メインメニューを開く

フォリー・ベルジェールのバー

フォリー・ベルジェールのバー』(Un bar aux Folies Bergère)は、エドゥアール・マネ油絵である。マネが完成させた最後の主要作品でもある。1882年に、サロン・ド・パリに出品された。[1]

『フォリー・ベルジェールのバー』
フランス語: Un bar aux Folies Bergère
Edouard Manet 004.jpg
作者 エドゥアール・マネ
製作年 1882年
種類 油彩
寸法 92 cm × 130 cm (36 in × 51 in)
所蔵 コートールド・ギャラリーロンドン

ミュージックホールフォリー・ベルジェール』にあるバーが描かれている。当時、フォリー・ベルジェールではバレエや曲芸などが行われており、絵の左上には空中ブランコに乗った人物の足が見える。うつろな表情のバーメイド娼婦であることを、カウンターにあるオレンジの入った皿が暗示する。実際、フォリー・ベルジェールが娼婦を抱える施設であることは広く知られており、モーパッサンはバーメイドを「酒と愛の売り子」と表現している。当時の風俗が写実的に描かれ、上流階級から下層階級まで、時代の明と暗を表現した作品である。マネは何度もフォリー・ベルジェールへ足を運び、最終的には、シュゾンという名のバーメイドを自宅へ招き、カウンターの一部を再現して、絵を完成させた。

中央に描かれたバーメイドの後ろに鏡があり、そこに写るミュージックホールの様子が描かれている。ベラスケスの「ラス・メニーナス」を意識したとされる。[2]

この絵は、発表直後から、多くの批評家を困惑させた。鏡の位置の不確かさ、バーメイドの後姿が右へずれていること、バーメイドが応対している紳士が手前には存在しないこと、カウンターに置かれたビンの位置と数に相違がある、等である。[3]だが、2000年に復元された劇場で撮影された写真により、この絵の不自然ではないことが判明している。バーメイドは紳士とは向き合っておらず、紳士は画面の左側にいるために描かれていない。鑑賞者はバーメイドの正面ではなく、すこし離れた右側に立っている。したがって、バーメイドは少し左を向いている。[4]

この絵はマネの隣人の作曲家エマニュエル・シャブリエが所有していたが、現在はロンドンのコートールド・ギャラリーが所蔵している。

脚注編集

外部リンク編集