メインメニューを開く

フェニックス大手 (フェニックスおおて) は、新潟県長岡市大手通にある再開発地区である。

フェニックス大手
ウエスト
Phenix Ohote.jpg
(右から)ウエスト、イースト、業務棟
情報
用途 店舗共同住宅図書館児童福祉施設駐車場
事業主体 協同組合丸専
構造形式 鉄筋コンクリート造
建築面積 1,386.83 m²
延床面積 11,483.36 m²
階数 地上18階地下1階
高さ 63m
戸数 62戸
着工 2008年平成20年)7月
竣工 2010年平成22年)7月6日
所在地 新潟県長岡市大手通2丁目5番地
備考 総事業費38億円
テンプレートを表示
フェニックス大手
イースト
セントラルレジデンス
業務棟
情報
用途 店舗共同住宅事務所市役所公共施設駐車場
事業主体 大手通中央東地区市街地再開発組合
構造形式 鉄筋コンクリート造
建築面積 2,500 m²
延床面積 18,200 m²
階数 イースト:地上8階地下2階
セントラルレジデンス:地上9階
業務棟:地上6階地下1階
戸数 14戸
着工 イースト:2009年(平成21年)12月
セントラルレジデンス・業務棟:
2008年(平成20年)7月
竣工 イースト:2011年(平成23年)7月6日
セントラルレジデンス:
2009年(平成21年)11月
業務棟:2009年(平成21年)12月
所在地 新潟県長岡市大手通2丁目
備考 総事業費76億円
(内補助金(国・県・市)32.4億円)
テンプレートを表示

目次

概要編集

丸専デパート跡地を建設地として事業が行われた「大手通中央西地区第一種市街地再開発事業」によって建設された「フェニックス大手ウエスト」1棟と、旧イチムラと旧第四銀行長岡支店跡地を建設地として事業が行われた「大手通中央東地区第一種市街地再開発事業」によって建設された「フェニックス大手イースト」、「フェニックス大手セントラルレジデンス」、愛称無しの業務棟(第四銀行長岡営業部ほか)の3棟の、計4棟によって構成されている。このうちウエストは地上18階、高さ63mで、長岡市内の建造物では最も高い。

業務棟の全フロアは、新潟県の地方銀行である第四銀行が長岡市周辺の地域拠点として、旧長岡支店に代わって開設した長岡営業部が入居している他、2階には同社グループの第四証券の支店が置かれている。その他3棟の低層階は、地元地権者などが経営する店舗を主なテナントとした商業フロアとなっており、核店舗(キーテナント)は特に設けておらず、テナント向けの業務フロアもごく少ない。なお、第四銀行長岡営業部は北越銀行との合併後に実施される店舗再編により閉鎖・退去し、現在の北越銀行本店に移転する予定である。

ウエストとセントラルレジデンスの高層階はマンションとなっている。ウエストは「アーバンプレイス長岡」の名称で62戸を擁し、新潟市中央区に本社を置く不動産業「日生不動産」が分譲を行っている。セントラルレジデンスは同名称で14戸を擁し、分譲・賃貸を行っている。

各棟には長岡市役所の本庁機能や公共施設が置かれており、イーストには長岡市役所大手通庁舎の他、生涯学習を主体とした地域交流センター「まちなかキャンパス長岡」、新潟県中越地震の資料等を集積した災害や防災に関する啓発施設「長岡震災アーカイブセンター きおくみらい」などが、ウエストには絵本など幼児向けの図書を主体に約1万冊の蔵書を擁する図書館「まちなか絵本館」が所在する。大手通庁舎には本庁機能のうち、主に商業・観光に関する部署が置かれている。

長岡市では2004年(平成16年)の新潟県中越地震以降、市役所の本庁機能を中心市街地へ再集積させ、空洞化が急速に進捗する中心市街地の活性化を目指しており、長岡駅大手口近くに2012年(平成24年)4月1日オープンした長岡市シティホールプラザアオーレ長岡の建設事業と合わせ、その一環としてイースト内に大手通庁舎が設けられた。

