フェニキアの女たち

フェニキアの女たち』(: Φοίνισσαι, Phoinissai, ポイニッサイ: Phoenissae)は、古代ギリシアエウリピデスによるギリシア悲劇の1つ。

オイディプス絡みのいわゆる「テーバイ攻め」を題材としている。題名の「フェニキアの女たち」とは、作中のコロス(合唱隊)がフェニキア(ポイニーケー)の女たちによって構成されているからであるが、これは作中歌に登場するテーバイの創建者カドモスが、フェニキアの最大都市であるティルス出身であったことにちなむ。

紀元前409年大ディオニューシア祭で上演されたと推定される[1]

構成編集

日本語訳編集

脚注・出典編集

  1. ^ 『全集8』 岩波 p.389