メインメニューを開く

フォビドゥンガンダム(FORBIDDEN GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の「地球連合軍」が生体CPUブーステッドマン」用に開発した3機の1機で、「シャニ・アンドラス」の搭乗機として劇中後半より登場する。展開式の巨大なバックパックと死神を思わせる大鎌が特徴で、敵のビームの軌道を逸らして回避する特殊な防御システムを搭載している。「フォビドゥン」は英語で「禁断」、「禁忌」を意味する。

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、関連作品に登場する派生機についても解説する。

機体解説編集

諸元
フォビドゥンガンダム
FORBIDDEN GUNDAM[1]
型式番号 GAT-X252[1]
分類 X200系[2]
突撃・強襲用MS[3]
全高 17.47m[1]
重量 85.33t[1]
装甲材質 トランスフェイズ装甲[1]
動力源 バッテリー[4]
武装
  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
  • 115mm機関砲「アルムフォイヤー」×2
  • 88mmレールガン「エクツァーン」×2
  • 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
  • 重刎首鎌「ニーズヘグ」
特殊装備 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
搭乗者 シャニ・アンドラス

デトロイトに本拠を置くアズラエル財団傘下の国防連合企業体が[5]、前期GAT-Xシリーズのデータを基に開発した後期GAT-Xシリーズ3機中の1機で、地球連合軍に所属する。GAT-X207 ブリッツと同系のX200番台フレームを採用した突撃・強襲用MS[3]

同系列のブリッツ同様、単独で敵地に侵入し味方の活路を開くことをコンセプトとする[3]。ブリッツでは隠密性によって電撃侵攻することを主眼としているが、そのミラージュコロイド・ステルスがPS装甲との併用が不可能であった点と、稼働時間を短くするデメリットを持っていたことからフォビドゥンでは敵の攻撃を無効化する事で同様の戦術を行うアプローチがなされた[3]。実体弾を無力化するトランスフェイズ装甲と、ビームを屈折・偏向させる特殊兵装「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」を装備する[3][注 1]。その対ビーム特性からフォビドゥン(禁断)の名を持つ[7]。 本機はその運用力を高めるべく、機体本体はシンプルな構成として高い運動性を保持しつつ[1]、兵装・大容量エネルギーパック・スラスターといった装備群をバックパックに集約する独自のコンセプトを持っている[1]

背部のバックパックを上半身に被る事で高速強襲形態となり、遠距離での装備が充実する同形態での機動力と防御力によって敵機に接近。通常形態においてはニーズヘグによる近距離戦で撃破する戦法を確立している[3][注 2]。バックパックは強大な推進力によって大気圏内においても優れた航空能力を発揮する[4]だけでなく、耐圧機能に優れ、水中での行動も可能としている[1]

