フォッケ・アハゲリス

フォッケ・アハゲリス (Focke-Achgelis) は、1937年ドイツで設立され、第二次世界大戦終了時まで活動したヘリコプター製造会社である。

フォッケ・アハゲリス
Focke-Achgelis
業種 航空機産業軍需産業
設立 1937年 (84年前) (1937)
創業者 ハインリヒ・フォッケ
ゲルト・アハゲリス英語版
解散 1944年 Edit this on Wikidata
本社
製品 ヘリコプター回転翼機

概要編集

1923年にゲオルク・ウルフ(ドイツ語版英語版)と共に航空機メーカーのフォッケウルフを設立したハインリヒ・フォッケであったが、テスト飛行中の事故でウルフを失った事や、ナチス政権からの干渉に嫌気がさし、1936年にフォッケウルフを退社した。しかし、フォッケの設計した世界初の実用的ヘリコプターであるFw 61 (Fa 61)[1]に感銘を受けたドイツ航空省(RLM)は彼にヘリコプター専門の開発会社を設立するよう勧め、700 kg(1,500 lb)の積載容量を持つヘリコプターの要求仕様を提示した。

ハインリヒ・フォッケは1937年4月27日にテストパイロットのゲルト・アハゲリス英語版と共同でフォッケ・アハゲリス (Focke-Achgelis & Co. G.m.b.H.)をニーダーザクセン州ホイケンカンプ英語版に設立し[2]1938年よりデルメンホルスト市で開発作業を始めた。

開発機種編集

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集