フェルナンド・エルナンデス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエルナンデス第二姓(母方の)はラモスです。

フェルナンド・エルナンデス・ラモス(Fernando Hernández Ramos、1989年9月11日 - )は、キューバの男子バレーボール選手。ハバナ出身。ポジションはオポジットセリエA1のパラボロ・モルフェッタ(Pallavolo Molfetta)所属。

フェルナンド・エルナンデス・ラモス
Fernando Hernández Ramos
 No.18
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍  キューバ
生年月日 (1989-09-11) 1989年9月11日(30歳)
出身地 ハバナ州ハバナ
ラテン文字 Fernando Hernández Ramos
身長 196cm
体重 85kg
選手情報
所属 イタリアの旗 パラボロ・モルフェッタ
愛称 ブオ
ポジション OP
指高 275cm
利き手
スパイク 358cm
ブロック 339cm
 
獲得メダル
世界選手権
2010 男子バレーボール
テンプレートを表示

来歴編集

バレーボール選手だった父の影響を受けて8歳からバレーボールを始める[1][2]。11歳でEIDE(体育教育学校)に入学。15歳になるときに、セロ・ペラド(EIDEより一段上の体育学校)に入学した[2]

16歳の時にユース代表に選ばれ、2006年北中米ユース選手権で銅メダルを獲得し、2007年世界ユース選手権に出場。2009年世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得。同年、シニア代表デビューを果たし、ワールドグランドチャンピオンズカップで銀メダルを獲得。2010年世界選手権で銀メダルに輝いた。2011年ワールドカップではベストスコアラーに輝いた。このような実績を残しながらも、国外のリーグでプレーすることを目的に、2012年ワールドリーグを最後に22歳で代表を引退した[注釈 1][2]

2013年にプレーの場を日本に移し、ジェイテクトSTINGSに入団する。しかし、キューババレーボール協会の規定により代表を引退してから2年間は海外リーグでプレー出来ないというルールがあり、2013/14V・プレミアリーグには出場出来ず、2013-14シーズンは天皇杯黒鷲旗のみの出場を余儀なくされた[3]。しかし、平成25年度天皇杯では世界レベルのスパイクとサーブでV・プレミアリーグ昇格を果たしたばかりのチームを準優勝に導いた[2]。2014年、2014/15V・プレミアリーグには選手登録され、ようやくV・プレミアリーグにも出場可能となった[2]。シーズン中に脇腹を負傷し、出場が危ぶまれる状態になりながらも、「自分が入るとチームが元気づくから、チームのためにコートに立ちたい。」と話し、脇腹の激しい痛みを抱えながらも強行出場し続けて活躍し[3]、チームのファイナル6進出と最終成績5位に貢献した。

2015年にイタリアプロリーグ1部・セリエA1のパラボロ・モルフェッタ(Pallavolo Molfetta)に移籍[4][5]

プレースタイル編集

強烈なスパイクやサーブでチームに貢献し、抜群なパワーで際どいコースを正確に打ち抜く。相手ブロックの指を狙ってスパイクを打つのが巧い[3]

人物・エピソード編集

  • 子どもの頃から本当はサッカーがしたくて、今でも一番好きなスポーツはサッカーだと話している[2]
  • 海外でのプレーを選択したため2012に代表引退を余儀なくされたが、いつかはまた代表に戻ってプレーしたいと話している[注釈 1][2]
  • 初めての海外移籍先として日本を選んだのは、ディフェンス面を強化することと、速いバレーを経験することが目的だと話している[2]
  • 試合中に感情を表に出し、良いプレーをした選手にはハグするなど喜びの感情をそのまま出すが、味方選手のプレーに不満があるときも激しい口調でそのまま口に出す。ジェイテクトでは、最初はチームメイトに戸惑われ、「もう少しマイルドに言えないか」と注文を出されたが、「感情を全て出してチームを締めるのが俺の仕事だ」と折れなかった。試合外ではチームメイトから親しまれているのもあり、結局はチームメイトにその考え方が理解されていった。また、そのような強いプロ意識はチームメイトから認められていた[3]

所属チーム編集

球歴・受賞歴編集

注釈編集

  1. ^ a b 。キューバではスポーツの代表選手がプロとしてプレーすることが認められていない。また、プロとしてプレーする場合は海外リーグのチームに移籍する必要がある

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「V・プレミアリーグ男子名鑑 ジェイテクトSTINGS」『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2013/14【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 95頁。
  2. ^ a b c d e f g h 「VBドキュメント フェルナンド・エルナンデス(ジェイテクトSTINGS)」『月刊バレーボール』、日本文化出版、2014年11月、 108-111頁。
  3. ^ a b c d 米虫紀子 (2015年2月20日). “キューバから来た風雲児が、ジェイテクトをファイナル6に導けるか”. バボChannet. 2015年3月5日閲覧。
  4. ^ 退団のお知らせ”. ジェイテクトSTINGS. 2015年10月29日閲覧。
  5. ^ Un opposto per sognare. A Molfetta arriva Hernandez Ramos” (イタリア語). Pallavolo Molfetta (2015年7月5日). 2015年10月29日閲覧。

外部リンク編集