武装編集

誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
バックパック先端部に内蔵された高出力ビーム砲。ゲシュマイディッヒ・パンツァーの技術を応用したもので[10]、エクツァーン砲身に設置された誘導装置の磁場干渉によって、ビームの軌道を自在に偏向する事が出来る[10][注 3][注 4]。「フレスベルグ」は北欧神話で伝えられる風を巻き起こす鷲の姿をした巨人「フレズベルク」に由来する。
重刎首鎌(じゅうふんしゅれん)「ニーズヘグ」
格闘戦用の打突用スピア付き[1]巨大鎌。その刀身にはグレイブヤードからもたらされた特殊精錬技術が用いられていると伝えられる[10]。実体兵器ゆえPS装甲には通用しないが[4]、通常装甲への切れ味は鋭く[4]オーブ海軍の護衛艦の艦橋を切り落とすほどである[3]。「ニーズヘグ」は北欧神話で伝えられる世界樹ユグドラシルの根を噛む蛇の名「ニーズヘッグ」に由来する。
88mmレールガン「エクツァーン」
バックパック両側に設置された可動式レールガン。「フレスベルグ」の弾道を曲げるための磁場発生器としての役割も持つ[10]。「エクツァーン」はドイツ語で「犬歯」の意。
115mm機関砲「アルムフォイヤー」
両腕内蔵の大口径機関砲。固定火器であるため、他の武装を保持したままでの使用が可能。PS装甲を搭載しないMS相手ならば撃破し得る威力を持っている[3]。「アルム」はドイツ語で「腕」、「フォイヤー」は、「火」の意。
75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
連合軍及びオーブ国防軍の戦艦、MSに標準装備される近接防御機関砲。主にミサイル等の迎撃用として使われるが[1]、ニーズヘグで対処できない間合いの敵に対する牽制としても機能する[3]
エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
ブリッツの「ミラージュコロイド」の原理を応用した対ビーム防御システム[10]。ミラージュコロイドのミストを周囲に噴霧し[3]、バックパック両側の可動装甲の表面に発生させた磁場でビームの粒子を歪曲させ、自機への命中を避ける[10]。あくまで対ビーム用なので実体兵器の歪曲はできない[注 5](パンツァー自体にはTP装甲が施されているため、シールドとして実体兵器を防御する事は可能[1])。また、本体への密着状態から放たれたビームを曲げる事は原理的に不可能なため、接近戦に対する効果は限定される[12][注 6]。電力を多く消費するシステムであるが[13]、稼働における電力は新型の大容量ジェネレーターによって賄われる[14]。バックパックには散布したミラージュコロイドを制御する電波発生機能を持つため[3]、ビームの屈曲方向はある程度コントロール可能。『機動戦士ガンダムSEED』アニメーション第47話(リマスター版45話)においては強襲形態のほか、通常形態でも使用する描写が見られた。後に、この技術を応用した軌道間全方位戦略砲レクイエムが建造されている。「ゲシュマイディッヒ」はドイツ語で「柔軟な」、「パンツァー」は「装甲」の意。

劇中での活躍編集

連合軍の強化パイロット「ブーステッドマン」のシャニ・アンドラスが搭乗する。同僚のオルガ・サブナッククロト・ブエルが搭乗するカラミティレイダーと共に、オーブ解放作戦以降、幾度と無くフリーダムジャスティスと互角の戦いを繰り広げた。

ボアズ攻略戦では、フレスベルグの一撃で複数のジンゲイツを撃墜する活躍を見せている。

第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において、デュエルバスターの連携攻撃に立ち向かい、デュエルアサルトシュラウドにフレスベルグを直撃させて撃破したかに見えたが、アサルトシュラウドの追加装備をパージし、機体の破損を免れたデュエルに接近を許し、二刀流のビームサーベルで両腕とエクツァーンを切断された後にコクピットを貫かれ撃墜された。

フォビドゥンブルー編集

諸元
フォビドゥンブルー
FORBIDDEN BLUE[15]
型式番号 GAT-X255[15]
分類 水中機動試験型[15]
全高 17.47m[4]
装甲材質 トランスフェイズ装甲[16]
動力源 バッテリー[4]
武装
  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
  • 115mm機関砲「アルムフォイヤー」×2
  • スーパーキャビテーティング魚雷キャニスターポッド×2
  • 装甲内蔵式重刎首鎌「ニーズヘグ」×4
  • フォノンメーザー砲
  • テイルエクステンション
  • トライデント
特殊装備 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
搭乗者 ジェーン・ヒューストン

ガンダムSEED MSV』に登場。ザフトグーンゾノに対し水中戦で大きく遅れを取っていた連合軍が、フォビドゥンをベースに開発した初の水中戦用MS。

本機は機体そのものに耐圧殻を持たず、耐圧を「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」のみに依存している。これはゲシュマイディッヒ・パンツァーの力場によって周囲の水分子に干渉して水圧や抵抗を減免するという機構で、理論上は力場の展開が持続される限り無制限に潜航深度を増す事が可能。水中での最高速度は100ノットを上回る[15]。しかし、深海で機体のエネルギーが無くなりゲシュマイディッヒ・パンツァーによる耐圧とTP装甲が機能停止すると、水圧により機体が瞬時に圧壊する危険性がある。このためテストパイロットからは「フォビドゥン・コフィン(禁断の棺桶)」と呼ばれた[15]。武装は水中での戦闘を考慮し、それに合わせたもので構成されている[15]

