メインメニューを開く

フェロー人 (Føroyingar) は、フェロー諸島ゲルマン民族[4]。フェロー人はノースおよびゲールを起源とする混成[5]

フェロー人
(Føroyingar)
Faroese folk dance club from vagar.jpg
民族衣装を着用するフェロー人フォークダンサー達
(80,000 - 90,000)
居住地域
フェロー諸島の旗 フェロー諸島 ≈45,000[1]
デンマークの旗 デンマーク 21,687[2]
ノルウェーの旗 ノルウェー 1,981[3]
アイスランドの旗 アイスランド 500
言語
フェロー語
アイスランド語ノルウェー語スウェーデン語デンマーク語ゲルマン語
宗教
フェロー諸島のルーテル教会英語版
ノース異教英語版ケルト系キリスト教 (- 1000)
カトリック教会 (1000 ~ 1538)
関連する民族
アイスランド人ノルウェー人スウェーデン人ドイツ人デンマーク人シェトランド人オークニー人英語版アイルランド人スコットランド人
ゲルマン人ケルト人

約2万1000人のフェロー人は近隣諸国に居住しており、特にデンマークアイスランドノルウェー。現在、ほとんどのフェロー人はデンマーク国民である。

フェロー語は、遠縁に当たるノルウェー語方言およびアイスランド語と密接に関連した西スカンディナヴィア諸語

目次

起源編集

 
伝統的な教会の晴れ着をまとった1940年代の高齢フェロー人夫婦。
 
Three Faroese women wearing traditional costumes. The student caps identify them as newly graduated.
 
Faroese politicians, priests and choir in front of the Løgting (Parliament), Ólavsøka 2012.

最初の移住者は6世紀頃に到着したゲールの隠者ならびに僧侶である。

その後、およそ650年頃にノース=ゲール人英語版が到来、島々にノースの文化や言語を伝えた。与えられる余地は推定のみでこの期間についてはほとんどわかっていない。唯一の出典であるアイスランドの『フェロー諸島の人々のサガ英語版』は早期の定住について言及している。それは大体1200年頃に書かれており、その約300年前に起きた出来事を説明している。サガによると多くのノース人はノルウェー王の政治統一に反対し、新発見した西方の陸地を含む他の国々に逃れた。

歴史家たちはヴァイキングであるグリーム・カンバン英語版が最初のフェロー諸島移住者だったことを『フェロー諸島の人々のサガ』によって理解している。ノルウェー人はノルウェーを離れる以前から諸島について知っていた。グリーム・カンバンが早い時期に定住していた場合、ノルウェー人が諸島について知っていたことを説明できる。別のより多くの論理的な解釈に、ノルウェー人はスコットランドおよびアイルランドのゲール人により島について認識するようになっただろう。

グリームは古ノルド語の名前であり、カンバンはケルト語起源を示している。したがって、彼は既にヴァイキングの集落があったアイルランド、アウター・ヘブリディーズあるいはマン島あたりから来た人物だった。フェロー諸島最古の定住地の地名のいくつからおそらくは移住者の一部はスコットランドの島々とイギリス沿岸あたりから渡ってきたことを示唆している。

最近行われたDNA分析で、男性系統をたどることができるY染色体では約87%がスカンディナヴィア系であることを明らかにした[6]。また、女性系統をたどるミトコンドリアDNAの研究では、約84%がケルト系であることを示している[7]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ According to a 2009 estimate, the population of the Faroe Islands was 49,000, ~92% of that population was Faroese born, which is approximately 45,000. (See demographics of the Faroe Islands)
  2. ^ Politiken, 2006 (newspaper written in Danish)
  3. ^ Persons with immigrant background by immigration category, country background and sex. 1 January 2009
  4. ^ Minahan, James (2000). One Europe, many nations: a historical dictionary of European national groups. Greenwood Publishing Group. p. 769. ISBN 0313309841. http://books.google.no/books?id=NwvoM-ZFoAgC 2013年5月25日閲覧。. 
  5. ^ Als, Thomas D; Jorgensen, Tove H; Børglum, Anders D; Petersen, Peter A; Mors, Ole; Wang, August G (2006). “Highly discrepant proportions of female and male Scandinavian and British Isles ancestry within the isolated population of the Faroe Islands”. European Journal of Human Genetics 14 (4): 497–504. doi:10.1038/sj.ejhg.5201578. ISSN 1018-4813. 
  6. ^ Jorgensen, Tove H.; Buttensch�n, Henriette N.; Wang, August G.; Als, Thomas D.; B�rglum, Anders D.; Ewald, Henrik (2004). “The origin of the isolated population of the Faroe Islands investigated using Y chromosomal markers”. Human Genetics 115 (1): 19–28. doi:10.1007/s00439-004-1117-7. ISSN 0340-6717. 
  7. ^ Wang, C. August. 2006. Ílegur og Føroya Søga. In: Frøði pp.20-23

関連文献編集

  • Arge, Símun, Guðrun Sveinbjarnardóttir, Kevin Edwards, and Paul Buckland. 2005. "Viking and Medieval Settlement in the Faroes: People, Place and Environment". Human Ecology. 33, no. 5: 597-620.