フェキソフェナジン

フェキソフェナジン(Fexofenadine)は、ヒスタミンH1受容体拮抗薬で、アレルギー性鼻炎花粉症)、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う瘙痒(そうよう)に用いられる。商品名アレグラで発売され、現在はジェネリック医薬品オーソライズドジェネリックも販売されている。(「アレグラ」はイタリア語の「嬉しい」「楽しい」から。)

フェキソフェナジン
Fexofenadin-Enantiomere Strukturformeln.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
血漿タンパク結合 60-70%
代謝 肝臓(服用量の5%)
半減期 14.4 時間
排泄 胆汁、便、腎臓
識別
CAS番号
(MeSH)
153439-40-8
ATCコード R06A626 (WHO)
PubChem CID: 3348
DrugBank APRD00349
KEGG D07958
化学的データ
化学式 C32H39NO4
分子量 501.656
アレグラ60mg錠
アレグラFX60mg錠

フェキソフェナジンは第二世代抗ヒスタミン薬であり第一世代のものと比較して、鎮静の副作用は改善されている。特に添付文書に眠気に関する使用上の注意がない。

この項では、テルフェナジンについても記述する。

目次

開発と販売編集

テルフェナジンの活性代謝物で、後継の化合物である。

フランスのサノフィ(旧アベンティス[1])が創製した。アメリカでは1996年から、日本では2000年から日本法人のアベンティス・ファーマ(現・サノフィ)から発売されている。同社の主力商品の一つであり、ロラタジン(クラリチン、2002年日本発売)やセチリジン(ジルテック、1998年日本発売)などと並び、世界で最も消費されている第二世代抗ヒスタミン薬の一つである。

日本では1996年頃からフェキソフェナジンの第I相臨床試験を開始。テルフェナジンの改良品という緊急性もあり、日本で初めてブリッジング試験(海外の臨床試験データを承認申請に使う手法)により国内の第III相臨床試験を実施せず1999年に厚生省に製造承認申請し、2000年11月にアレグラ錠が発売された。日本薬局方にも収載されている。

特許の存続期間終了により2012年にジェネリック品の製造販売が始まった。その後、2件(第3041954号・第3037697号)の用途特許について専用実施権の侵害であるとして、後発3社に対し2012年10月にサノフィから提訴がなされていたが、2014年3月に和解が成立している。

適応編集

日本での医療用医薬品は、アレルギー性鼻炎花粉症など)、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎)に伴う瘙痒に対し、その効能・効果が認められている。

一般医薬品のアレグラFXは、アレルギー性鼻炎に承認されている。発売当初は第1類医薬品に区分されていたが、2016年11月1日付で第2類医薬品に区分変更した。

特徴編集

日本で承認されている抗ヒスタミン薬のうち、添付文書の重要な基本的注意の箇所に眠気を催すことがある旨のないものは、現在のところフェキソナジンとロラタジンに限られている。

薬物相互作用編集

一般医薬品のほとんどの胃薬に制酸剤として含まれる水酸化マグネシウム水酸化アルミニウムとの同時服用によりフェキソフェナジンがそれらに吸着され作用が減弱する。

薬物の吸収にかかわるトランスポーター(OATP)を阻害する果物のジュース(グレープフルーツジュース、リンゴジュース、オレンジジュースなど)との同時服用によって効果が減弱するため、時間を空けて服用するのが望ましいとされる。

副作用編集

副作用として眠気があらわれることが少なく、眠気の発現頻度がプラセボと比較しても有意な差が認められない点である。しかしながら承認時の国内のみのデータでは眠気発現率は8%程である。

2015年9月に製造販売後調査の中間報告でアナフィラキシーショック、アナフィラキシー反応が2例に見られたことが報告された[2]

製剤編集

医療用の処方箋医薬品として、アレグラ錠、口腔崩壊錠のアレグラOD錠と、また小児向けのアレグラ錠30mgが発売されている。2012年11月より、日本でスイッチOTC一般用医薬品)アレグラFXが久光製薬から発売されている[3]。2013年2月に、フェキソフェナジンと血管収縮作用を有するプソイドエフェドリンを配合した抗アレルギー薬ディレグラが発売されている[4]

