フォッサ(Cryptoprocta ferox)は、哺乳綱食肉目マダガスカルマングース科フォッサ属に分類される食肉類。本種のみでフォッサ属を構成する[5]

フォッサ
フォッサ
フォッサ Cryptoprocta ferox
保全状況評価[1][2][3]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: マダガスカルマングース科 Eupleridae
亜科 : コバマングース亜科 Euplerinae
: フォッサ属
Cryptoprocta Bennett, 1833[4]
: フォッサ C. ferox
学名
Cryptoprocta ferox Bennett, 1833[3][4][5]
和名
フォッサ[5][6][7][8]
英名
Fossa[3][4][5][7][8]

分布域

目次

分布編集

形態編集

体長61 - 80センチメートル[7]。尾長65 - 90センチメートル[7]。肩高37センチメートル[5][7]体重オス6 - 12キログラム、メス5 - 7キログラム[7]。マダガスカルに分布する食肉目では最大種[7][8]。体形は長い[5][7]。頭部はやや短い[5]。頭部の形状は角張る[7]。全身は短く柔らかい体毛が密生する[7]。背面は赤褐色や暗褐色、腹面はクリーム色[7]

眼は大型[5][8]。眼は顔の正面に位置する[7][8]。耳介は丸みを帯びる[5][7][8]。口髭の長さは、頭長とほぼ同程度に達する[5][7]。歯列が門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下6 - 8本、大臼歯が上下2本の計32 - 36本の歯を持つ[5]裂肉歯が発達する[7][8]。四肢は短い[5][7]。足裏にはほぼ体毛がなく、樹上での生活に適していると考えられている[5]。指趾には小型の爪があり、爪を収納する鞘がないものの自由に出し入れができる[5][7][8]。指趾には水掻きがある[7][8]。胸部には臭腺が発達する[5]。肛門周辺の臭腺(肛門腺)が発達し[7][8]、肛門が隠れる[5]。属名Cryptoproctaは古代ギリシャ語で「隠れた肛門」の意[5]染色体の数は42[5]

出産直後の幼獣は体重100 - 150グラム[7]。体色は白や灰色[5]。オスは陰茎骨があり[8]陰茎は長く亀頭表面に刺が並ぶ[5]。乳首の数は6個で、脇の下や胸部・腹部に左右に1つずつある[5]陰核は大型で、陰核骨がある[5]子宮は左右に完全に分かれる(重複子宮)[5]

分類編集

古くは形態からネコ科に分類されていたこともある[5][8]

生態編集

標高2,600メートル以下の熱帯雨林サバンナなどに生息する[7]。一方で標高1,500メートル以上でみられることはまれとされる[3]。樹上棲だが[5][8]、地表でも活動する[7]夜行性だが[8]、昼間に活動することもある[7]。木の股で休むが、洞窟で休むこともある[7]。単独で生活する[5]。足裏全体を接地して移動する(蹠行性)[8]

キツネザル類や齧歯類・テンレック類などの哺乳類、鳥類爬虫類カエル昆虫などを食べる[5]。獲物を前肢で捕らえ[8]、後頭部や喉に噛みついて仕留める[7]。キツネザル類などの大型の獲物を、2頭で協力して捕らえることもある[7]

繁殖様式は胎生。9 - 11月に交尾を行う[7]。妊娠期間は90日[5]。シロアリの蟻塚などの中で出産する[5][7]。1回に2頭(まれに3 - 4頭)の幼獣を産む[7]。幼獣は生後16 - 25日で開眼する[8]。授乳期間は約4か月[8][7]。飼育下では3 - 4年で性成熟した例がある[7]。寿命は20年[5][7]

人間との関係編集

和名や英名はマダガスカルでの呼称に由来する[5]

生息地では食用とされることもあり[5]、部位によっては伝統的に薬用になると信じられている[3]

民家やテント・家禽小屋に侵入し、家禽を襲うこともある[7]

森林伐採や農地開発による生息地の破壊、狩猟、害獣としての駆除などにより生息数は減少している[3]。1977年にワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

飼育施設編集

日本では唯一恩賜上野動物園がフォッサを飼育展示している[9](2014年現在)

画像編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 01/08/2018)
  2. ^ a b UNEP (2018). Cryptoprocta ferox. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 01/08/2018)
  3. ^ a b c d e f g Hawkins, F. 2016. Cryptoprocta ferox. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T5760A45197189. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T5760A45197189.en. Downloaded on 01 August 2018.
  4. ^ a b c d W. Christopher Wozencraft, "Order Carnivora". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Volume 1, Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 532-628.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 祖谷勝紀・伊東員義 「ジャコウネコ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、78-118頁。
  6. ^ 川田伸一郎, 岩佐真宏, 福井大, 新宅勇太, 天野雅男, 下稲葉さやか, 樽創, 姉崎智子, 横畑泰志 「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag 小原秀雄 「フォッサ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ8 太平洋、インド洋』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2001年、161-162頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Chiris Wemmer 「ジャコウネコとジェネット」「フォッサ」古屋義男訳『動物大百科 1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社1986年、152-159,161頁。
  9. ^ 東京都恩賜上野動物園「マダガスカル島最大の肉食獣 フォッサ日本初公開!!」[リンク切れ]

関連項目編集