フェルナンド・ロドニー

フェルナンド・ロドニーFernando Rodney, 1977年3月18日 - )は、ドミニカ共和国サマナ州サマナ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。フリーエージェント(FA)愛称はベンジャミン

フェルナンド・ロドニー
Fernando Rodney
Fernando Rodney on Opening Day 2018 (39296697280).jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2018年3月29日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
(二重国籍)
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
サマナ州サマナ英語版
生年月日 (1977-03-18) 1977年3月18日(42歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 アマチュアFA
初出場 2002年5月4日 ミネソタ・ツインズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2006年2013年2017年
獲得メダル
男子 野球
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

従兄弟にオリックスでもプレーしたアルフレッド・フィガロがいる。

経歴編集

プロ入りとタイガース時代編集

1997年11月1日にアマチュアFA選手としてデトロイト・タイガースと契約を結んだ。

2002年5月4日のミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビューを果たす。

2003年トミー・ジョン手術を行い、その影響で2004年は全休した。

2005年も術後の影響でリハビリを続けたが、6月4日にAAA級トレド・マッドヘンズで戦列復帰。間もなくカイル・ファーンズワーストレードアトランタ・ブレーブスへ放出されたことに伴い、昇格を果たす。この年は39試合に登板、トロイ・パーシバルが故障離脱したこともあり9セーブをあげクローザーとしての役割を担った。

2006年はシーズン開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[1]。シーズンでは2005年オフにクローザーとしてトッド・ジョーンズと契約したため、ジョエル・ズマヤと共にセットアップマンとして起用された。

2007年は6月途中までに1勝5敗、防御率5.68と不振を極め、結局6月20日に右肩痛で故障者リスト入りする。8月5日に復帰して以降は12イニング連続無失点と復活の兆しを見せたが、9月には月間防御率6点台と再び不振に陥った。

2008年は肩の故障から開幕は故障者リストからスタートした。6月中旬にメジャーに復帰すると、7月27日に不調のトッド・ジョーンズに代わり新しい抑え投手となった。

2009年、タイガースは複数年契約を求めたが、ロドニーはこの申し出を拒否し、年俸調停を申請。11月5日にノンテンダーFAとなった。

エンゼルス時代編集

 
エンゼルス時代(2011年7月24日)

2009年12月24日にロサンゼルス・エンゼルスと1100万ドルで2年契約を結んだ[2]

2010年はセットアッパーとしてつとめていたが、シーズン途中でブライアン・フエンテスがツインズに移籍したため、クローザーを任された。

2011年ジョーダン・ウォルデンにクローザーを譲り、セットアッパーに回った。10月30日にノンテンダーFAとなった。

レイズ時代編集

 
レイズ時代(2012年5月11日)

2012年1月4日にタンパベイ・レイズと1年175万ドル(約1億3000万円)で契約[3]。与四球が大幅に減少し、それまでの4年間1.5前後だったWHIPがほぼ半分になり、4点台だった防御率が0点台と投球内容が大幅に改善。クローザーとして最終的に48セーブを挙げた。また、初めてオールスターにも選出され、1回を無安打に抑えた。10月19日に最優秀救援賞カムバック賞を受賞した[4]

2013年はシーズン開幕前の3月に開催された第3回WBCドミニカ共和国代表に選出され[5]、2大会ぶり2度目の選出を果たした。同大会では抑えとして大会最多の8試合に登板し、全てを無失点に抑え、大会最多7セーブを挙げる。ドミニカ共和国の大会史上初全勝優勝に貢献した。また、投手として今大会のベストナインにも選出された。オフの10月31日にFAとなった。

マリナーズ時代編集

2014年2月6日にシアトル・マリナーズと総額1400万ドルの2年契約に合意したことが報道され[6]、13日に球団が発表した[7]。開幕からクローザーを任され、自身初めて最多セーブのタイトルを獲得した。

2015年は54試合で5勝5敗16セーブ、防御率5.68と不安定で、8月22日にDFAとなった[8]

カブス時代編集

2015年8月27日にウェイバー公示を経てシカゴ・カブスに金銭トレードされた[9]。オフの11月2日にFAとなった[10]

パドレス時代編集

2016年2月4日にサンディエゴ・パドレスと1年160万ドル(2017年は200万ドルの球団オプション付)の契約を結んだ[11]。パドレスでは28試合に登板して0勝1敗17セーブ、防御率0.31の成績を残した。

マーリンズ時代編集

2016年6月30日にクリス・パダックとのトレードで、マイアミ・マーリンズへ移籍した[12]。11月3日にFAとなった[10]

ダイヤモンドバックス時代編集

2016年12月9日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと1年275万ドルで契約を結んだ[13]

2017年はシーズン開幕前の2月8日に第4回WBCドミニカ共和国代表に選出され、2大会連続3度目の選出を果たした[14]。同大会では3試合に登板し、1失点(防御率2.70)、4奪三振と好投した。

