メインメニューを開く

フェルマーの原理フェルマーのげんり)とは、幾何光学における基礎原理のひとつ。

光は光学的距離が最短になる経路、すなわち進むのにかかる時間の停留点になる経路を通る、という原理。この原理からスネルの法則などの幾何光学の法則が導かれる。

1661年にフェルマーが発見したため、この名がある。

変分原理のひとつ。

関連項目編集