メインメニューを開く

フェニックス (アリゾナ州)

アリゾナ州の都市
アメリカ合衆国 > アリゾナ州 > フェニックス (アリゾナ州)

フェニックス英語: Phoenix)は、アメリカ合衆国アリゾナ州[[マリコパ郡 (アリゾナ州){マリコパ郡]]にある都市。同州最大の都市かつ州都である。フェニックスの愛称は「太陽の谷」(Valley of the Sun)である。

フェニックス市
City of Phoenix
PhoenixMontage02.jpg
愛称 : Valley of the Sun
位置
フェニックス市の位置(アリゾナ州)の位置図
フェニックス市の位置(アリゾナ州)
座標 : 北緯33度31分42秒 西経112度04分35秒 / 北緯33.52833度 西経112.07639度 / 33.52833; -112.07639
歴史
成立日 1881年2月25日
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  アリゾナ州
  マリコパ郡
 市 フェニックス市
市長 テルダ・ウィリアムズ(代行)
民主党
地理
面積  
  市域 1,230.5 km2 (475.1 mi2)
    陸上   1,229.9 km2 (474.9 mi2)
    水面   0.6 km2 (0.2 mi2)
標高 331 m (1,086 ft)
人口
人口 2010年現在)
  市域 1,445,632人
    人口密度   1,080.2人/km2(2,797.8人/mi2
  都市圏 4,263,236人
その他
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : phoenix.gov

日本語では慣用としてフェニックスと表記されることが多いが、英語での発音はフィーニクス ([ˈfnɪks]) であり[1]フィニックスなどの表記が用いられることもある[2]

目次

概要編集

フェニックスは1867年灌漑事業と共に創設され、開拓者らが都市を創設した。

20世紀前半からニューディール政策によるコロラド川の電源開発、ルーズベルトダム、フーバーダム、クーリッジダムの開発によって、無尽蔵の電力を供給、軍事産業に関わる航空機産業や電器機械工業が発展していき、今日では半導体などのエレクトロニクス産業、また観光都市としても発達している。

なお、砂漠のど真ん中に都市が形成されているため、郊外の至る所でサボテンが見られ、市の象徴にもなっている。

半導体産業の発展編集

当初はロサンゼルスシリコンバレーに後れを取っていた。しかし、1990年頃から安価な労働力と広大な土地、安い税金、そして精密機械製作には好適な温暖で乾燥した気候、大消費地への近さという条件があいまって、カリフォルニア州から大量の半導体エレクトロニクス産業が流入してきたことで急速に発展した。シリコンバレーにあやかってシリコンデザート(砂漠)と呼ばれることがある。

観光・保養都市としての発展編集

フェニックス近辺にはグランド・キャニオン国立公園サワロ国立公園化石の森国立公園など14に上る国立公園がある。また古くからのインディアン遺跡、開拓時代を色濃く残す町並みなどが至る所に点在しており、観光都市としても注目を浴びている。

地理編集

フェニックスはアリゾナ州中央部の北緯33度31分42秒、西経112度4分35秒(33.528370°,-112.076300°)に位置している。ソノラ砂漠の北端にあり、平均海抜331メートルである。アリゾナ州の他都市としては、南西にツーソン、北にフラッグスタッフ (アリゾナ州)がある。コロラド川の支流のヒラ川のさらに支流のソルト川(涸れ川)の広い谷にあるので、フェニックスの愛称は「太陽の谷」(Valley of the Sun)または「ソルト川の谷」(Salt River Valley)と呼ばれている。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積1,230.5km2(475.1mi2)である。このうち1,229.9km2(474.9mi2)が陸地で0.6km2(0.2mi2)が水地域である。総面積の0.05%が水地域となっている。

気候編集

ケッペンの気候区分では砂漠気候(BWh)に属する。

年間を通して温暖で、夏は日中40°Cを超える気温となり、非常に暑いが乾燥しているため過ごしやすい。冬は日中20°Cを超える気温となり、朝晩でも4°C以下に下がることはほとんど無いため、保養都市としても注目を浴びている。

