フェナカイトフェナサイトフェナス石phenakite/phenaciteとは、クォーツトパーズなどに間違うほどの、無色透明のケイ酸塩鉱物

フェナカイト
分類 ケイ酸塩鉱物
化学式 Be2SiO4
結晶系 六方晶系
へき開 なし
断口 貝殻状
モース硬度 7.5 ~ 8
光沢 ガラス
無色透明
条痕 白色
比重 2.97 ~ 3
屈折率 1.65
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

概要編集

ベリリウムケイ酸塩鉱物でその特質から英語名の由来がギリシャ語のphenax(騙す者詐欺師の意)とphenakos(騙すの意)に由来する。化学式はBe2SiO4で、ベリル系鉱物の中では唯一、アルミニウムを含有しない。それぞれ同一の鉱物のはずだが、発見場所が異なることにより、別の鉱物だと決めつけられたことにより、英名のつづり方が異なる。トパーズベリルクォーツなどと共に産出される場合もあり、主な産地はブラジルロシアマダガスカルミャンマーなど[1]

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集