フェルディナント・アルブレヒト1世 (ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公)

フェルディナント・アルブレヒト1世ドイツ語:Ferdinand Albrecht I., 1636年5月22日 - 1687年4月25日)は、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公の1人で、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公(在位:1667年 - 1687年)。ヴォルフェンビュッテルアウグスト2世とその3番目の妻エリーザベト・ゾフィー・フォン・メクレンブルクの息子。ルドルフ・アウグストアントン・ウルリヒの弟。ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家の始祖。

フェルディナント・アルブレヒト1世
Ferdinand Albrecht I.
ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
FerdinandAlbrechtIBraunschweig.jpg
在位 1667年 - 1687年

出生 (1636-05-22) 1636年5月22日
ブラウンシュヴァイク
死去 (1687-04-25) 1687年4月25日(50歳没)
配偶者 クリスティーネ・フォン・ヘッセン=エシュヴェーゲ
子女 一覧参照
家名 ブラウンシュヴァイク=ベーヴェルン家
父親 ヴォルフェンビュッテル公アウグスト2世
母親 エリーザベト・ゾフィー・フォン・メクレンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

アウグスト2世の3男としてブラウンシュヴァイクに生まれた。1666年に父が死ぬと、ヴォルフェンビュッテル侯家の3兄弟はその遺産を分割相続したが、末息子のフェルディナント・アルブレヒトはベーヴェルンの宮殿といくつかの封建的な特権を分けられ、2人の異母兄、ルドルフ・アウグストとアントン・ウルリヒが共同で治めるヴォルフェンビュッテル侯領の支配権を有しない代わりに、一定の補償金を与えられることになった。

しかし、フェルディナント・アルブレヒト1世は年をとるにつれて奇矯な振る舞いが多くなり、弟の乱行を見かねた兄達がベーヴェルンの宮殿に軍隊を差し向けることもあったという。1687年の死後、同名の息子フェルディナント・アルブレヒト2世がベーヴェルン公の座を継いた。フェルディナント・アルブレヒト2世は1735年に跡取りのいなくなった本家のヴォルフェンビュッテル侯領を相続したが同年に急死、もう1人の息子エルンスト・フェルディナントがベーヴェルン公を、孫のカール1世がヴォルフェンビュッテル侯領を相続した。

子女編集

1667年、ヘッセン=エシュヴェーゲ方伯フリードリヒの娘クリスティーネと結婚し、9人の子女をもうけた。

爵位・家督
先代:
新設
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル=ベーヴェルン公
1667年 - 1687年
次代:
フェルディナント・アルブレヒト2世