最高気温記録は1990年6月26日の50°C、最低気温記録は1913年1月7日の-8.8°Cである。

フェニックス(フェニックス・スカイハーバー国際空港)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 31
(88)
33
(92)
38
(100)
41
(105)
46
(114)
50
(122)
49
(121)
47
(117)
47
(116)
42
(107)
36
(96)
31
(87)
50
(122)
平均最高気温 °C (°F) 19.6
(67.2)
21.5
(70.7)
24.9
(76.9)
29.6
(85.2)
34.9
(94.8)
39.9
(103.9)
41.2
(106.1)
40.2
(104.4)
37.7
(99.8)
31.4
(88.5)
24.2
(75.5)
19
(66)
30.3
(86.6)
日平均気温 °C (°F) 13.6
(56.4)
15.4
(59.7)
18.4
(65.2)
22.6
(72.7)
27.8
(82.1)
32.7
(90.8)
34.9
(94.8)
34.2
(93.6)
31.3
(88.4)
24.8
(76.7)
17.8
(64.1)
13
(55.4)
23.88
(74.99)
平均最低気温 °C (°F) 7.6
(45.6)
9.3
(48.7)
11.9
(53.5)
15.7
(60.2)
20.8
(69.4)
25.4
(77.7)
28.6
(83.5)
28.2
(82.7)
24.9
(76.9)
18.2
(64.8)
11.5
(52.7)
7.1
(44.8)
17.4
(63.4)
最低気温記録 °C (°F) −9
(16)
−4
(24)
−4
(25)
2
(35)
4
(39)
9
(49)
17
(63)
14
(58)
8
(47)
1
(34)
−3
(27)
−6
(22)
−9
(16)
降水量 mm (inch) 23.1
(0.91)
23.4
(0.92)
24.9
(0.98)
6.9
(0.27)
2.8
(0.11)
0.5
(0.02)
26.7
(1.05)
30
(1)
16.3
(0.64)
14.7
(0.58)
16.3
(0.64)
22.4
(0.88)
204
(8.03)
平均降水日数 (≥ 0.01 in) 4.1 4.4 3.9 1.7 1.0 0.5 4.2 5.0 2.8 2.5 2.6 3.9 36.6
平均月間日照時間 257.3 259.9 319.3 354.0 399.9 408.0 378.2 359.6 330.0 310.0 255.0 244.9 3,876.1
出典: NOAA(extremes 1895–present)[3][4][5]Hong Kong Observatory(sun only, 1961–1990)[6]The Weather Network[7]

人口動勢編集

2000年現在の国勢調査で、この都市は人口1,321,045人、465,834世帯および307,450家族が暮らしている。人口密度は1,074/km²(2,782/mi²)である。403/km²(1,044/mi²)の平均的な密度に495,832軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人71.07%、アフリカン・アメリカン5.10%、先住民2.02%、アジア系2.00%、太平洋諸島系0.13%、その他の人種16.40%および混血3.28%である。人口の34.06%はヒスパニックまたはラテン系である。

この都市内の住民は28.9%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が10.9%、25歳以上44歳以下が33.2%、45歳以上64歳以下が18.8%および65歳以上が8.1%にわたっている。中央値年齢は31歳である。女性100人ごとに対して男性は103.5人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は102.7人である。

この都市の世帯ごとの平均的な収入は41,207米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は46,467米ドルである。男性は32,820米ドルに対して女性は27,466米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入(per capita income)は19,833米ドルである。人口の15.8%および家族の11.5%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の21.0%および65歳以上の10.3%は貧困線以下の生活を送っている。

なお、2000年現在の国勢調査では、メサグレンデールスコッツデールテンピなどを含めた都市圏MSA)の人口は約3,251,876人で全米14番目の規模であり、2007年の推計では4,179,427人まで伸び、爆発的な人口増加が続いている。

メディア編集

 
フェニックスの中心街
 
フェニックスの中心街

フェニックスの最初の新聞は、1880年にフェニックス・ヘラルドへ名称変更した週刊紙Salt River Valley Heraldであった。

今日、フェニックスは2つの主要な日刊紙によってサービスされている。1つはアリゾナ・リパブリック(グレーター大都市圏をサービス)、もう1つはThe East Valley Tribune(East Valleyの都市を主にサービス)である。

テレビ編集

フェニックスはいくつかの主要なテレビ局によってサービスされている。

  • KTVK-3(News Channel3、独立系)
  • KPHO-5(CBS5、CBS
  • KAET-8(Channel8、PBS
  • KSAZ-10(FOX10、FOX
  • KPNX-12(Channel12、NBC
  • KNXV-15(ABC15、ABC

