フェラーリ・512TR

フェラーリ・512TRは、イタリアの自動車メーカーフェラーリが製造していたスポーツカーである。

フェラーリ・512TR
Ferrari 512 TR - National Automobile Museum (18439250786).jpg
500px photo (166920145).jpeg
概要
販売期間 1991年 - 1994年
ボディ
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
駆動方式 MR
パワートレイン
エンジン TipoF113型 4,942cc
180°V型12気筒 DOHC
最高出力 428PS/6,750rpm
最大トルク 50.0kgf·m/5,500rpm
変速機 5速MT
車両寸法
ホイールベース 2,550mm
全長 4,480mm
全幅 1,975mm
全高 1,135mm
車両重量 1473kg(乾燥重量)
系譜
先代 フェラーリ・テスタロッサ
後継 フェラーリ・F512M
テンプレートを表示

概要編集

フェラーリ・テスタロッサを1992年モデル用に再設計し、ロサンゼルスオートショーで新型車512TRとして発表された後継モデル。「512」の「5」とは排気量5.0Lを指し「12」はV型12気筒エンジンを搭載することを意味し「TR」とはテスタロッサの略である。

リトラクタブルヘッドライトとルーバー越しの角型テールライトなど大半のディティールはテスタロッサを踏襲するが、フロントグリルとウインカーの間には1989年発表の348のようにボディ色の桟が入れられ、ホイール径はテスタロッサの16インチから18インチに変更され、エンジン出力は428PSとなった。また分割式のフレームを一体式に改め、エンジン重心を下げ、操縦安定性に関する改良も行われており、長きに渡り造られたテスタロッサの水準を引き上げる努力も随所にみられる。フロント41%、リア59%に重量配分が改善され、計2,261台が生産された。

エンジン編集

512TRは、4,943 ccの縦置き水平対向12気筒エンジンを搭載し、エンジンの各シリンダーには4つのバルブがあり、合計48個のバルブがある。エンジンはドライサンプシステムを介して潤滑され、10.00:1の圧縮比を持っており、5,500rpmで最大491N⋅m(362lb⋅ft)、6,750rpmで315kW(428 PS; 422 hp)の最大出力を発揮する。4.8秒で0〜100 km / hまで加速し、10.7秒で161 km / hまで加速する。それは、13.2秒で静止から1/4マイル、または23.4秒で1キロメートルの距離を完了することができ、512TRの最高速度は313.8km / hである。

Gear Reverse 1 2 3 4 5 Final Drive
Ratio[1] 2.428:1 2.916:1 1.882:1 1.421:1 1.087:1 0.815:1 3.45:1

燃料ホースの取り付けの問題に関して、1995年にリコールが発行され、400台以上の車にこの欠陥があり、これは温度と環境の変化によって引き起こされた。別のリコールは、2,000台以上の車でシートベルトが適切に機能していない場合のパッシブ拘束システムに関連して発行され、拘束システムが機械的または電気的故障に見舞われた場合、ラップベルトのみが乗員に安全を提供する。

512TRのエンジンは大幅に作り直され、Nikasilライナーが追加され、新しい吸気システム、Boschエンジン管理システム、より大きな吸気バルブ、および改訂された排気システムが追加された。より高いピークパワーに加えて、変更は加速のためにより広いパワーバンドを提供した。

テスタロッサについての長引く不満であるギアシフトの努力は、新しい単板クラッチ、スライディングボールベアリング、およびギアシフトノブのより良い角度によって緩和され、ブレーキシステムには、より大きなクロスドリルフロントローターが含まれた。クイックなステアリング、扁平タイヤ、新しいショック設定はハンドリングを改善した。最も重要なことは、エンジンとギアボックスの位置が再考されたことで、これにより、重心が改善され、ハンドリングが容易になり、車の運転が容易になった。

センターコンソールがダッシュボードから分割され、気候制御装置が再配置された状態で、インテリアも更新され、ピニンファリーナのピエトロカマルデラは、新しく含まれたスポイラーと新しいエンジンカバーのより良い統合のために車のボディを再設計することを任され、1989年に導入された348に合わせてデザインが更新された。

ホイール編集

ホイール径18インチ。フロントは8J、タイヤは235 / 40ZR 18、リアは10.5J、タイヤは295/35 ZR18。フロントブレーキの直径は315mmで、リアブレーキの直径は310 mm。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 512 TR Specifications”. Red-headed.com. 2009年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月4日閲覧。

関連項目編集

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-1990年代<- Previous  Next ->
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR V12 365GTB/4 550マラネロ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348GTB/GTS 360モデナ
308 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
スペチアーレ 288GTO F40 F50