フェデリーコ1世 (サルッツォ侯)

フェデリーコ1世イタリア語:Federico I, 1287年ごろ - 1336年6月29日)は、サルッツォ侯(在位:1330年 - 1336年)。

フェデリーコ1世
Federico I
サルッツォ侯
Frederick I of Saluzzo as King David.jpg
在位 1330/4年 - 1336年

出生 1287年ごろ
死去 1336年6月29日
埋葬 Flag of the Marquistate of Saluzzo (14th century-c. 1507).svg サルッツォ侯国サルッツォ
配偶者 マルグリット・ド・ラ・トゥール・デュ・パン
  ジャコミーナ・ディ・ビアンドラーテ
子女 トンマーゾ2世
家名 デル・ヴァスト家
父親 サルッツォ侯マンフレード4世
母親 ベアトリーチェ・ディ・ホーエンシュタウフェン
テンプレートを表示

生涯編集

フェデリーコ1世は、サルッツォ侯マンフレード4世シチリア王マンフレーディの娘ベアトリーチェ・ディ・ホーエンシュタウフェンの長男である。

フェデリーコは、異母弟で1323年に父マンフレード4世より長男のフェデリーコを差し置いて継承者に指名され、サルッツォ侯位を継承したマンフレード5世の強力な一派と対立した。内戦と父マンフレード4世の引退の後、1334年12月29日に父マンフレード4世が長男フェデリーコに対し忠誠を誓うよう家臣に命じたことで、フェデリーコは最終的に自らの地位を確立させることができた。しかし、フェデリーコは1336年6月29日に死去し、権力が安定していない中、息子トンマーゾ2世が侯位を継承することとなった。フェデリーコはサルッツォドミニコ会教会に埋葬された。

結婚と子女編集

1303年にアンベール1世・ド・ヴィエノワとアンヌ・ド・ブルゴーニュの娘マルグリット・ド・ラ・トゥール・デュ・パンと結婚し、以下の子女をもうけた。

  • トンマーゾ2世 - サルッツォ侯
  • 娘 - ルッフィーア領主ピエトロ・カンビアーノと結婚

1333年6月21日にサン・ジョルジョ領主グリエルモの娘ジャコミーナ・ディ・ビアンドラーテと結婚した。

また、庶子にブロンデッロ領主ジョヴァンニがいる。

参考文献編集

先代
マンフレード4世
サルッツォ侯
1330/4年 - 1336年
次代
トンマーゾ2世