メインメニューを開く

フォワ賞(フォワしょう、Prix Foy)とはフランスギャロパリロンシャン競馬場2400メートルで施行する競馬G2競走である。出走条件はサラブレッド4歳以上牡牝馬であり、凱旋門賞の3週間前に古馬に対する前哨戦として開催されている。

フォワ賞
Prix Foy
開催国 フランスの旗フランス
主催者 フランスギャロ
競馬場 パリロンシャン競馬場
創設 1955年
2014年の情報
距離 芝2400m
格付け G2
賞金 賞金総額13万ユーロ[1]
出走条件 サラブレッド4歳以上牡馬牝馬
負担重量 58kg、牝馬1.5kg減
テンプレートを表示

概要編集

前年に亡くなったアンリ・フォワ男爵[† 1]を記念してアンリ・フォワ賞として1955年に創設される。1969年から現在の競走名に変更された。1971年グループ制導入時はグループ3に格付けされ、1998年からグループ2に格上げされている。

凱旋門賞へのプレップレースとして位置付けられており本番と同じ競馬場・同じ距離で開催されているが、1992年の2着馬スボーティカ(Subotica)以降は、同競走出走馬から凱旋門賞優勝馬が出ていない状況にあったが、2019年ヴァルトガイストが27年ぶりにフォア賞経由で凱旋門賞制覇を果たした。

1998年にはヘクタープロテクターを父に持つ日本産馬、リムノスが優勝している。

2011年度現在の総額賞金は13万0000ユーロで優勝賞金は7万4100ユーロ、2着賞金は2万8600ユーロ、3着賞金は1万3650ユーロ、4着賞金は9100ユーロ、5着賞金は4550ユーロと定められている[3]

歴史編集

  • 1955年 - 出走条件3歳以上の2,300メートル競走として創設。
  • 1961年 - 施行距離を2,200メートルに短縮。
  • 1967年 - 出走条件を4歳以上に変更。
  • 1971年
    • グループ制の導入に伴い、G3に格付け。
    • 同条件の3歳限定競走であるシャンティイ賞(翌年に改称される現在のニエル賞)と同日開催となる。
  • 1979年 - 施行距離を凱旋門賞と同じ2,400メートルに延長。
  • 1998年 - 格付けがG2に昇格。
  • 1999年 - エルコンドルパサーが優勝。日本調教馬としては史上初。
  • 2012年 - オルフェーヴルが優勝。日本調教馬としては史上2頭目。
  • 2013年 - オルフェーヴルが2連覇、日本調教馬として同一海外重賞競走の連覇は史上2頭目[† 2]
  • 2016年 - 2017年 - シャンティイ競馬場で代替開催。

