メインメニューを開く

フォアモスト累層カナダアルバータ州南部にある白亜紀後期カンパニアン地層。その露頭がフォアモストの町の近くのチン・クーリーにある事から命名された。[1] 恐竜やその他の化石を保存している事で知られている。[2]ゼノケラトプスステゴケラスドロマエオサウルスアウブリソドンヘスペロルニスパロニコドンリカルドエステシアコレピオケファレ等が報告されている。[2]

地質学編集

 
ライティングオンストーン州立公園のミルク川沿岸のフォアモスト累層の砂岩

フォアモスト累層はベリーリバー層群(アメリカではジュディスリバー層群と呼ばれる)の基底部に分布する。上にはパコウキ累層の海成頁岩が覆いかぶさるようにして堆積すふ。堆積物は徐々に西部内陸海路に流入する河川系によって山から西や北へ流送されて堆積したものと思われる。[3]

地層の底部は、主にマッキー石炭帯の石炭層、炭素質頁岩および泥岩によって覆われた砂岩ユニットからなる。中央の部分は、炭素質の小さな頁岩、砂岩、泥岩からなる。最上層には、テイバー石炭帯の埋設炭層、炭素質頁岩および泥岩がある。一般的に基礎河川砂は、アルバータ州のいくつかの地域では重要な炭化水素貯留層として知られる[1][3] [4]

フォアモスト累層の露頭はミルク川、オールドマン、そしてボウ川に渡って伸びる。レスブリッジの近くでは168mの厚みがあり[1]メディシンハットの近くでは107m[1] 、そして州立恐竜公園では107mの厚みである[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Glass, D.J. (editor) 1997. Lexicon of Canadian Stratigraphy, vol. 4, Western Canada including eastern British Columbia, Alberta, Saskatchewan and southern Manitoba. Canadian Society of Petroleum Geologists, Calgary; 1423 p. on CD. ISBN 0-920230-23-7.
  2. ^ a b Weishampel, David B; et al. (2004). "Dinosaur distribution (Late Cretaceous, North America)." In: Weishampel, David B.; Dodson, Peter; and Osmólska, Halszka (eds.): The Dinosauria, 2nd, Berkeley: University of California Press, pp. 574-588. ISBN 0-520-24209-2.
  3. ^ a b c Eberth, D.A. 2005. The geology. In: Currie, P.J. and Koppelhus, E.B. (eds), Dinosaur Provincial Park: A Spectacular Ancient Ecosystem Revealed. Indiana University Press, Bloomington and Indianapolis, p. 54-82. ISBN 0-253-34595-2.
  4. ^ Mossop, G.D. and Shetsen, I., (compilers), Canadian Society of Petroleum Geologists (1994年). “The Geological Atlas of the Western Canada Sedimentary Basin, Chapter 24: Upper Cretaceous and Tertiary strata of the Western Canada Sedimentary Basin”. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月1日閲覧。