シーズンでは4月に10イニングで15失点を喫したが、5月および6月で防御率0.00を記録するなど徐々に調子を上げ、9月23日のマーリンズ戦で通算300セーブを達成した[15]。オフの11月2日にFAとなった[16]

ツインズ時代編集

2017年12月15日にツインズと1年450万ドル(球団側オプション付)で契約を結んだ[17]。移籍までに46試合に投げ、3勝2敗25セーブ、防御率3.09であった。また、ツインズ在籍中の2018年7月18日にはミズーリ州カンザスシティでアメリカ合衆国籍を取得した。

アスレチックス時代編集

2018年8月9日にダコタ・チャルマーズ英語版とのトレードで、オークランド・アスレチックスへ移籍した[18]。移籍後はセットアッパーとして22試合に投げ、防御率3.92であった。

2019年は日本開催の開幕戦にも出場したが[19]、17試合に登板して防御率9.47と結果を残せず、5月25日にDFAとなり[20]、28日にFAとなった[10]

ナショナルズ時代編集

2019年6月1日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約で合意した[21]。6月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[22]イチローが引退したことで、現役最年長選手となった。移籍後は中継ぎとして38試合に投げ、0勝3敗、防御率4.05だった。ポストシーズンでは5登板連続で無失点に抑えていたが、ワールドシリーズ第4戦では満塁本塁打を浴びた[23]。なお、このポストシーズンで史上4人目の両リーグでポストシーズンの全ラウンドに出場した選手になり[24]、初の優勝も経験した。オフの10月31日にFAとなった[25]

選手としての特徴編集

 
弓を引くポーズ

平均球速153km/h、最速160.9km/hの速球フォーシームツーシーム)と、平均球速132km/hのチェンジアップを持ち球とする。かつてはフォーシームを基本球種としていたが、2014年以降はツーシームを基本球種とし、チェンジアップと合わせて投球全体の約90%以上を占める。また、2012年まではスライダーも投げていた。チェンジアップの精度は高く、コントロール・空振り率ともに良い。その反面、ツーシームはコントロール・空振り率ともに悪く、速球系でありながらストライク率が60%を下回ることもある[26]

クローザーとして試合終了を決めると勝利のポーズとして天に弓を引くようなポーズを披露する。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2002 DET 20 0 0 0 0 1 3 0 0 .250 89 18.0 25 2 10 2 0 10 0 1 15 12 6.00 1.94
2003 27 0 0 0 0 1 3 3 3 .250 143 29.2 35 2 17 1 1 33 0 0 20 20 6.07 1.75
2005 39 0 0 0 0 2 3 9 3 .400 185 44.0 39 5 17 3 2 42 2 0 14 14 2.86 1.27
2006 63 0 0 0 0 7 4 7 18 .636 304 71.2 51 6 34 4 8 65 3 0 36 28 3.52 1.19
2007 48 0 0 0 0 2 6 1 12 .250 223 50.2 46 5 21 0 3 54 4 0 27 24 4.26 1.32
2008 38 0 0 0 0 0 6 13 5 .000 188 40.1 34 3 30 5 3 49 3 0 22 22 4.91 1.59
2009 73 0 0 0 0 2 5 37 0 .286 330 75.2 70 8 41 4 2 61 5 0 38 37 4.40 1.47
2010 LAA 72 0 0 0 0 4 3 14 21 .571 308 68.0 70 4 35 1 5 53 4 0 33 32 4.24 1.54
2011 39 0 0 0 0 3 5 3 10 .375 150 32.0 26 1 28 0 3 26 2 0 18 16 4.50 1.69
2012 TB 76 0 0 0 0 2 2 48 0 .500 282 74.2 43 2 15 1 3 76 4 0 9 5 0.60 0.78
2013 68 0 0 0 0 5 4 37 0 .556 290 66.2 53 3 36 3 1 82 4 1 27 25 3.38 1.34
2014 SEA 69 0 0 0 0 1 6 48 0 .143 286 66.1 61 3 28 3 3 78 4 1 24 21 2.85 1.34
2015 54 0 0 0 0 5 5 16 7 .500 227 50.2 51 8 25 3 5 43 5 0 32 32 5.68 1.50
CHC 14 0 0 0 0 2 0 0 2 .1000 50 12.0 8 1 4 0 3 15 1 0 4 1 0.75 1.00
'15計 68 0 0 0 0 7 5 16 9 .583 277 62.2 59 9 29 3 8 58 6 0 36 33 4.74 1.40
2016 SD 28 0 0 0 0 0 1 17 0 .000 109 28.2 13 0 12 0 2 33 1 1 2 1 0.31 0.87
MIA 39 0 0 0 0 2 3 8 8 .400 174 36.2 41 5 25 3 3 41 4 0 25 24 5.89 1.80
'16計 67 0 0 0 0 2 4 25 8 .333 283 65.1 54 5 37 3 5 74 5 1 27 25 3.44 1.39
2017 ARI 61 0 0 0 0 5 4 39 0 .556 231 55.1 40 3 26 3 2 65 7 0 29 26 4.23 1.19
2018 MIN 46 0 0 0 0 3 2 25 0 .600 192 43.2 42 3 19 1 2 50 2 0 18 15 3.09 1.40
OAK 22 0 0 0 0 1 1 0 7 .500 108 20.2 20 2 13 0 1 20 4 0 9 9 3.92 1.59
'18計 68 0 0 0 0 4 3 25 7 .571 285 64.1 62 7 32 1 3 70 6 0 27 24 3.36 1.46
2019 17 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 70 14.1 20 2 12 0 0 14 2 0 15 15 9.42 2.23
WSH 38 0 0 0 0 0 3 2 17 .000 140 33.1 29 3 16 1 0 35 4 0 16 15 4.05 1.35
'19計 55 0 0 0 0 0 5 2 17 .000 210 47.2 49 5 28 1 0 49 6 0 31 30 5.66 1.62
MLB:17年 951 0 0 0 0 48 71 327 96 .403 4064 933.0 817 73 464 38 52 943 65 3 433 394 3.80 1.37
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 56(2002年 - 2003年、2005年 - 2015年途中、2016年 - 2019年)
  • 57(2015年途中 - 同年終了)

