フェートン (帆走フリゲート)

イギリス海軍の帆走フリゲート
フェートン号
艦歴
発注: 1780年3月3日
建造: ジョン・スモールショー造船所
リヴァプール
起工: 1780年6月
進水: 1782年6月12日
竣工: 1782年12月27日
その後: 1828年売却
性能諸元
クラス: ミネルヴァ級フリゲート
全長: 砲列甲板:141ft(43.0m)
全幅: 39ft(11.9m)
喫水: 13ft 10in(4.2m)
機関: 帆走(3本マストシップ
乗員: 280名
兵装: 38門[1]

上砲列:18ポンド(8kg)砲28門
後甲板:9ポンド(4kg)砲8門、
18ポンド(8kg)カロネード6門
艦首楼:9ポンド(4kg)砲2門、
18ポンド(8kg)カロネード4門

フェートンHMS Phaeton)は、イギリス海軍ミネルヴァ級38門5等フリゲート1808年出島への侵入事件を起こしたことでよく知られている。

艦歴編集

フェートンは1780年から1782年にかけてリヴァプールで建造され、フランス革命戦争ナポレオン戦争において多くの海戦に参加した。また、1805年から1812年の間は太平洋に派遣されていた。イギリス海軍は1827年7月にフェートンを売却しようとしたが契約が成立せず、結局翌年3月27日に売却された。

フェートン号事件編集

1808年10月にフェートンが長崎港に侵入し、人質を取って水や食料を要求。兵力の乏しかった長崎奉行は食料を提供、フェートンは湾外に去った。

脚注編集

  1. ^ これは公称値である。カロネードは含まれていない。

参考文献編集

関連項目編集