しながら生きる者の本質です。」と語っている[4]

2018年6月、本作の主要撮影が長春とニューヨークで行われた[5][6]。撮影監督のアンナ・フランケーザ・ソラノは『フレンチアルプスで起きたこと』や『歩いても 歩いても』を参考にしたことを認めつつも、「インスピレーションの多くはワン監督の家族と長春で過ごした時間から得ました」という趣旨のことを語っている[6]

2019年7月12日、本作のサウンドトラックが発売された[7]

公開・マーケティング編集

2019年1月25日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[8]。27日、A24がアマゾン・スタジオズNetflixフォックス・サーチライト・ピクチャーズとの競争に競り勝ち、600万ドルで本作の全米配給権を獲得したと報じられた[9][10]。5月7日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[11]

当初、本作は2020年4月10日に日本で公開される予定だったが、新型コロナウイルスの流行が拡大していることを受けて、4月2日、配給元のショウゲートは本作の公開延期を発表した[12]

興行収入編集

2019年7月12日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に35万5662ドル(1館当たり8万8915ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場19位となった[13]。この数字は1館当たりの興行収入の年内最高記録である[14]。8月9日、本作は全米704館にまで公開規模が拡大され、週末に209万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング12位となった[15]

評価編集

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには286件のレビューがあり、批評家支持率は99%、平均点は10点満点で8.58点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『フェアウェル』は上質な演技に支えられた真に迫るドラマを展開することで、家族の複雑な力動を見事に捉えている。そのドラマは文化の特殊性と普遍的なテーマを上手に結びつけている。」となっている[16]。また、Metacriticには47件のレビューがあり、加重平均値は89/100となっている[17]

受賞編集

発表日 カテゴリ 対象 結果 Ref(s)
アトランタ映画祭 2019年4月13日 観客賞(長編映画部門) The Farewell 受賞 [18]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2019年12月3日 インディペンデント映画トップ10 The Farewell 入賞 [19]
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2019年12月4日 作品賞 The Farewell ノミネート [20][21]
女優賞 オークワフィナ 受賞
脚本賞 ルル・ワン ノミネート
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2019年12月7日 作品賞トップ10 入賞 [22]
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2019年12月8日 助演女優賞 チャオ・シューチェン 次点 [23]
デトロイト映画批評家協会賞 2019年12月9日 アンサンブル演技賞 ノミネート [24][25]
ブレイクスルー賞 ルル・ワン ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 2019年12月9日 主演女優賞 オークワフィナ ノミネート [26][27]
助演女優賞 チャオ・シューチェン 受賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 2019年12月9日 作品賞トップ10 8位 [28]
ボストン・オンライン映画批評家協会賞 2019年12月14日 作品トップ10 8位 [29]
シカゴ映画批評家協会賞 2019年12月14日 主演女優賞 オークワフィナ ノミネート [30][31]
助演女優賞 チャオ・シューチェン ノミネート
脚本賞 ルル・ワン ノミネート
有望監督賞 ルル・ワン 受賞
外国語映画賞 ノミネート
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2019年12月16日 主演女優賞 オークワフィナ ノミネート [32]
助演女優賞 チャオ・シューチェン ノミネート
脚本賞 ルル・ワン ノミネート
ゴールデングローブ賞 2020年1月5日 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) オークワフィナ 受賞 [33][34]
外国語映画賞 ルル・ワン ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 2020年1月6日 主演女優賞 オークワフィナ ノミネート [35][36]
助演女優賞 チャオ・シューチェン ノミネート

