メインメニューを開く

フォーカス (バンド)

オランダのプログレッシブ・ロックバンド

フォーカスFocus)は、オランダ出身のプログレッシブ・ロックバンド

フォーカス
Focus
Focus live 2014.jpg
2014年のグループショット
基本情報
出身地 オランダの旗 オランダ
北ホラント州 アムステルダム
ジャンル プログレッシブ・ロック
フュージョン
ハードロック
活動期間 1969年 - 1978年
1985年1990年1999年
2002年 - 現在
レーベル インペリアル・レコード
ポリドール・レコード
サイアー・レコード
アトコ・レコード
EMI
ヴァーティゴ
ムゼア
Red Bullit
Eastworld Recordings
チェリー・レッド・レコード
公式サイト focustheband.com
メンバー タイス・ファン・レール (Key/Vo/Fl)
ピエール・ファン・デル・リンデン (Ds)
メンノ・ホーチェス (G)
ウド・パンネケート (B)
旧メンバー ヤン・アッカーマン (G)
ベルト・ライテル (B)
ほか 別記参照

実力派ギタリスト ヤン・アッカーマンが在籍し、母国のロックバンドとしては「ショッキング・ブルー」らと並んで、最初期に成功したバンドとしても知られる。1970年代で解散していたが、2000年代より正式に活動再開した。

略歴編集

最盛期 (1969年 - 1978年)編集

 
創始者テイス・ヴァン・レール(Key) 1971年11月
 
1974年全盛のグループショット
 
若き日のヤン・アッカーマン(G) 1974年2月

1969年に、タイス・ファン・レール[1]Thijs Van Leerボーカルキーボードフルート)を中心に結成。

1970年にバンドの顔となるギタリストヤン・アッカーマンが加入[2]。同年にアルバム『イン・アンド・アウト・オブ・フォーカス』(オランダ初回盤のタイトルは『Focus Plays Focus』)でデビューした。

1971年に発表された2作目のアルバム『フォーカスII』(インターナショナル盤のタイトルは『ムーヴィング・ウェイヴス』)からシングルカットされた「悪魔の呪文 (Hocus Pocus)」は、ハードでキャッチーなギターのリフと、ヨーデルを用いたボーカルが合体した非常にインパクトの強い楽曲で、世界的なヒットを記録、一躍人気バンドとなる。

1972年のアルバム『フォーカスIII』からのシングル「シルヴィア」は、翌年には全英シングルチャートで4位の大ヒットとなった[3]。当時のイギリスでは絶大な人気を持ち、英メロディ・メーカー誌での人気投票では、それまでの10年間連続でギタリスト部門のトップにいたエリック・クラプトンを抜いて、アッカーマンがトップとなっている[4]

イギリス経由で日本でも知名度が上昇。アッカーマンはリッチー・ブラックモアジミー・ペイジ、エリック・クラプトンらと並んで、各音楽誌のギタリスト人気投票で上位にランクされる存在だった。1974年1975年と2年連続で来日し、米英圏以外のユーロロックにも注目が集まる契機となる。

1976年にアッカーマンが脱退し、後任にジャズ界で知名度のあったフィリップ・カテリーン(Philip Catherine)が加入。アルバム『新しき伝説』を発表したが、1978年にバンドは解散する。

再結成まで - 現在 (1985年 - )編集

その後、1985年に「ヤン・アッカーマン & タイス・ファン・レール(Jan Akkerman & Thijs Van Leer)」名義でアルバムを1作のみ発表するが商業的には失敗に終わった。

1990年に一時的に再始動してヤン・アッカーマンも加わり、オランダでテレビ出演を果たす。

1993年にも「ヤン・アッカーマン & タイス・ファン・レール」の連名でライブ活動をしたものの、再結成に至らず。1999年にも再結成の動きがあったが、失敗に終わる。

2002年にレールは若いミュージシャンたち(フォーカスのトリビュート・バンドのメンバーたち)を招いてフォーカスを正式に再結成し、翌年に27年ぶりのアルバム『フォーカス8』をリリース。

