メインメニューを開く

フェスティニオグ鉄道英語: Ffestiniog Railwayはイギリスのウェールズの保存鉄道。

フェスティニオグ鉄道
運行される蒸気機関車
運行される蒸気機関車
基本情報
イギリスの旗 イギリス
起点 ポースマドッグ(Porthmadog)
終点 ブラウナウ・フェスティニオグ(Blaenau Ffestiniog)
開業 1836年
廃止 1946年
路線諸元
路線距離 21.7 km
軌間 597 mm
テンプレートを表示
1900年頃の様子

歴史編集

1836年に粘板岩採石場からポースマドッグの船積みまで輸送するために重力式鉄道として建設され、空になった貨車を馬が引き戻していた[1]。1863年までは馬車鉄道で運行され、後年に蒸気機関車が導入されたものの、粘板岩の需要減退に伴い、1946年に廃止された[1]。1951年に保存会が発足して1955年にポースマドッグから1.6kmが再開通後、順次路線を延長して1982年に全線が再開通してさらに、2011年にはウェルシュ・ハイランド鉄道と接続された[1]

運行編集

保存協会のボランティアによって運行される。

出典編集

  1. ^ a b c フェスティニオグ鉄道”. 2016年12月30日閲覧。

文献編集

  • 「都築雅人の煙情日記 〜21世紀を生きる蒸機たち〜 第29回 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」『とれいん』第428号、プレスアイゼンバーン、2010年8月号、 70頁。

外部リンク編集