ラジオ局編集

このリストは不完全である。

AM

  • 550 - KFYI - 保守的なトークラジオ - Fox - Clear Channel
  • 620 - KTAR - ニュース/トークラジオ - ABC
  • 710 - KMIA - スペイン語ニュース/トーク(Radiovisa network) - Black Canyon City
  • 740 - KDIR - スペイン語トーク (Formula network from Mexico) - フェニックス
  • 860 - KMVP - スポーツ - ESPN
  • 910 - KGME - スポーツ - Clear Channel
  • 960 - KKNT - "The Patriot" - ニュース/トークラジオ - Salem Broadcasting
  • 1010 - KXXT - Air America Radio - Tolleson
  • 1060 - KDUS - スポーツ - スポーツニュース - テンピ
  • 1100 - KFNX - ニュース/トーク - CNN - Cave Creek
  • 1150 - KCKY - Spanish Christian - Coolidge
  • 1190 - KMYL - トーク - NBC - Tolleson
  • 1230 - KOY - Nostalgia - CNN - Clear Channel
  • 1280 - KXEG - キリスト教系 - フェニックス
  • 1310 - KXAM - トーク - CNN - メサ
  • 1360 - KPXQ - 宗教/トーク - グレンデール
  • 1400 - KSUN - 地域メキシコ音楽 - フェニックス
  • 1440 - KAZG - オールディーズ - スコッツデール
  • 1480 - KPHX - コメディラジオ(衛星経由) - フェニックス
  • 1510 - KFNN - 経済 - Fox - メサ
  • 1580 - KMIK - Radio Disney - メサ

FM

  • 89.5 - KBAQ - クラシック - フェニックス
  • 91.5 - KJZZ - 公共ラジオ:ニュース/トーク 毎日:ジャズ M-F 午後:ブルース:日曜日午後
  • 92.3 - KTAR - 保守的なトークラジオ
  • 92.7 / 101.1 KNRJ-FM - ダンス/クラブ音楽 - Payson
  • 93.3 - KDKB - アルバム・ロック
  • 95.5 - KYOT - スムース・ジャズ
  • 96.9 - KMXP - アダルト・コンテンポラリ
  • 97.9 - KUPD - アルバム・ロック(98 KUPD)
  • 98.7 - KPKX The Peak - アダルト・ヒット(HD Radioサブch:80年代ポップス)<ERP 100kW>
  • 100.7 - KSLX - クラシック・ロック
  • 101.5 - KZON - Alternative Rock(The Zone)
  • 103.1 - KCDX-FM- 60s-80s アルバム・ロック(DJ、CMなし)
  • 103.9 - KEDJ - Alternative Rock(The Edge)
  • 107.9 - KMLE - カントリィ

スポーツ編集

スポーツ種別 チーム 所属団体 リーグ ホーム競技場
アメリカンフットボール アリゾナ・カージナルス NFL ナショナル・フットボール・カンファレンス ユニバーシティ・オブ・フェニックス・スタジアム
野球 アリゾナ・ダイヤモンドバックス MLB ナショナルリーグ チェイス・フィールド
バスケットボール フェニックス・サンズ NBA ウェスタン・カンファレンス USエアウェイズ・センター
フェニックス・マーキュリー WNBA ウェスタン・カンファレンス USエアウェイズ・センター
アイスホッケー フェニックス・コヨーテズ NHL ウェスタン・カンファレンス ジョビング・ドットコム・アリーナ

日本人初のNBAプレイヤー田臥勇太がフェニックス・サンズに所属した事で、日本国内で名称が一般的に知られるようになる。

スコッツデールには全米有数のゴルフ場が多数見られ、4大トーナメントの一つにも数えられる全米プロゴルフ選手権もよく開催される。その他モータースポーツも盛んである。アバンデールにはNASCARのレースが行われるフェニックス・インターナショナル・レースウェイがあり、1989年から1991年までF1アメリカグランプリフェニックス市街地コースで行われた。

また、メジャーリーグのキャンプ地としても有名である。春はテンピスコッツデール、フェニックス、メサピオリアサプライズに分かれてキャンプがはられ、リタイア層が多く観戦する。

