フェルナンド・マリア・ルイス・デ・ブラガンサ

フェルナンド・マリア・ルイス・デ・サクセ=コブルゴ=ゴタ・イ・ブラガンサFernando Maria Luís de Saxe-Coburgo-Gota e Bragança, 1846年7月23日 - 1861年11月6日)は、ポルトガルの王族。ブラガンサ家(ブラガンサ=コブルゴ家)の成員[1]。女王マリア2世とその王配フェルナンド2世の間の第四王子。

フェルナンド・マリア・ルイス・デ・サクセ=コブルゴ=ゴタ・イ・ブラガンサ
Fernando Maria Luís de Saxe-Coburgo-Gota e Bragança
Infante D. Fernando (1856) - Francisco Augusto Gomes.png
ポルトガル王子フェルナンド、1856年撮影

出生 (1846-07-23) 1846年7月23日
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国リスボン
死去 (1861-11-06) 1861年11月6日(15歳没)
ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国、リスボン
埋葬 ポルトガル王国の旗 ポルトガル王国サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院ブラガンサ王室霊廟英語版
家名 ブラガンサ=コブルゴ家
父親 フェルナンド2世
母親 ポルトガル女王マリア2世
テンプレートを表示

正式な洗礼名はフェルナンド・マリア・ルイス・ミゲル・ハファエル・ガブリエル・ゴンザーガ・フランシスコ・デ・アシス・アントニオ・アポリナリオ(Fernando Maria Luís Miguel Rafael Gabriel Gonzaga Francisco de Assis António Apollinário)。

幼くしてカサドレス(軽騎兵)第5大隊所属の少尉に任官し、またヴィラ・ヴィソザ無原罪の御宿リ騎士団英語版勲章を拝受した。1861年初冬、長兄ペドロ5世王、三兄ベージャ公ジョアン王子とともに、コレラ(或いは腸チフス)に感染して死去した。15歳だった。遺体はサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院ブラガンサ王室霊廟英語版に安置された。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1944年版『ゴータ年鑑英語版』ではザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ公家の男系男子として記載されている。しかし、1838年ポルトガル憲法(1838 Portuguese constitution)第1章第1条第5項では「最も静穏なるブラガンサ家こそがポルトガルの統治者家門であり、同家は女王マリア2世陛下の人格[法人格・自然人格]を通じて継続される」と定められていた。そのため、マリア2世とフェルナンド2世の子孫は、公式にはブラガンサ家に属する形となった。

参考文献編集

  • Redacção Quidnovi, com coordenação de José Hermano Saraiva, História de Portugal, Dicionário de Personalidades, Volume XIV, Ed. QN-Edição e Conteúdos, S.A., 2004.
  • Tavares Dias, Marina, D. Carlos, Lisboa 1908, Quimera Editores, Lda., 2007. 978-972-589-176-6