メインメニューを開く

フォルティフォルケプス

フォルティフォルケプスFortiforceps[1])は、カンブリア紀に生息していた澄江動物群の1つ。大付属肢をもつ化石節足動物Megacheira類の1属である。

フォルティフォルケプス
生息年代: 516–513 Ma
20191025 Fortiforceps foliosa.png
フォルティフォルケプスの復元図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代カンブリア紀
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: †(和訳なし) Megacheira
: フォルティフォルケプス目 Fortiforcipida
: フォルティフォルケプス科 Fortiforcipidae
: フォルティフォルケプス属 Fortiforceps
学名
Fortiforceps
Hou and Bergström 1997[1]
タイプ種
Fortiforceps foliosa
Hou and Bergström 1997[1]

形態編集

体は頭部と細長い胴部からなり、付属肢関節肢)を除いて体長4cmとなる[2]。頭部は1枚の短い背甲に覆われ、前端には「anterior sclerite」という1枚の小さな甲皮らしき構造がり、眼柄に備わる大きな複眼と「frontal protuberances」という棍棒状の構造体はそこから張り出している[3]大付属肢は6節からなり、基部の2節は頑丈な柄部で、残りの4節は嚙み合わせる爪が1節に1本ずつある[2]。大付属肢の直後には胴部のものに似通った3対の付属肢がある。一連の背板に覆われる胴部はおよそ20節からなり、繊毛をもったヒレ状の外肢と多数の節をもつ長い内肢からなる二叉型付属肢が1節に1対ずつある[2]。尾部は3枚の構造体からなり、中心は細い尾節で、左右の付属肢は扇状に広げ、外縁は外肢のように繊毛がある[2][4]

本属の一部の特徴、特に大付属肢より前の位置に備わる「frontal protuberances」という構造体の正体が疑問視される。この構造体の本質は、Megacheira類の基本体制の解釈に影響を与える可能性がある(詳細はMegacheira#疑問視される種類を参照)。原記述ではこれは付属肢で、棍棒状の触角(中大脳性で、頭部第1体節の付属肢)である可能性を取り上げた[1]が、この構造体の存在を否定する見方もある[5]。後に新たな化石標本によってこの構造体は確実に存在していると分かったが、Megacheira類の大付属肢は中大脳性の付属肢であることが解明されるように至り、これは付属肢として認められにくい[6]。似たような構造体をもつ他のMegacheira類は、Kootenichela deppiWorthenella cambria が挙げられる[6]

生態編集

多くのMegacheira類と同様、フォルティフォルケプスはヒレ状の外肢で遊泳をし、大付属肢で獲物を獲る捕食者であったと考えられる[2]

分類編集

Megacheira綱に分類されるフォルティフォルケプス属は Fortiforceps foliosa 1種のみによって知られる[7]。フォルティフォルケプス・ジェンフェンギアTanglangiaという3種類のMegacheira類は、実は同種ではないかという提唱もある[2][8]

脚注編集

  1. ^ a b c d Arthropods of the Lower Cambrian Chengjiang Fauna, Southwest China | Wiley” (英語). Wiley.com. 2019年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Xian-Guang, Hou; Siveter, David J.; Siveter, Derek J.; Aldridge, Richard J.; Pei-Yun, Cong; Gabbott, Sarah E.; Xiao-Ya, Ma; Purnell, Mark A. et al. (2017-04-24) (英語). The Cambrian Fossils of Chengjiang, China: The Flowering of Early Animal Life. John Wiley & Sons. ISBN 9781118896389. https://books.google.com.tw/books?id=2YWhDgAAQBAJ&pg=PA176&lpg=PA176&dq=Fortiforceps&source=bl&ots=VDr0_7bUex&sig=ACfU3U1cVKB-MLoJ2Tusm1rWWWck0S4iBg&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjOiovCpLblAhV8yIsBHetDDioQ6AEwEnoECAkQAQ#v=onepage&q=Fortiforceps&f=false. 
  3. ^ Strausfeld, Nicholas J.; Ma, Xiaoya; Edgecombe, Gregory D.; Fortey, Richard A.; Land, Michael F.; Liu, Yu; Cong, Peiyun; Hou, Xianguang (2016-3). “Arthropod eyes: The early Cambrian fossil record and divergent evolution of visual systems” (英語). Arthropod Structure & Development 45 (2): 152–172. doi:10.1016/j.asd.2015.07.005. https://www.researchgate.net/publication/281055144_Arthropod_Eyes_The_Early_Cambrian_Fossil_Record_and_Divergent_Evolution_of_Visual_Systems. 
  4. ^ Liu, Yu; Hou, Xian-Guang; Bergström, Jan (2007-9). “Chengjiang arthropod Leanchoilia illecebrosa (Hou, 1987) reconsidered” (英語). GFF 129 (3): 263–272. doi:10.1080/11035890701293263. ISSN 1103-5897. https://www.researchgate.net/publication/258447213_Chengjiang_arthropod_Leanchoilia_illecebrosa_Hou_1987_reconsidered. 
  5. ^ Chen, Jun-Yuan; Waloszek, Dieter; Maas, Andreas (2004-01-01). “A new ‘great-appendage’ arthropod from the Lower Cambrian of China and homology of chelicerate chelicerae and raptorial antero-ventral appendages”. Lethaia 37. https://www.researchgate.net/publication/263529976_A_new_'great-appendage'_arthropod_from_the_Lower_Cambrian_of_China_and_homology_of_chelicerate_chelicerae_and_raptorial_antero-ventral_appendages. 
  6. ^ a b Ortega-Hernández, Javier; Janssen, Ralf; Budd, Graham E. (2017-05-01). “Origin and evolution of the panarthropod head – A palaeobiological and developmental perspective”. Arthropod Structure & Development 46 (3): 354–379. doi:10.1016/j.asd.2016.10.011. ISSN 1467-8039. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916301669. 
  7. ^ Fossilworks: Fortiforceps”. fossilworks.org. 2019年10月26日閲覧。
  8. ^ Liu, Yu; Hou, Xian-Guang; Bergström, Jan (2007-9). “Chengjiang arthropod Leanchoilia illecebrosa (Hou, 1987) reconsidered” (英語). GFF 129 (3): 263–272. doi:10.1080/11035890701293263. ISSN 1103-5897. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/11035890701293263. 

関連項目編集