フェンダー・スウィンガー

フェンダー・スウィンガー (Fender Swinger) は1969年フェンダーが発表し、短命で少数生産のみに終わったエレクトリックギター。ヘッドに付されるべき "Swinger" ロゴは欠落していることが多く、「ミュージックランダー」や「アロー」の名でも知られる。

フェンダー・スウィンガー
Fender Swinger
FenderSwinger 01.JPG
塗装がはげピックアップカバーが無くなったスウィンガー
メーカー/ブランド フェンダー
製造時期 1969年
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 22 1/2インチ
フレット 21
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ アルダー
ネック メイプル
フィンガーボード ローズウッド
ハードウェア
ペグ クルーソンタイプ
電気系統
ピックアップ シングルコイルx1
コントロール ボリュームx1、トーンx1
テンプレート | カテゴリ

起源編集

スウィンガーは1965年にフェンダーを買収したCBS社が工場の在庫資材を金に換えるため、失敗作であるベースVのボディとミュージックマスターの部品を組み合わせて作った単なる試みに過ぎない。同様にして作られたものにマーヴェリックという名でも知られるフェンダー・カスタムがある。もう一つの安価でショートスケールのスチューデントタイプギターであったが、真剣に売られることもなく、結果的に人気も得られなかった。

しかし、トーキング・ヘッズティナ・ウェイマスは映画『ストップ・メイキング・センス』内のライヴ・パフォーマンスで使用している。ベン・クウェラー (Ben Kweller) のライヴでも使用されており、彼のセルフタイトルアルバムの大半の曲はこのギターが使用されている。

今日、スウィンガーはコレクターズアイテムとなっている。

 
ピックガードの下にはベースVのスプリットシングルコイル用の孔がある

日付の刻印編集

スウィンガーはそこらに散らかっていた部品の寄せ集めなので、個々の部品に刻印された日付はギターの製造年月より古い。たとえば、ネックには1966年の刻印が打たれている。知られる限りにおいて、スウィンガー自体の製造はすべて1969年である。

外部リンク編集