歴代優勝馬編集

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1955年月日  Norman ノルマン 牡7 J.ドフォルジュ J.カニントンJr.
第2回 1956年月日 Fric フリック 牡4 M.カルマン
第3回 1957年月日 Blockhaus ブロッコース 牡4 J.ドフォルジュ
第4回 1958年月日
第5回 1959年月日 Bel Baraka ベルバラカ 牡4 J.ドフォルジュ
第6回 1960年月日  Suffren スフラン 牡4 Y.サンマルタン C.ブイヨン
第7回 1961年月日  Right Royal ライトロイヤル 牡3 E.ポレ E.クテュリエ
第8回 1962年月日  Exbury エクスビュリ 牡3 J.ドフォルジュ G.ワトソン G.ロスチャイルド男爵
第9回 1963年月日 Misti ミスティ 牡5
第10回 1964年月日  Acer エイサー 牡3 2:25.9 Y.サンマルタン F.マテ
第11回 1965年9月5日  Sigebert シジュベール 牡4 2:25.0 L.フラビアン M.ボナヴァンテュール J.シュテルン夫人
第12回 1966年9月11日  Taneb タネブ 牡3 J.C.デサン J.カニントン Jr B.ローベル
第13回 1967年9月日  Busted バステッド 牡4 2:20.4 N.マーレス S.B.ジョエル
第14回 1968年9月1日  Petrone ペトローヌ 牡4 2:18.8 Y.サンマルタン M.ジルベール D.ウィルデンシュタイン
第15回 1969年9月7日  Park Top パークトップ 牝5 L.ピゴット B.ファン・クッツェム デヴォンシャー公
第16回 1970年9月6日  Lorenzaccio ロレンザッチオ 牡5 2:15.6 L.ピゴット N.マーレス C.セントジョージ
第17回 1971年9月5日  Prominent プロミネント 牡4
第18回 1972年9月10日  Snow Castle スノーキャッスル 牝4 2:27.3 Y.サンマルタン R.ポワンスレ
第19回 1973年9月日  Direct Flight ダイレクトフライト 牡4 2:22.4 H.サマニ F.マテ A.デュプレ
第20回 1974年9月8日  Allez France アレフランス 牝4 2:24.4 Y.サンマルタン A.ペナ(en) D.ウィルデンシュタイン
第21回 1975年9月14日  Allez France アレフランス 牝5 2:24.6 Y.サンマルタン A.ペナ D.ウィルデンシュタイン
第22回 1976年9月12日  Kasteel カスティール 牡4 J-M.シュベルスキー Z.ニーヴェルト
第23回 1977年9月11日  Malacate マラケート 牡4 P.パケ(en) F.ブータン(en) A.D.D.ロジャーズ
第24回 1978年9月10日  Trillion トリリオン 牝4 2:17.1 L.ピゴット M.ジルベール E.L.ステファンソン
第25回 1979年9月9日  Pevero ペヴェロ 牡4 P.パケ F.ブータン G.A.オールドハム
第26回 1980年9月14日  Le Marmot ルマルモ 牡4 2:31.3 P.パケ F.ブータン R.シャフェール
第27回 1981年9月13日  Detroit デトロワ 牝4 2:40.8 P.エデリー O.ドゥイブ R.E.サングスター(en)
第28回 1982年9月12日  April Run エイプリルラン(en) 牝4 2:32.2 L.ピゴット F.ブータン D.ファイヤーストン(en)
第29回 1983年9月11日  Time Charter タイムチャーター(en) 牝4 2:40.6 W.ニューンズ H.キャンディー R.バーネット
第30回 1984年9月9日  Sagace サガス 牡4 2:38.4 Y.サンマルタン P.L.ビアンコーヌ(en) D.ウィルデンシュタイン
第31回 1985年9月8日  Sagace サガス 牡5 2:33.5 Y.サンマルタン P.L.ビアンコーヌ D.ウィルデンシュタイン
第32回 1986年9月14日  Mersey マージー 牝4 Y.サンマルタン P.L.ビアンコーヌ D.ウィルデンシュタイン
第33回 1987年9月13日  Ordinance オーディナンス 牡4 P.エデリー A.ファーブル K.アブドゥッラー
第34回 1988年9月11日  Beeshi ビーシ 牡4 2:34.6 R.クィン(en) P.コール(en) F.ビン・サルマーン(en)[† 3]
第35回 1989年9月17日  Star Lift スターリフト 牡5 2:32.8 D.ブフ A.ファーブル D.ウィルデンシュタイン
第36回 1990年9月16日  In the Wings インザウイングス 牡4 2:31.3 P.エデリー A.ファーブル シェイク・モハメド
第37回 1991年9月15日  Splash of Colour スプラッシュオブカラー 牡4 2:30.1 C.アスムッセン N.クレマン 原田享
第38回 1992年9月13日  Magic Night マジックナイト 牝4 2:40.5 A.バデル P.ドゥメルキャステル 横山秀男
第39回 1993年9月12日  Only Royale オンリーロワイヤル 牝4 2:51.6 R.コクレーン L.クマーニ(en) G.サイナーギ
第40回 1994年9月11日  Richard of York リチャードオブヨーク 牡4 2:34.6 S.ギヨ(en) A.ファーブル シェイク・モハメド
第41回 1995年9月10日  Carnegie カーネギー 牡4 2:35.6 T.ジャルネ(en) A.ファーブル シェイク・モハメド
第42回 1996年9月15日  Swain スウェイン 牡4 2:31.9 T.ジャルネ A.ファーブル シェイク・モハメド
第43回 1997年9月14日  Yokohama ヨコハマ 牡6 2:31.8 O.ドゥルーズ C.ヘッド M.ポールソン(en)
第44回 1998年9月13日  Limnos リムノス 牡4 2:42.3 C.アスムッセン D.セピュルシュル ニアルコス・ファミリー
第45回 1999年9月12日  El Condor Pasa エルコンドルパサー 牡4 2:31.4 蛯名正義 二ノ宮敬宇 渡邊隆
第46回 2000年9月10日  Montjeu モンジュー 牡4 2:32.8 M.キネーン J.ハモンド M.テイバー
第47回 2001年9月16日  Hightori ハイトーリ 牡4 2:30.1 G.モッセ P.ドゥメルキャステル G.タナカ
第48回 2002年9月15日  Aquarelliste アクアレリスト 牝4 2:29.0 D.ブフ E.ルルーシュ ウィルデンシュタイン社
第49回 2003年9月14日  Ange Gabriel アンジェガブリエル 牡5 2:28.6 T.ジャルネ E.リボー A.デヴィン
第50回 2004年9月12日  Policy Maker ポリシーメーカー 牡4 2:38.7 O.ペリエ E.ルルーシュ ウィルデンシュタイン社
第51回 2005年9月11日  Pride プライド 牝5 2:29.2 C.ルメール A.ロワイエ=デュプレ NPブラッドストックLtd.
第52回 2006年9月10日  Shirocco シロッコ 牡5 2:32.9 C.スミヨン A.ファーブル G.フォン・ウルマン
第53回 2007年9月16日  Manduro マンデュロ 牡5 2:28.8 S.パスキエ A.ファーブル G.フォン・ウルマン
第54回 2008年9月14日  Zambezi Sun ザンベジサン 牡4 2:28.8 S.パスキエ P.バリー(en) K.アブドゥッラー
第55回 2009年9月13日  Spanish Moon スパニッシュムーン 牡5 2:28.7 R.ムーア M.スタウト K.アブドゥッラー
第56回 2010年9月12日  Duncan ダンカン 牡5 2:35.9 W.ビュイック J.ゴスデン(en) ノルマンディースタッドLtd.
第57回 2011年9月11日  Sarafina サラフィナ 牝4 2:34.28 C.ルメール A.ロワイエ=デュプレ アーガー・ハーン4世
第58回 2012年9月16日  Orfevre オルフェーヴル 牡4 2:34.26 C.スミヨン 池江泰寿 (有)サンデーレーシング
第59回 2013年9月15日  Orfevre オルフェーヴル 牡5 2:41:47 C.スミヨン 池江泰寿 (有)サンデーレーシング
第60回[4] 2014年9月14日  Ruler Of The World ルーラーオブザワールド 牡4 2:26.93 L.デットーリ A.オブライエン
第61回[5] 2015年9月13日  Postponed ポストポンド 牡4 2:32.88 A.アツェーニ L.Cumani Mohammed Obaid Al Maktoum
第62回[6] 2016年9月11日  Silverwave シルヴァーウェーヴ 牡4 2:32.28 M.ギュイヨン P.Bary
第63回[7] 2017年9月10日  Dschingis Secret チンギスシークレット 牡4 2:35.86 A.デフリース M.Klug
第64回 2018年9月16日  Waldgeist ヴァルトガイスト 牡4 2:28.70 P.ブドー A.ファーブル
第65回[8] 2019年9月15日  Waldgeist ヴァルトガイスト 牡5 2:27.57 P.ブドー A.ファーブル