ジェーン・ヒューストンらにより試験・開発が進められ[17]、合計4機が製造されている[15]。後に制式機であるディープフォビドゥンの開発ベースとなった。ジェーンの搭乗したフォビドゥンブルーは、ディープフォビドゥンの開発と同時に改修が加えられ、ゲシュマイディッヒ・パンツァーに依存しなくても、かなりの深度における水圧にも耐えられる様になっている。この事で、バッテリーの消耗にも、大きな節約となっている[要出典]

武装・装備編集

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
原型機に装備されたものと同一
115mm機関砲「アルムフォイヤー」
原型機に装備されたものと同一。イーゲルシュテルンとともに浮上時の揚陸戦を想定し残されたものであるが、マズル内部に自動防水キャップが新設されている[15]
スーパーキャビテーティング魚雷キャニスターポッド
バックパック両側[注 7]に装備される。ポッドは三種類のバリエーションがある[15]
装甲内蔵式重刎首鎌「ニーズヘグ」
原型機では鎌状の装備であったが、ゲシュマイディッヒパンツァー内部に2枚ずつ収納されている。使用時は鋏状に展開される。
フォノンメーザー
フレスベルグに代わり、バックパック先端に装備されている。陸でも使用可能[18]
テイルエクステンション
アンカー(イカリ)、超長波アンテナ、曳航ソナー・アレイを内蔵した複合ユニット。更にこれを回転させる事で推力を得るプランも存在したが不採用となっている[15]
トライデント[1]
フォビドゥンブルーとその系列機の携行装備。
エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
本機では耐圧用装甲アレイとも呼称される[19]。シールド部は原型機のGAT-X252 フォビドゥンと異なり、至近距離で対艦刀のレーザー刃を拡散する効果も得ている[18]

劇中の活躍編集

ジェーンは本機に搭乗し、ザフト軍水中MS部隊に対して大きな戦果を挙げた。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」では南アメリカ独立戦争においてもジェーン機が活躍。不得意な陸上戦でエドワード・ハレルソンの搭乗するソードカラミティと交戦した。後に、南アメリカ軍の主力として、地球連合軍のディープフォビドゥン部隊を相手に戦闘を行っている。
またロンド・ミナ・サハクの元にあるオーブの宇宙ステーション「アメノミハシラ」にソードカラミティレイダー制式仕様ロングダガーと共にあるのが確認されている。

ディープフォビドゥン編集

諸元
ディープフォビドゥン
DEEP FORBIDDEN[4]
型式番号 GAT-706S[4]
全高 17.20m[4]
重量 80.40t[4]
装甲材質 トランスフェイズ装甲[20][注 8]
チタニウム耐圧殻[21]
動力源 バッテリー[4]
武装
  • スーパーキャビテーティング魚雷キャニスターポッド×2
  • 装甲内蔵式重刎首鎌「ニーズヘグ」×4
  • フォノンメーザー砲
  • テイルエクステンション
  • 腕部オプションラッチ×2
  • 脚部オプションラッチ×2
  • トライデント
特殊装備 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
搭乗者 ジェーン・ヒューストン[21]

『SEED MSV』に分類されている。フォビドゥンブルーの実働データを元に製造された制式仕様。コクピット周辺にチタン合金製の耐圧殻を採用する事で、試作機の問題点であった緊急時の耐圧性を改善している[21]。開発の折にはジェーン・ヒューストンも参加した[22]。前大戦後期の地球連合の量産機の多くが105ダガーをベースにしていたのに対し、本機は主戦場が水中という事からX100系ではない新規設計による機体となっている[19]。武装構成はほぼフォビドゥンブルーを踏襲するが、頭部イーゲルシュテルンと腕部アルムフォイヤーは省略されている。ただし、腕部にはハードポイントが存在するため、任務によっては火器を増設する事もある[20]

CE71年6月30日ロールアウト[20]第二次カサブランカ沖海戦において、少数ながらも実戦投入され、ザフトの水中戦用MS部隊を壊滅させる戦果を収めた。この戦闘から、水中戦用MSの戦闘力は地球連合軍の方が上である事が証明され、この一方的な戦果にザフト軍は危機感を抱き、アビスアッシュの開発に着手した。