出典編集

  1. ^ フェアウェル”. 映画.com. 2019年12月8日閲覧。
  2. ^ 'The Farewell' is becoming one of 2019's top box-office success stories”. Business Insider (2019年8月3日). 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ The Farewell (2019)”. The Numbers. 2019年11月6日閲覧。
  4. ^ 10 Directors to Watch: Lulu Wang Shows Another Side of Awkwafina in ‘The Farewell’”. Variety (2019年1月4日). 2019年11月6日閲覧。
  5. ^ “To Revisit Such a Traumatic Experience for the Sake of Our Movie”: Director Lulu Wang The Farewell”. Filmmaker (2019年1月25日). 2019年11月6日閲覧。
  6. ^ a b “Make This Conversation in a Small Room with White Walls Work”: DP Anna Franquesa Solano on The Farewell”. Filmmaker (2019年1月31日). 2019年11月6日閲覧。
  7. ^ ‘The Farewell’ Soundtrack Released”. Film Music Reporter (2019年7月12日). 2019年11月6日閲覧。
  8. ^ 'The Farewell': Sundance Review”. ScreenDaily (2019年1月26日). 2019年11月6日閲覧。
  9. ^ A24 Near WW Deal For Sundance Buzz Title ‘The Farewell’”. Deadline.com (2019年1月27日). 2019年11月6日閲覧。
  10. ^ Sundance: Awkwafina Drama 'The Farewell' Lands at A24”. Hollywood Reporter (2019年1月27日). 2019年11月6日閲覧。
  11. ^ The Farewell Official Trailer HD A24”. YouTube (2019年5月7日). 2019年11月6日閲覧。
  12. ^ 全米スマッシュヒットの『フェアウェル』日本公開延期が決定”. シネマトゥデイ (2020年3月31日). 2020年4月3日閲覧。
  13. ^ Domestic 2019 Weekend 28 July 12-14, 2019”. Box Office Mojo. 2019年11月6日閲覧。
  14. ^ Counterprogramming ‘Crawl’ & ‘Stuber’ Collateral Damage In Superhero Summer As ‘Spider-Man’ Climbs To $45M+ – Update”. Deadline.com (2019年7月14日). 2019年11月6日閲覧。
  15. ^ Domestic 2019 Weekend 32 August 9-11, 2019”. Box Office Mojo. 2019年11月6日閲覧。
  16. ^ The Farewell”. Rotten Tomatoes. 2019年11月6日閲覧。
  17. ^ The Farewell (2019)”. Metacritic. 2019年11月6日閲覧。
  18. ^ 2019 Atlanta Film Festival Award Winners”. Atlanta Film Festival (2019年4月25日). 2019年10月4日閲覧。
  19. ^ 2019 Award Winners”. National Board of Review (2019年12月3日). 2019年12月13日閲覧。
  20. ^ Lewis, Hilary (2019年10月24日). “Gotham Awards: 'Marriage Story,' 'The Farewell,' 'Uncut Gems' Lead Nominations”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/lists/gotham-awards-nominations-2019-list-full-1247779 2019年10月25日閲覧。 
  21. ^ ‘Marriage Story’ Sweeps Gotham Awards, Winning Best Feature”. Variety (2019年12月2日). 2019年12月4日閲覧。
  22. ^ 'Parasite' Voted Best Picture by New York Film Critics Online”. Hollywood Reporter (2019年12月7日). 2019年12月8日閲覧。
  23. ^ 45th Annual Los Angeles Film Critics Association Awards”. LAFCA (2019年12月8日). 2019年12月9日閲覧。
  24. ^ The 2019 Detroit Film Critics Society Awards Nominations”. Detroit Film Critics Society (2019年12月6日). 2019年12月10日閲覧。
  25. ^ The 2019 Detroit Film Critics Society Awards”. Detroit Film Critics Society (2019年12月9日). 2019年12月10日閲覧。
  26. ^ 2019 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations”. San Diego Film Critics Society (2019年12月6日). 2019年12月10日閲覧。
  27. ^ 2019 San Diego Film Critics Society’s Awards”. San Diego Film Critics Society (2019年12月9日). 2019年12月10日閲覧。
  28. ^ Southeastern Film Critics Association Selects ‘Parasite’ as the Year’s Best Film”. Collider (2019年12月9日). 2019年12月12日閲覧。
  29. ^ 2019 AWARDS”. ボストン・オンライン映画批評家協会 (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  30. ^ Chicago Film Critics Association Announces 2019 Nominees, ‘Once Upon a Time… in Hollywood’ Leads”. AwardsCircuit (2019年12月12日). 2019年12月13日閲覧。
  31. ^ Parasite, Little Women Lead 2019 Chicago Film Critics Awards, Winning Four Wins Each”. シカゴ映画批評家協会 (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  32. ^ SFBAFCC 2019 Awards”. SFBAFCC. 2019年12月17日閲覧。
  33. ^ Golden Globes 2020: full list of nominations”. The Guardian (2019年12月9日). 2020年1月7日閲覧。
  34. ^ Golden Globes: ‘Once Upon a Time in Hollywood,’ ‘1917’ Win Big”. Variety (2020年1月5日). 2020年1月7日閲覧。
  35. ^ OFCS Presents: 23rd Annual Nominations for 2019”. オンライン映画批評家協会 (2019年12月23日). 2020年1月7日閲覧。
  36. ^ 2019 Awards (23rd Annual)”. オンライン映画批評家協会 (2020年1月6日). 2020年1月7日閲覧。

外部リンク編集