メインメニューを開く

フェラーリ348Ferrari 348 )は、イタリア自動車メーカーのフェラーリ1989年から1994年にかけて製造、販売したリアミッドシップエンジン・後輪駆動の2シータースポーツカーである。

フェラーリ・348
348GTB
Ferrari348.jpg
販売期間 1989年 - 1994年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ(tb/GTB)
2ドア タルガトップ(ts/GTS)
2ドアスパイダー(スパイダー)
エンジン 90度V8 DOHC 4バルブ
駆動方式 MR縦置きエンジン・横置きミッション)
最高出力 300PS/7,000rpm
最大トルク 31.6kgf·m/4,000rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前・後共:ダブルウィッシュボーン式
全長 4,230mm
全幅 1,895mm
全高 1,170mm
車両重量 1,465kg(tb/GTB)
ブレーキシステム 前・後共にベンチレーテッドディスク式
最高速度
0-100km/h加速
0-1000m加速
275km/h
5.6秒
24.7秒
先代 328
後継 F355
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

解説編集

フェラーリ348tb/ts編集

 
Ferrari 348tsインテリア
 
Ferrari 348 tsテール

1989年、フェラーリはフランクフルト・ショーにて「348tb」「348ts」を発表。

それまでのフェラーリ・308/フェラーリ・328から全面的に改良されたその流麗なボディデザインは、前作に引き続きピニンファリーナの手によるもの。大幅に近代化され、サイドの大型エアインテーク部分がテスタロッサ風のフィン付きにデザインされていた。

テールランプもフェラーリ伝統の丸型4灯タイプから、テスタロッサ同様のルーバー越し異形タイプに変更されている。

348シリーズの最大のトピックは、ボディ構造の変更である。フェラーリは長年、鋼管スペースフレームを基本骨格としていたが、348では一部に鋼管を残しつつもより一般的なモノコックフレームを採用していた。ただその影響か、フロント部分のシャシ剛性が不足していた模様で、特に初期モデルのドライバーからは「高速道路で車が真っ直ぐ走らない」といったクレームが多く聞かれた。このため代理店レベルで、ステアリングラックを重いものに交換する、フロント部分にストラットタワーバーを追加するといった対応を行っていたケースも多い[注釈 1]

フロント部分の剛性不足以外にも「オルタネーターの故障で車が動かなくなる」といったトラブルもよく報告されていた[注釈 2]。なお対策部品として信頼性に富むデンソー製のオルタネーターが用いられている。

搭載されるパワーユニット「F119D」は90度V型8気筒DOHC4バルブの構造を継承。内径85mm×行程75mm、3,405ccまで拡大されボッシュ製モトロニックM2.5で制御され、最大出力300PS/7,200rpm、最大トルク33.0kgf·m/4,200rpmを発生した。1990年末には制御システムをモトロニックM2.7に変更し、エンジン型式も「F119G」に変更されている。

また、348シリーズはエンジンの搭載方法が変更されており、308/328が横置き式だったのに対し縦置き式に変更、重量バランスの最適化が図られていた。また、トランスミッションは横置き式が採用されている。

348」の車名は308/328と同様、排気量約3,400cc・8気筒のパワーユニットを搭載していることに由来する。そして、それに続く「t」は前述の横置き式トランスミッションであることを意味するイタリア語のTrasversale(トラスベルサーレ)、「b」 はクーペモデルを表すberlinetta(ベルリネッタ)、オープンモデルを表す、「s」はspider(スパイダー)の頭文字をとったのである。

日本には1990年に正式輸入が開始された。当時の販売価格は1,650万円。

348 セリエ スペチアーレ編集

1993年1月のデトロイトショーで発表された北米専用の100台限定モデル。33台がtbベース、67台がtsベースで製作された。

コンピュータチューンにより312ps/7200rpmを発揮。

エクステリアの手直しがされ、ボディ下部のブラックがボディ同色となった。またリアエンドのルーバーを取り払い、横長のテールランプを使用した。

348スパイダー編集

1993年2月にフルオープンボディの「348スパイダー」が追加された。

オープンボディーになった以外の外観上の識別点は前後バンパー下部とサイドシル下部がボディ同色に変更されたこと、リップスポイラーが装着されたこと、前後グリルにクローム素材のカヴァッリーノ・ランパンテ(跳ね馬エンブレム)が装着されたこと、フロントグリルが淵付きの物になり縦の格子が9本(348tb/tsは5本。)になったこと、エンジンフードの色が赤になり(348tb/tsは黒。)形状も若干変更された。内装はドアのデザインの違いとセンターコンソール、シートなどに違いがみられる。

1995年、後継のF355スパイダーの登場に合わせて生産を終了した。

348GTB/GTS編集

1993年5月に、348tb/tsはマイナーチェンジを受け「348GTB」「348GTS」に名称が変更されている。外観上の識別点はスパイダーを踏襲した。

搭載される90度V型8気筒DOHC4バルブのパワーユニットは強化バルブスプリングや高圧縮化、エキゾースト系の取り回しの変更などの改良を受け、3,405ccの排気量は変わらず更に高回転型となっている。ボッシュ製モトロニックはM2.7にバージョンアップされ、20PSアップの最大出力320PS/7,200rpm、最大トルク33.0kgf·m/4,200rpmを発生した。

約1年間と大変短い販売期間だったため348tb/tsに比べ希少車となっている。また348tb/tsのエンジンフード、車体の下側部分をボディー同色に塗装した「348GTB/GTSルック」も存在する。

1994年5月、後継のフェラーリ・F355が発表されたのに合わせて生産を終了した。

348GTコンペティツィオーネ編集

イタリアスーパーカーGT選手権参戦の為に製作されたホモロゲーションモデル。50台限定生産。

コンペティツィオーネは名前の通りサーキットユースを前提としたモディファイが施されている。ホイールの18インチ化は大径のブレーキローターを収めるために採用され、前後のバンパーと左右のドアパネルがカーボン製に。またインテリアにも変更があり、フェラーリ・F40に採用されていたフルバケットシートを採用。さらにアルミ製シフトノブ、専用ステアリング、サイドシルのスカッフプレート、パッセンジャー側のフットパネル、ECUのカバーにカーボン素材があしらわれた。

完全なレーシングモデルである「348GTコンペティツィオーネ コルサ」が13台製作され、イタリアスーパーカーGT選手権ではクラス2のタイトルを勝ち取った。

348LM編集

コンペティツィオーネ コルサをベースにル・マン24時間レースのGT2クラス用にS/N 97553とS/N 98997の2台のみ製作されたレースバージョン。

車重は1200kgまで軽量化され、エンジンはリストリクターを付けて450psを発揮した。

ル・マン24時間レースではS/N 97553のフェラーリ・クラブ・スペインの348LMが総合11位クラス4位で完走している。

注釈編集

  1. ^ 具体例が「そのフェラーリください!」(清水草一著、三推社/講談社)等の書籍で紹介されている。なおGTBでは再設計が行われ対策済み。
  2. ^ 「そのフェラーリください!」によれば、国内代理店のコーンズにおいても、オルタネーターの故障が起きずに数年間走り続けているケースは「奇跡」と呼ばれていたという。

出典編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集