フォビドゥンヴォーテクス編集

諸元
フォビドゥンヴォーテクス
Forbidden Vortex
型式番号 GAT-707E
全高 17.47m
装甲材質 トランスフェイズ装甲
チタニウム耐圧殻
動力源 バッテリー
武装
  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
  • 115mm機関砲「アルムフォイヤー」×2
  • スーパーキャビテーティング魚雷キャニスターポッド×2
  • 装甲内蔵式重刎首鎌「ニーズヘグ」×4
  • フォノンメーザー砲
  • テイルエクステンション
  • トライデント
特殊装備 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場。フォビドゥンブルーを制式採用した機体[2]。量産化に伴いディープフォビドゥンからの技術フィードバックが行われ[2]、装甲はTP装甲に加え、胴体周辺にはチタニウム耐圧殻を採用し、潜行深度の向上及び潜水時間の延長が図られている[2]

ヘブンズベース攻防戦において、反ロゴス同盟軍の水中部隊を圧倒する。しかし、次第に物量に押され、グーンの魚雷やゾノのフォノンメーザー砲の連携攻撃によって撃破されている。

なお、Vortexは英語で「渦」を意味する。

設定画はフォビドゥンブルーの転用であり、公式サイト「GUNDAM SEED DESTINY WEB」では機体名もフォビドゥンブルーのままになっている。

ロートフォビドゥンガンダム編集

諸元
ロートフォビドゥンガンダム[23][注 9]
ROT FORBIDDEN GUNDAM[23][注 10]
型式番号 GAT-X252R[23]
全高 17.47m[23]
重量 119.46t[23]
装甲材質 トランスフェイズ装甲
動力源 バッテリー
武装
  • 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
  • 115mm機関砲「アルムフォイヤー」×2
  • 88mmレールガン「エクツァーン」×2
  • 拡散ビーム砲×2
  • 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
  • 重刎双首鎌「ツインニーズヘグ」
特殊装備 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』に登場。アクタイオン・インダストリー社所属のエンジニアであるヴァレリオ・ヴァレリ(通称ダブルブイ)が、「アクタイオン・プロジェクト」の構想を基に開発した後期GAT-Xシリーズの発展機。

本機は量産型のフォビドゥンヴォーテクスを設計母体としている。「ベース機の能力を2倍に増強しつつ弱点もカバーする」というダブルブイの共通コンセプトに基づき、武装を大幅に強化している[23]。ブラウカラミティガンダムやゲルプレイダーガンダムとの三機での運用を前提としており、ブラウカラミティガンダムが「攻撃」、ゲルプレイダーガンダムが「撹乱」を担当しているのに対し、ロートフォビドゥンガンダムは「防御」を担当している[25]。後に人工知能80及びトリオシステムを搭載し無人機として機能している[26]

武装(ロート)編集

拡散ビーム砲
強襲形態用の迎撃武装。バックパックのフレスベルグとエクツァーンの間に計2門を装備する。
誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
原型機よりも大口径・高出力化され、砲身長も延長されている。
重吻双首鎌「ツインニーズヘグ」
柄の両側に刃を付けた左右対称の形状となり、先端のスピアーも2本に増設されている。
エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」
フロントスカートと脚部にもミラージュコロイドの噴出装置が増設され、機体の全方位に対ビーム磁場を展開することができる。当初は4枚に増設する予定だったが、エネルギー出力係数の観点から宇宙艦艇に用いられている対ビーム用粒子の放出装置を増設し効果を増強することで解決している[23]