社会基盤編集

教育編集

フェニックス地域の公共教育は30学区によって提供されている。

この地域の高等教育の主要な機関は、本校がテンピに位置し、フェニックスおよびメサに分校を所有するアリゾナ州立大学であり、アメリカの中で大きな州立大学の一つとなっている。

フェニックス大学もフェニックスに本拠地を置いている。ここはアメリカ、カナダメキシコオランダプエルトリコの至る所にキャンパスがあり、130,000人以上の学生を有する私立大学で全米一の大きさである。

また、マリコパ郡の至る所に、成人の教育および職業訓練を提供している10校のコミュニティーカレッジおよび2つの技術訓練センターがある。

交通編集

 
フェニックス地区のフリーウェイ(2009年)

フェニックスのおもな道路はI-10I-17U.S. 60などがあり、交通の要衝になっている。鉄道は、以前市内にユニオン・パシフィック鉄道の駅があったが、今は移動して市内から少し南のマリコパ(Maricopa)にあり、アムトラックサンセット・リミテッドニューオーリンズロサンジェルス)と「テクサス・イーグル」(ロサンジェルス~サンアントニオシカゴ)が利用できる。

航空関係はI-10、I-17、U.S. 60、州道51号線および州道202号線の交差点近くのフェニックス大都市圏の中央部に位置するフェニックス・スカイハーバー国際空港IATA: PHX、ICAO: KPHX)によってサービスされている。スカイハーバーは2000年に36,000,000人以上の旅行者を取り扱い、全米で5番目に忙しい空港である。この空港は100以上の都市に直行便のサービスを行っている。ブリティッシュ・エアウェイズエア・カナダおよびルフトハンザドイツ航空ロンドントロント、メキシコおよびドイツフランクフルト路線を提供している国際航空会社である。

メサの郊外にあるウイリアムズ・ゲートウェー空港(IATA: WGA、ICAO: KIWA)は地域の商業航空交通も提供している。ここは1993年に閉鎖されたウイリアムズ空軍基地(Williams Air Force Base)を転用し、主要空港のスカイハーバー国際空港を補完するため、商業空港とすることを試みている。この空港は時々近距離目的地へ旅客を運ぶためチャーター航空会社からのボーイング737型機を受け入れている。

個人およびビジネスジェットの主要な運航を行う空港として、スコッツデールスコッツデール市営空港およびメサのファルコン飛行場などがある。

フェニックス大都市圏内の公共交通機関はバレーメトロValley Metro)が提供しており、これはバス系列およびライドシェアを運行しているバレーメトロ・バスValley Metro Bus)と、2008年にライトレールの運行を始めて今はフェニックス・ダウンタウン、国際空港、テンピメサの東西20マイルをを結ぶようになったバレーメトロ・レイルValley Metro Rail)に分かれて運営している。また2018年12月、ウェイモ自動運転タクシーの商用運用を始めたのにバレーメトロは協力している。[8] [9]

姉妹都市編集

著名出身者編集

脚注編集

  1. ^ アリゾナ州の概要”. ARIZONA WORLD/World Arrangement Group.LLP. 2018年11月29日閲覧。
  2. ^ ケイトさんのアリゾナ州 フィニックス周辺のビジネス視察や市場調査、情報収集をお手伝いします。”. Traveloco. 2018年11月29日閲覧。
  3. ^ The period of record for low temperatures dates back to 1875
  4. ^ NowData – NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年1月15日閲覧。
  5. ^ Monthly Averages for Phoenix,AZ - Temperature and Precipitation”. Weather.com. 2009年5月7日閲覧。
  6. ^ Climatological Normals of Phoenix”. Hong Kong Observatory. 2010年5月25日閲覧。
  7. ^ Climate info for Phoenix,ID,US.(1961–1990)”. The Weather Network. 2013年10月1日閲覧。
  8. ^ Waymo partners with Phoenix Valley Metro for better last-mile mobility (CNET, 2018)
  9. ^ Waymo One self-driving taxi service launches in Phoenix (New Atlas, 2018)
  10. ^ e Phoenix Sister Cities Commission”. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク編集

公式
観光

座標: 北緯33度31分42秒 西経112度04分35秒 / 北緯33.52833度 西経112.07639度 / 33.52833; -112.07639