メインメニューを開く

概要編集

2月19日にフェラーリの公式サイトにて初披露された。車名の"H"はハイブリッドHybrid)を意味する[1]

フロントサスペンションは4年前のF2012以来フェラーリの特徴だったプルロッド式を止め、定番のプッシュロッド式に戻された。フロントノーズは前年のSF15-Tよりも短く平坦で、先端に突起のついたショートノーズを採用。また、コクピット廻りからエンジンカバーにかけて大幅に白のスペースが加えられ、1970年代のF1を席巻した312Tを彷彿とさせるカラーリングとなった。

パワーユニット (PU) の構成も変更された。MGU-K(運動エネルギー回生装置)はエンジン後部からエンジン左側面へ移設。エンジンのVバンク内に置かれていたインタークーラーは2つに分けられた(可変吸気機構を採用したため)。タービンで生じた高温の圧搾空気はまずエンジン後方の空冷インタークーラーを通ったあと、エンジン前部の水冷インタークーラーへ送られる[2]。しかし、この方式は2016年限りで、翌年はまた単一インタークーラーに戻る。

また、フリー走行や合同テストでは、国際自動車連盟 (FIA) が試作したHalo(頭部保護部品)を装備してテスト走行を行った。

2016年シーズン編集

シーズン当初はメルセデスにもっとも対抗できると期待されていた。開幕戦オーストラリアGPでは、2人が前年のハンガリーGPの再現のようなスタートを見せ1-2体制でレースを進めていたが、クラッシュによるレッドフラッグにより、レース再開後の戦略でメルセデス勢に逆転を許した。メルセデス勢がオープニングラップで同士討ちでリタイアしたスペインGPマックス・フェルスタッペンレッドブル)に優勝をさらわれてからはレッドブルにも遅れを取るようになり、イギリスGP以降は表彰台からも遠のくようになる。加えてドイツGP直前の7月27日にテクニカルディレクターのジェイムズ・アリソンがチームから離脱し[3]、状況はさらに悪化した。

地元イタリアGPを前にセルジオ・マルキオンネ会長は2016年のマシン開発に「失敗」したと認めた[4]

結局、ファステストラップこそ4回記録したものの優勝とポールポジションは記録できず、コンストラクターズランキング3位という期待外れのシーズンとなってしまった。不振の原因としてはアリソンの離脱によりマシンのコンセプトを完璧に理解した人物が不在となり、開発の方向性を見失ったことや、そもそもマシンのデザイン自体がウィリアムズやマクラーレンに似たショートノーズやプッシュロッドのフロントサスペンションなどオーソドックスすぎて長所と言える点が無く、特に空力において平凡すぎたことが挙げられている[5]

スペック編集

[6]

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名:フェラーリ 061
  • 気筒数・角度:V型6気筒・90度
  • 排気量:1,600cc
  • 最高回転数:15,000rpm(レギュレーションで規定)
  • シリンダーブロック:砂型鋳造アルミニウム
  • ターボ:シングル
  • バルブ数:24
  • バルブ駆動:圧搾空気式
  • 燃料シェル V-Power
  • 潤滑油:シェル Helix Ultra

ERS システム編集

  • バッテリー出力:4MJ(1周あたり)
  • MGU-K 出力:120kW
  • MGU-K 最高回転数:50,000 rpm
  • MGU-H 最高回転数:125,000 rpm

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
AUS
 
BHR
 
CHN
 
RUS
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
AUT
 
GBR
 
HUN
 
GER
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
MAL
 
JPN
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
2016 5   ベッテル 3 DNS 2 Ret 3 4 2 2 Ret 9 4 5 6 3 5 Ret 4 4 5 5 3 398 3位
7   ライコネン Ret 2 5 3 2 Ret 6 4 3 5 6 6 9 4 4 4 5 Ret 6 Ret 6

脚注編集

[ヘルプ]