沿革編集

  • 2003年(平成15年)8月 - 「大手通中央西地区市街地再開発協議会」設立[1]
  • 2005年(平成17年)8月 - 「大手通中央西地区第一種市街地再開発事業」都市計画決定(高度利用地区)[1]
  • 2006年(平成18年)
    • 3月 - 再開発準備組合設立[2]
    • 4月 - 「大手通中央西地区第一種市街地再開発事業(以下「西地区事業」)」施行認可(公告)
    • 10月 - 「大手通中央東地区第一種市街地再開発事業(以下「東地区事業」)」都市計画決定(高度利用地区)[2]
  • 2007年(平成19年)
    • 9月 - 西地区事業、日生不動産と保留床譲渡契約締結
    • 10月 - 西地区事業、旧建物解体工事着手[1]
    • 12月 - 「大手通中央東地区第一種市街地再開発組合」設立認可[2]
  • 2008年(平成20年)
    • 7月 - 東地区事業、権利変換計画認可[2]。西地区事業の1棟、東地区事業のうちA棟(住宅棟)・B棟(業務棟)の2棟着工
    • 12月25日 - 再開発ビル群の愛称が、一般公募により「フェニックス大手」に決定
  • 2009年(平成21年)
    • 11月 - 東地区事業、A棟が竣工(愛称「フェニックス大手セントラルレジデンス」)
    • 12月 - 東地区事業、B棟が竣工(愛称無し)、12月7日に第四銀行長岡営業部、新潟証券長岡大手支店が開業。これに伴い12月6日をもって第四銀行長岡支店は閉店し、C棟建設のため解体
    • 12月 - 東地区事業のうちC棟・イーストスクエア(商業・公共公益棟)の1棟着工
  • 2010年(平成22年)7月6日 - 西地区事業、西地区棟が竣工(愛称「フェニックス大手ウエスト」)[3]
  • 2011年(平成23年)
    • 6月 - 東地区事業、C棟・イーストスクエアが竣工[2](愛称「フェニックス大手イースト」、7月6日竣工式)
    • 8月 - 長岡市役所大手通庁舎がオープン[4]
    • 10月 - 長岡震災アーカイブセンター きおくみらいがオープン[5]

イーストスクエア編集

フェニックス大手イーストスクエアは、イーストと業務棟の間に設けられた階段状のオープンスペース。中央部の客席部分の両サイドには階段とエスカレーターが設置され、普段は上層フロアへのエントランスを兼ねている。

観客席の側面に設置された照明は天井の照明と連動して色の調整が可能でカラフルな照明の演出が可能である。

このイーストスクエアは長岡市が所有し、フェニックス大手イースト管理組合が運営管理を行っており、スペースを占有して使用する場合、各テナントの運営や住民の環境に支障がない催事であれば、営利・非営利を問わず有償で利用できる。

なお長岡駅東口側、国道17号長岡東バイパス中沢インターチェンジ周辺で、2005年(平成17年)から商業エリア「アクロスプラザ長岡」を中心に宅地等の整備が進められている「長岡駅東土地区画整理事業」の愛称は「長岡イーストスクエア」だが、当施設とは直接の関係は無い。

フロア構成編集

セントラルレジデンス
(東地区A棟)
〔住宅棟〕
第四銀行長岡営業部
(東地区B棟)
〔業務棟〕
イースト
(東地区C棟)
〔商業・公共公益棟〕
ウエスト
(西地区棟)
10-18F マンション
9F マンション マンション
8F マンション 長岡市役所 大手通庁舎 マンション
7F マンション 長岡市役所 大手通庁舎 マンション
6F マンション 第四銀行 長岡市役所 大手通庁舎 マンション
5F マンション 第四銀行 長岡市役所 大手通庁舎
まちなかキャンパス長岡
マンション
4F マンション 第四銀行 まちなかキャンパス長岡 マンション
3F マンション 第四銀行 まちなかキャンパス長岡 まちなか絵本館
2F 商業施設 第四銀行
第四証券
社団法人中越防災安全推進機構
長岡震災アーカイブセンター きおくみらい
ちびっこ広場
1F 商業施設 第四銀行 ダイニングカラオケ GRANPIA 丸専きもの 大手通本店
SMBCフレンド証券 長岡サテライト
B1F 駐車場 駐車場 駐車場
B2F 駐車場

参照編集

脚注編集

外部リンク編集