メインメニューを開く

フェリス女学院短期大学(ふぇりすじょがくいんたんきだいがく、英語: Ferris Women's Junior College)は、神奈川県横浜市中区山手町68に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置され、1990年に廃止された。大学の略称はフェリス短大。学生募集は1988年度まで[注 3]翌年度より事実上の後身校となるフェリス女学院大学音楽学部の設置による統合をもって短期大学は学生募集を停止し、1990年12月21日 正式廃止[1]。現在のフェリス女学院大学山手キャンパスが短大の校舎でもあった。

フェリス女学院短期大学
大学設置 1950年
創立 1870年
廃止 1990年
学校種別 私立
設置者 学校法人フェリス女学院
本部所在地 神奈川県横浜市中区山手町68
学部 英文科[注 1]
家政科[注 2]
音楽科
  器楽専攻
  声楽専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 廃止寸前における専門教育は音楽となっていた。それ以前には、家政学や英文学に関する専門教育もおこなっていた。

学風および特色編集

  • アメリカ人女性宣教師、メアリー・E・キダーの思想に基づいた教育が行われていたことから、キリスト教思想に則った教育が行われていた。

沿革編集

  • 1870年 メアリー・E・キダー、外国人居留地39番のヘボン施療所で授業開始
  • 1875年 山手178番に校舎落成、「フェリス・セミナリー」と名付ける
  • 1889年 校名を「フェリス和英女学校」に変更
  • 1941年 戦時下、校名を「横浜山手女学院」に変更
  • 1947年 専門学校(旧制:英文科、家政科、音楽科)を設置
  • 1950年 フェリス女学院短期大学開学。
    • 英文科
    • 家政科
  • 1951年 音楽科を増設。
  • 1976年 音楽科を専攻分離。
    • 器楽専攻
    • 声楽専攻
  • 1988年度をもって学生募集を終了[注 3]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県横浜市中区山手町68

象徴編集

  • フェリス女学院短期大学のカレッジマークは盾をイメージしており、その中央に「F・S」

の英字頭文字が記されていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 『フェリス女学院短期大学論叢』[8]

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

出身者編集

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 音楽科卒業生は、音楽家をはじめ芸術活動で活躍している人もいる。

編入学・進学実績編集

  • 系列のフェリス女学院大学以外では玉川大学などがある。

参考文献編集

関連項目編集

関連サイト編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』272頁より。
  2. ^ a b c d e 出典:『全国学校総覧
  3. ^ 昭和40年度版58頁より。
  4. ^ 昭和41年度版32頁より。
  5. ^ 昭和63年度版58頁より。
  6. ^ a b 昭和64年度版60頁より。
  7. ^ a b c d 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)60頁より。
  8. ^ CiNii Articlesより。

注釈編集

  1. ^ a b 募集は1964年度入学生まで。1966年3月31日廃止。
  2. ^ a b 募集は1987年度入学生まで。1989年10月12日廃止。
  3. ^ a b 音楽科器楽専攻・声楽専攻のみ。
  4. ^ a b c d e 5月1日時点での学生数。