メインメニューを開く

フェルナンド・フベロ

スペインのサッカー指導者
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフベロ第二姓(母方の)はカルモナです。

フェルナンド・フベロ・カルモナ(Fernando Jubero Carmona、1974年2月27日 - )は、スペインバルセロナ出身のサッカー指導者。現ジュビロ磐田監督。

フェルナンド・フベロ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Fernando Jubero
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1974-02-27) 1974年2月27日(45歳)
出身地 バルセロナ
監督歴
チーム
2013-2015 クラブ・グアラニー
2016 クラブ・オリンピア
2017 クラブ・リベルタ
2018-2019 セロ・ポルテーニョ
2019- ジュビロ磐田
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

1974年2月27日、バルセロナに生まれる。サッカー選手としての経験はなく、2003年からFCバルセロナの下部組織で分析担当スタッフの仕事を始めた。一方で同時期には小学校教師も務めていた。2008年、カタールアスパイア・アカデミー英語版に雇われ、世界中から若い才能を発掘するスカウトとして働いた。この時に訪れたパラグアイが彼の指導者としてのキャリアのスタート地点となった[1]

2012年1月、バルセロナやアスパイア・アカデミーでの経験を買われてクラブ・グアラニーのスポーツディレクターに招聘される。2013年半ば、ディエゴ・アロンソ英語版の後任としてグアラニー監督に就任する[1]リーガ・パラグアージャでは3年続けて年間2位となった。

さらに、コパ・リベルタドーレス2015ではコリンチャンスラシン・クラブを下して準決勝進出の快挙を果たす。なお、準決勝の対戦相手はチャンピオンとなるCAリーベル・プレートであった。

2016年2月、クラブ・オリンピアの監督に就任[1]。またしてもリーグ年間2位でシーズンを終える。

2017年、クラブ・リベルタの監督に就任。リーガ・パラグアージャではアペルトゥーラで自身初となる優勝を果たす。また、コパ・スダメリカーナ2017ではCAウラカンインデペンディエンテ・サンタフェ、ラシン・クラブを下して勝ち進み、準決勝で後にチャンピオンとなるCAインデペンディエンテに敗れる。

2018年8月22日、解任されたルイス・スベルディア英語版の後任としてセロ・ポルテーニョの監督に就任[1]。リーグでは同年のクラウスーラ、翌2019年のアペルトゥーラともに2位となっている。2019年5月20日退任。

2019年8月19日、日本のJ1リーグ(1部)のジュビロ磐田の監督に就任[2]

指導歴編集

タイトル編集

  • クラブ・リベルタ
リーガ・パラグアージャ: 2017(前期優勝)

脚注編集

  1. ^ a b c d Fernando Jubero, l’Espagnol qui a conquis le Paraguay” (フランス語). Furia Liga (2019年6月23日). 2019年8月19日閲覧。
  2. ^ “フェルナンド・フベロ監督就任について” (プレスリリース), ジュビロ磐田, (2019年8月19日), https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6860 2019年8月19日閲覧。 

外部リンク編集