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ 2006 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  2. ^ “Angels agree to terms on two-year deal with RHP Fernando Rodney” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Angels), (2009年12月24日), http://losangeles.angels.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20091224&content_id=7854048&vkey=pr_ana&fext=.jsp&c_id=ana 2016年3月3日閲覧。 
  3. ^ “Rays sign Fernando Rodney to one-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Tampa Bay publisher=MLB.com (Tampa Bay Rays)), (2012年1月4日), http://m.rays.mlb.com/news/article/26262004 2016年3月3日閲覧。 
  4. ^ “カムバック賞にロドニーとポージー=米大リーグ”. 時事通信社. (2012年10月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012102000015 2012年10月22日閲覧。 
  5. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  6. ^ Greg Johns (2014年2月6日). “Mariners reportedly add Rodney to bolster back of 'pen”. MLB.com. 2016年3月3日閲覧。
  7. ^ “Mariners sign free agent relief pitcher Fernando Rodney” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年2月13日), http://m.mariners.mlb.com/news/article/67756410 2016年3月3日閲覧。 
  8. ^ マリナーズ 抑えのロドニー戦力外に、昨季のセーブ王”. スポニチSponichi Annex. スポーツニッポン (2015年8月23日). 2015年8月24日閲覧。
  9. ^ Mike Axisa (2015年8月27日). “Mariners trade Fernando Rodney to Cubs: Three things to know” (英語). 2015年8月28日閲覧。
  10. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2019年5月29日閲覧。
  11. ^ “Padres sign RHP Fernando Rodney to one-year contract for 2016 season with club option for 2017” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2015年2月4日), http://m.padres.mlb.com/news/article/163668054 2016年3月3日閲覧。 
  12. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/16649700/miami-marlins-acquire-san-diego-padres-closer-fernando-rodney
  13. ^ Jesse Sanchez (2016年12月9日). “Rodney excited to start anew with D-backs” (英語). MLB.com. 2016年12月12日閲覧。
  14. ^ DR aims to defend title as WBC '17 roster set MLB.com (英語) (2017年2月15日) 2017年3月16日閲覧
  15. ^ Rodney joins rare company with 300th save”. MLB.com. 2017年9月24日閲覧。
  16. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月28日閲覧
  17. ^ Fernando Rodney, Twins finalize $4.5M, 1-year contract” (英語). ESPN.com (2017年12月16日). 2017年12月19日閲覧。
  18. ^ Manny Randhawa (2018年8月9日). “A's acquire reliever Rodney from Twins” (英語). MLB.com. 2018年8月10日閲覧。
  19. ^ イチロー1四球、マリナーズ白星/MLB開幕戦詳細”. nikkansports.com. 2019年10月31日閲覧。
  20. ^ Martin Gallegos (2019年5月25日). “A's designate Fernando Rodney, call up Wang” (英語). MLB.com. 2019年5月26日閲覧。
  21. ^ Source: Rodney signs Minors deal with Nationals”. MLB.com. 2019年6月2日閲覧。
  22. ^ Christina De Nicola (2019年6月25日). “Nats call up veteran relievers Venters, Rodney” (英語). MLB.com. 2019年6月26日閲覧。
  23. ^ アストロズ・ブレグマン満塁弾「すごく大きかった」”. nikkansports.com. 2019年10月31日閲覧。
  24. ^ 現役最年長の42歳が達成したポストシーズン記録。両リーグでポストシーズンの全ラウンドに出場”. Yahoo!ニュース 個人. 2019年10月31日閲覧。
  25. ^ Thomas Harrigan, Manny Randhawa and Paul Casella (2019年11月8日). “Here are every team's free agents this winter” (English). MLB.com. 2019年12月2日閲覧。
  26. ^ Fernando Rodney > Pitch Data” (英語). The Baseball Cube (2016年7月3日). 2016年7月3日閲覧。

https://amp.mlb.com/286355372-fernando-rodney-becomes-us-citizen.amp.html

関連項目編集

外部リンク編集