メインメニューを開く

フェラーリ・512TRは、イタリアの自動車メーカーフェラーリが製造していたスポーツカーである。

フェラーリ・512TR
Ferrari 512TR front no1.jpg
Ferrari 512TR rear no2.jpg
販売期間 1991年 - 1994年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン TipoF113型 4,942cc
180°V型12気筒 DOHC
駆動方式 MR
最高出力 428PS/6,750rpm
最大トルク 50.0kgf·m/5,500rpm
変速機 5速MT
全長 4,480mm
全幅 1,975mm
全高 1,135mm
ホイールベース 2,550mm
車両重量 1473kg(乾燥重量)
先代 フェラーリ・テスタロッサ
後継 フェラーリ・F512M
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

解説編集

フェラーリ・テスタロッサの後継モデル。「512」の「5」とは排気量5.0Lを指し「12」はV型12気筒エンジンを搭載することを意味し「TR」とはテスタロッサの略である。

リトラクタブルヘッドライトとルーバー越しの角型テールライトなど大半のデザインはテスタロッサを踏襲するが、タイヤサイズはテスタロッサの16inから18inに変更され、エンジン出力は428PSとなった。また分割式のフレームを一体式に改めたりエンジン重心を下げたりと、操縦安定性に関する改良も行われており、長きに渡り造り続けてきたクルマの水準を引き上げる努力も随所にみられる。

2,261台生産された。



関連項目編集