フェルナンダ・ロドリゲス

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はガライ、第二姓(父方の姓)はロドリゲスです。

フェルナンダ・ガライ・ロドリゲス(Fernanda Garay Rodrigues、女性、1986年5月10日 - )はブラジルバレーボール選手。ブラジルのポルト・アレグレ出身。

フェルナンダ・ガライ・ロドリゲス
Fernanda Garay Rodrigues
 No.16
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Fe Garay, Grand Prix Łódź, Poland.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1986-05-10) 1986年5月10日(35歳)
出身地 リオグランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ
ラテン文字 Fernanda Garay Rodrigues
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
所属 ブラジルの旗 Praia Clube
愛称 フェガライ
ポジション WS
指高 237cm
利き手
スパイク 308cm
ブロック 288cm
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
オリンピック
2012 ロンドン
2020 東京
世界選手権
2010 東京
2014 ミラノ
グラチャン
2013 東京
ワールドグランプリ
2011 澳門
2012 寧波
2013 札幌
2014 東京
2016 バンコク
ネーションズリーグ
2021 リミニ
テンプレートを表示

来歴編集

2009/10シーズンにブラジルスーパーリーグで活躍、ベストスコアラー部門、ベストスパイカー部門、およびベストブロッカー部門において1位を獲得した。

2010年にブラジル代表に初選出され、同年10-11月開催の世界選手権に出場した。同年10月NECレッドロケッツに入団し、2010-11Vプレミアリーグにおいて得点王およびベスト6賞に輝いた。第60回黒鷲旗大会で準優勝を果たした。2011年のワールドグランプリのファイナルでスタメン出場するなど準優勝に貢献した。同年のワールドカップに出場した。

2012年5月に行われたロンドン五輪南米予選で優勝し、自身もMVPとベストスパイカーに輝いた。オリンピック初出場となったロンドンオリンピックでは、チーム2連覇に大きく貢献した。

2013年からは代表チームの中核として攻守に活躍を見せ、同年のモントルーバレーマスターズでMVPに輝き、FIVBワールドグランプリグラチャンなどで優勝に導いた。2013-14シーズンにはトルコリーグの強豪フェネルバフチェでプレーした。

2014年、ワールドグランプリで連覇に貢献した。同年にイタリアで開催された世界選手権で銅メダルを獲得した。2014-15シーズンにロシアリーグの名門ディナモ・クラスノダールに移籍した。2015年5月の世界クラブ選手権で準優勝すると、自身もベストアウトサイドスパイカー部門2位に選ばれた[1]。2016年のワールドグランプリで金メダルを獲得した。同年8月のリオオリンピックに出場した。2021年に代表へ復帰し、同年のネーションズリーグで銀メダルを獲得。東京2020オリンピックで銀メダルを獲得した[2][3]

球歴編集

受賞歴編集

所属クラブ編集


脚注編集

外部リンク編集