キャラクター編集

医療用医薬品のアレグラでは、2000年の日本発売時よりハクション大魔王を広告キャラクターにし、壺の置時計やボックスティッシュ、患者向けのアレルギー解説本などの販促物に登場している。

スイッチOTCのアレグラFXでは発売元の久光製薬が独自に設定したキャラクター「アレグラ人」(「サトシーラ」(演:大野智))、「サクラーバ」(演:桜庭和志)、「ハルカージョ」(演:大場はるか))が登場するテレビCMが2013年1月18日より放送されている。さらに2014年度版からこれらの3人組に加えて「タケージョ」(演:あき竹城)も登場している。2015年1月27日OA開始分からは「ハルカージョ」に代わって「ナオナオ」(演:奈緒)が登場している。2016年2月IA開始分から「アレグラ人」のボスとして「マリーグラ」(演:夏木マリ)が登場している。

テルフェナジン編集

 
テルフェナジンの構造式

テルフェナジン(英:Terfenadine)は、構造的にはフェキソフェナジンのカルボン酸をメチル基に置換したものである。アレグラと同じ前々身のマリオン・メレル・ダウ社から、商品名セルダンで発売されていた。日本では商品名トリルダンで1990年1月から発売された。第二世代抗ヒスタミン薬として、「眠くならない抗ヒスタミン薬」は、機械のオペレーターやパイロット・乗り物の運転手などには需要がある。

テルフェナジンは服用後、肝臓カルボン酸型代謝物フェキソフェナジンに代謝されて血液中を循環し、効果を発揮する。(初回通過効果)

テルフェナジンには心臓に対する毒性や肝障害がある。テルフェナジンと肝臓の代謝酵素が競合する薬剤を併用した際、フェキソフェナジンに変換される過程で肝臓の代謝が阻害されるなどした場合、テルフェナジンの未変化体が高濃度(強い毒性)のまま血液中を循環する事になるため、心室性不整脈や、重篤なQT延長から不整脈を引き起こすことがあった。

その内、心停止や死亡した患者が現れたため、日本では当時の厚生省の指導により、1995年に添付文書に警告欄を設け、同じく1997年には緊急安全性情報を出すこととなった。抗アレルギー剤で緊急安全性情報発出は異例で、報道では「花粉症治療薬で不整脈」などと報じられた。

その後、市民団体の薬害オンブズパースン会議が、当時の販売会社(ヘキスト・マリオン・ルセル社)と厚生省に気管支喘息の適応取消や慎重投与の徹底を求める申請書を提出している。(気管支喘息を適応としているのは日本だけであった。日本での適応症はアレルギー症状に、気管支喘息を足したものであった)これ以降、肝障害や他の薬剤を服用している等のハイリスク患者や小児・気管支喘息患者への投与は大幅に減少したと推測される(売上が減少したため)。日本ではアレグラが2000年11月に発売されたことから、2001年にトリルダンの発売が中止された。

アメリカのヘキスト・マリオン・ルセル社は、テルフェナジンのカルボン酸型代謝物(=活性代謝物)そのものであるフェキソフェナジンを製剤化。アメリカで1996年から商品名アレグラとして発売を開始し、テルフェナジンについては、1997年にアメリカ食品医薬品局(FDA)から承認取り下げの提案を受けて、翌年にはアメリカでの発売を中止した。


脚注編集

  1. ^ 旧:マリオン・メレル・ダウ社(アメリカ)。現在の本拠地はフランス
  2. ^ 「フェキソフェナジン」第1類へ - 要指導薬4成分が移行”. m3.com (2015年9月7日). 2015年10月1日閲覧。
  3. ^ 「アレグラFX」新発売のお知らせ (PDF) - 久光製薬株式会社 ニュースリリース 2012年11月1日(2013年3月3日閲覧)
  4. ^ 「ディレグラ配合錠」新発売のお知らせ (pdf)”. 2014年11月3日閲覧。

外部リンク編集