備考編集

本機は、モデラーのセイラマスオが制作したモデルそのものが公式設定のデザインとなっている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ただし、後期GAT-Xにおいては省電力の観点から、TP装甲の採用部位はコクピット周辺部のバイタルパート等に限定される[6]。フォビドゥンでは加えて、ゲシュマイディッヒ・パンツァーの装甲部にもTP装甲を施している[1]
  2. ^ バックパックを「リフター」と記述した資料も見られる[8]。高速強襲形態では背部の装備をすべて使用可能としているが、その反面、腕部の可動域が狭まる事からアルムフォイヤーやニーズヘグの使用には適さない[9]
  3. ^ CEにおいては砲身の向きから照準を予測し、ビーム砲撃を回避するテクニックが定石となっている。その対処のため、このような曲射ビーム砲が開発された[11]
  4. ^ 尚、『ガンダムSEED』アニメーション作中では一度のビーム発射につき一方向の曲射しか行っていない。
  5. ^ 『機動戦士ガンダムSEED 』第49話(リマスター版第47話)においてはバスターの実弾攻撃を受けている。
  6. ^ そのため、ビームブーメランのように投擲したビーム発生器が零距離で攻撃を与える兵装を防ぐことはできない[12]
  7. ^ 原型機ではエクツァーンが装備されていた個所
  8. ^ トランスフェイズ装甲が廃止されたと記述した資料もみられる[4]
  9. ^ 「ロートフォビドゥン」と記述した資料もみられる[24]
  10. ^ 「ROT FORBIDDENt」と記述した資料もみられる[24]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年7月1日初版発行、90-93頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  2. ^ a b c d 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、7頁および108頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol3』講談社、2003年9月9日第一版発行、10-11頁。(ISBN 4-06-334770-2)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日、48-51頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  5. ^ 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、162-167頁。(ISBN 978-4812426876)
  6. ^ 『機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、54頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEEDモデルVOL.4 紅の炎編』ホビージャパン、2004年9月、51頁。(ISBN 4-89425-347-X)
  8. ^ 『月刊ガンダムエース2004年11月号増刊 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 公式最速ガイド』 角川書店、2004年9月、68頁。
  9. ^ 『テレビマガジン特別編集エクストラ機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY MOBILE SUIT FILE』 講談社、2005年5月、22-23頁。ISBN 4-06-179152-4
  10. ^ a b c d e f 『1/144 HG フォビドゥンガンダム』バンダイ、2003年8月発売、組立説明書。
  11. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2005年6月発売、231-232頁。(ISBN 4-04-471701-X)
  12. ^ a b 後藤リウ『機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ』角川スニーカー文庫、2004年2月1日初版発行、158頁。(ISBN 4-04-429105-5)
  13. ^ 森田繁「SEEDの理」『月刊ニュータイプ』2004年2月号、角川書店、36-39頁。
  14. ^ 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、162-167頁。(ISBN 978-4812426876)
  15. ^ a b c d e f g h i j 『機動戦士ガンダムSEEDモデル VOL.3 SEED MSV編』ホビージャパン、2004年5月31日初版発行、93-94頁および142頁。(ISBN 4-89425-336-4)
  16. ^ 『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月、479頁。(ISBN 978-4048650960)
  17. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、159頁。(ISBN 4-89425-415-8)
  18. ^ a b ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川書店、2005年1月発売、101-102頁。(ISBN 9784047137080)
  19. ^ a b 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝』メディアワークス、2007年8月15日初版発行、38-39頁。(ISBN 978-4-8402-3907-3)
  20. ^ a b c 『電撃ホビーマガジン』2004年7月号、メディアワークス、44頁。
  21. ^ a b c 『月刊ガンダムエース』2004年7月号、角川書店、110-111頁。
  22. ^ 『月刊ガンダムエース』2004年6月号、角川書店、133-136頁。
  23. ^ a b c d e f g 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R ターンレッド編』ホビージャパン、2014年12月18日初版発行、50-51頁。(ISBN 978-4-7986-0934-8)
  24. ^ a b 『機動戦士ガンダム MS大全集2015』メディアワークス、2015年6月、183頁。(ISBN 978-4048650960)
  25. ^ 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R ターンレッド編』ホビージャパン、2014年12月18日初版発行、23頁。(ISBN 978-4-7986-0934-8)
  26. ^ 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R ターンレッド編』ホビージャパン、2014年12月18日初版発行、27頁。(ISBN 978-4-7986-0934-8)

関連項目編集