以降『フォーカス9 / ニュー・スキン』(2006年)[5]、『X』(2012年)[6]、『ゴールデン・オールディーズ』(2014年)[7]などコンスタントに作品を発表し、メンバー交代を繰り返しながらも活発な活動を続けている。

メンバー編集

 
テイス・ヴァン・レール(Key/Vo/Flu) 2014年
 
ピエール・ファン・デル・リンデン(Ds) 2012年

現ラインナップ編集

  • タイス・ファン・レール (Thijs van Leer) - キーボードボーカルフルート (1969年- )
  • メンノ・ホーチェス (Menno Gootjes) - ギター (2010年- )
  • ウド・パンネケート (Udo Pannekeet) - ベース (2016年- )
  • ピエール・ファン・デル・リンデン[8] (Pierre van der Linden) - ドラムス (1970年-1974年、1975年、1990年、2004年- )

旧メンバー編集

  • ヤン・アッカーマン (Jan Akkerman) - ギター (1969年-1976年、1985年、1990年)
  • ハンス・クルフェール (Hans Cleuver) - ドラムス (1969年-1970年、1999年)
  • マーティン・ドレスデン (Martin Dresden - ベース (1969年-1970年)
  • シリル・ハフェルマンス (Cyril Havermans - ベース (1970年-1971年)
  • ヤコブ・アッカーマン (Jacob Akkerman) - ドラムス (1971年)
  • ベルト・ライテル (Bert Ruiter) - ベース (1971年-1978年、1990年、1999年)
  • コリン・アレン (Colin Allen) - ドラムス (1973年-1975年)
  • デヴィッド・ケンパー (David Kemper) - ドラムス (1975年-1977年)
  • フィリップ・カテリーン (Philip Catherine) - ギター (1976年-1978年)
  • エーフ・アルベルツ (Eef Albers) - ギター (1977年-1978年)
  • P.J.プロビー (P.J. Proby) - ボーカル (1977年-1978年)
  • スティーヴ・スミス (Steve Smith) - ドラムス (1977年-1978年)
  • タト・ゴメス (Tato Gómez) - ベース (1985年)
  • マリオ・アルガンドーナ (Mario Argandoña) - ドラムス (1985年)
  • ボビー・ヤコブス (Bobby Jacobs) - ベース (2002年-2016年)
  • ヤン・ドゥメー (Jan Dumée) - ギター (2002年-2006年)
  • ルベン・ファン・ローン (Ruben van Roon) - ドラムス (2002年)
  • ベルト・スマーク (Bert Smaak) - ドラムス (2002年-2004年)
  • ニールス・ファン・デル・ステーンホフェン (Niels van der Steenhoven) - ギター (2006年-2011年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

  • フォーカス・アット・ザ・レインボー』 - Focus at the Rainbow (1973年)
  • 『ライヴ・アット・ザ・BBC』 - Live at the BBC (2004年)
  • 『ライヴ・イン・ヨーロッパ』 - Live In Europe (2012年)
  • 『ライヴ・イン・イングランド』 - Live In England (2016年)
  • 『ライヴ・アンソロジー』 - Live Anthology (2017年)

コンピレーション・アルバム編集

ヤン・アッカーマン & タイス・ファン・レール編集

  • 『青い旅路・フォーカス』 - Focus (1985年)

脚注編集

  1. ^ 「ティッジス・ヴァン・レール」「ティジス・ファン・レール」「ターツ・ファン・レール」「タイス・ファン・レア」「タイス・ヴァン・レアー」といった表記も存在する。
  2. ^ 元フォーカスのヤン・アッカーマン、10月に来日公演が決定 - NME JAPAN
  3. ^ FOCUS | full Official Chart History | Official Charts Company
  4. ^ JAN AKKERMANバイオグラフィ - AVALON
  5. ^ オランダのフォーカス、最新作が日本発売 - CDjournal
  6. ^ オランダのプログレッシブ・ロック・バンド、フォーカスの新作『X』が10月発売 - amass
  7. ^ オランダのプログレ・バンド フォーカス、リ・レコーディング・アルバム『Golden Oldies』を発売 - amass
  8. ^ 「ピエール・ヴァン・ダー・リンデン」という表記も存在する。

外部リンク編集