メインメニューを開く

フェリックス=クレール・リデルFélix-Clair Ridel1830年7月7日 - 1884年6月20日)は、フランスカトリック教会司教パリ外国宣教会宣教師として朝鮮に渡った。興宣大院君によるキリスト教弾圧(丙寅教獄)を生きのび、その後も朝鮮に対する宣教につとめた。漢名は李福明。

フェリックス=クレール・リデル
第6代ソウル大司教
教会 カトリック教会
着座 1870年
個人情報
出生 1830年7月7日
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国、ロワール=アンフェリウール県シャントネ
死去 1884年6月20日
フランスの旗 フランス共和国ヴァンヌ
テンプレートを表示

生涯編集

リデルはロワール=アンフェリウール県のシャントネ(現在のナント市西部)に生まれた[1]。1857年にパリ外国宣教会の聖職者に叙階され、宣教のために1861年に朝鮮に密入国した。

丙寅教獄によって、1866年にベルヌー司教、ダヴリュイ司教、および7人のフランス人宣教師が死刑になったが、リデルは生きのびてに脱出し、朝鮮の惨状を訴えた[2]。12人いたフランス人宣教師のうち、生き残ったのはリデルを含めて3人だけだった。フランスはこの事件に対する抗議のためにローズ少将率いる3隻の軍艦を朝鮮に送りこんだ(丙寅洋擾を参照)。

リデルは1870年にベルヌーとダヴリュイをついで司教および朝鮮使徒座代理区の第6代使徒座代理に任命されたが、朝鮮の海禁政策はより厳格になり、入国は困難だった[3]

江華島事件後の1876年に、リデルは2人の宣教師を朝鮮に送りこむことに成功した。リデル本人も1877年に朝鮮に再入国したが、獄に入れられ、翌年、清へと国外退去させられた[4]。リデルはその後日本に住んだが発作を起こし、療養のため1882年にフランスに帰国した。1884年に2度目の発作を起こし、ヴァンヌで没した[5]

著作編集

リデルを中心として、1880年に横浜朝鮮語の辞典(Dictionnaire coréen-français、韓仏字典)が出版された。それまでにも宣教師による朝鮮語辞典は存在し、前任者のダヴリュイ司教も辞典編纂を行っていたが、それらはすべて手書きだった[6]。この辞典は西洋人による最初の印刷された朝鮮語辞典であり、693ページ、約11万語を収める。左横書きの朝鮮語出版物である点や、漢字ハングルラテン・アルファベットの活字が混在している点で、活版印刷史上も重要である。この書物のためのハングル活字は、朝鮮人信者のチェ・ジヒョク(崔智爀)が原字を書き、漢字の大きさにあわせて五号・三号(のちに四号も)の活字が平野富二の活版所によって作られた[7]。木活字や分合活字(ハングルを子音・母音に分けて、文選時に合成する)以外では初のハングル活字だった[8]。辞典は横浜のカトリック山手聖堂で編纂された。

翌1881年には朝鮮語の文法書を出版した。辞典と同じ五号・三号の活字を使用している。

リデルは獄中記を書いている。

脚注編集

  1. ^ Dallet (1874) p.589 の注1
  2. ^ Dallet (1874) pp.567-568
  3. ^ Dallet (1874) p.589
  4. ^ カトリック百科事典
  5. ^ “Vicarite-Apostolic of Corea. Mgr. Ridel, Bishop of Philippopolis, and Vicar-Apostolic of Corea”. Annals of the Propagation of the Faith 45: 311-325. (1884). https://books.google.com/books?id=Q1kwAQAAMAAJ&pg=PA311. 
  6. ^ 劉(2009) p.249
  7. ^ 劉(2009) p.252, 258-259
  8. ^ 劉(2009) p.258

参考文献編集

  • Dallet, Charles (1874). Histoire de l'église de Corée. 2. Paris: Victor Palmé. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k57394599.  (ダレ『朝鮮教会史』第2巻)
  • “Corea”. カトリック百科事典. (1913). http://www.newadvent.org/cathen/04361b.htm. 
  • 劉賢国「韓国最初の活版印刷による多言語『韓仏辞典』の刊行とそのタイポグラフィ」『活字印刷の文化史』勉誠出版社、2009年、245-278頁。ISBN 9784585032182

外部リンク編集