フェリックス・キャヴァリエ

フェリックス・キャヴァリエFelix Cavaliere 1942年11月29日 - )はアメリカ合衆国シンガーソングライター/音楽プロデューサー/ミュージシャンである。

2009年
左から4人目
ラスカルズ1969

人物編集

ヒット曲「ペパーミント·ツイスト」[1]で知られるジョーイ・ディー&スターライターズのメンバーであったが、ヤング·ラスカルズでの1960年代の活動が最も有名である。ラスカルズの他のメンバーはエディ・ブリガティ、ディノ・ダネリとジーン・コーニッシュ。キャヴァリエは有名な6枚のシングルで歌った。

10代で「ステレオズ」に参加し、大学時代に「エスコーツ」を結成。後にローラ・ニーロやジミーSpheerisなどのアルバムを制作した。[2]

1980年のシングル『オンリー·ア·ロンリー·ハート・スィーズ』はビルボードホット100チャート36位、アダルトコンテンポラリーチャート2位[3]

元ラスカルズのディノ・ダネリと、スティーブ・ヴァン・ザント制作の「リトル・スティーブンとソウルの使徒」のアルバム『女のいない男たち』(1982)に参加した[4]。しかし、キャヴァリエは(なぜか)この事実を全否定しており、リトル・スティーブンのバンドのメンバーであったことは一度もないと主張している。[5]

アルバム『Dreams in Motion』を1994年にドン・ウォズ制作で録音。翌年リンゴ・スターの第三次オールスター・バンドに参加し全米ツアーした。キャロル・キングの『ヘイ・ガール』をビリー・ジョエルが1997年にカバーしたシングルの公式ビデオでキーボードを弾いているのが見られる。(同曲はジョエルの『グレーテスト・ヒッツVol.III』に収録)が、録音には参加していない。

2006年10月15日に、ヴァニラ・ファッジを「ロングアイランド音楽の殿堂」に殿堂入りさせた。2008年、スティーヴ・クロッパーとアルバム『ナッヂ・イット・アップ・ア・ノッチ』を録音、2008年7月29日に発表。

「フェリックス・キャヴァリエのラスカルズ」としてツアーを続け、2009年6月18日にエディ・ブリガティとともに「ソングライターの殿堂」入り。2010年4月24日にラスカルズの4人全員が再結成し、ニューヨークのトライベッカ・グリルで開催されたクリスティン・アン・カー基金のために演奏した。ラスカルズは2012年12月にポートチェスター(ニューヨーク州)のキャピタル・シアターで6つのショーに登場し、ブロードウェイのリチャード・ロジャース劇場で2013年4月15日から5月5日まで15日間演奏。

現在「ワンス·アポン・ア・ドリーム」ツアーで北米(トロント、ロサンゼルス、フェニックス、シカゴ、デトロイト、ロチェスター、ニューヨーク市)をツアー中。このツアーは、往年のラスカルズ・ファンであるスティーブン・ヴァン・ザントと妻モーリーンが企画した。

キャヴァリエ夫妻はナッシュビル(テネシー州)在住。

ディスコグラフィー編集

アルバム[6]

参照編集

  1. ^ Felix Cavaliere's 2009 Interview on The Strange Dave Show Part 2.
  2. ^ Ruhlmann, William. “Felix Cavaliere”. allmusic.com. 2010年2月15日閲覧。
  3. ^ Whitburn, Joel (2002). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 50 
  4. ^ Deming, Mark. “Steve Van Zandt, Men Without Women album”. allmusic.com. 2010年2月15日閲覧。
  5. ^ Felix Cavaliere's 2009 Interview on The Strange Dave Show Part 1.
  6. ^ Felix Cavaliere, Albums”. allmusic.com. 2010年2月15日閲覧。

外部リンク編集