主な凱旋門賞活躍馬編集

施行年 競走馬 日本語読み 性齢 フォワ賞着順 凱旋門賞着順
1961年 Right Royal ライトロイヤル 牡3 1着 2着
1963年 Misti ミスティ 牡5 1着 3着
1969年 Park Top パークトップ 牝5 1着 2着
1974年 Allez France アレフランス 牝4 1着 1着
1978年 Trillion トリリオン 牝4 1着 2着
1981年 Gold River ゴールドリヴァー 牝4 3着 1着
1983年 All Along オールアロング 牝4 2着 1着
1984年 Sagace サガス 牡4 1着 1着
1985年 Sagace サガス 牡5 1着 2着(1位入線)
1992年 Subotica スボーティカ 牡4 2着 1着
1999年 El Condor Pasa エルコンドルパサー 牡4 1着 2着
2006年 Pride プライド 牝5 3着 2着
2010年 Nakayama Festa ナカヤマフェスタ 牡4 2着 2着
2012年 Orfevre オルフェーヴル 牡4 1着 2着
2013年 Orfevre オルフェーヴル 牡5 1着 2着
2014年 Flintshire フリントシャー 牡4 2着 2着
2017年 Cloth of Stars クロスオブスターズ 牡4 2着 2着
2018年 Cloth of Stars クロスオブスターズ 牡5 3着 3着
2019年 Waldgeist ヴァルトガイスト 牡5 1着 1着
  • 日本調教馬の成績

記録編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 奨励協会(フランスギャロの前身)において、1951年に最古参の会員として第10代会長となり、亡くなるまでその地位にあった。[2]
  2. ^ 1頭目はエイシンプレストン(2002年、2003年クイーンエリザベス2世カップ連覇)。
  3. ^ ジェネラスの馬主として知られるサウジアラビアのファハド王子。

出典編集

  1. ^ ICSC 2014 France2014年12月12日閲覧。
  2. ^ フランスギャロ、フォワ賞の歴史
  3. ^ IFHA、競走詳細
  4. ^ 2014年レース結果 - racingpost、2014年9月15日閲覧
  5. ^ 2015年フォワ賞レーシングポスト、2016年9月12日閲覧
  6. ^ 2016年フォワ賞レーシングポスト、2016年9月12日閲覧
  7. ^ 2017年フォワ賞レーシングポスト、2017年9月11日閲覧
  8. ^ 2019年レース結果”. レーシングポスト (2019年9月15日). 2019年9月15日閲覧。
ウェブサイト
出版物
  • アーサー・フィッツジェラルド『凱旋門賞の歴史 1965〜1982』草野純訳、財団法人競馬国際交流協会、1997年。

関連項目編集

  • ニエル賞 - 本競走と同日、同じ競馬場、距離で行われる3歳馬限定のG2競走。
  • ヴェルメイユ賞 - 本競走と同日、同じ競馬場、距離で行われる3歳以上牝馬限定のG1競走。