メインメニューを開く
フォークランド子爵ケアリー家の紋章

フォークランド子爵英語: Viscount of Falkland)は、スコットランド貴族子爵位。

1620年ヘンリー・ケアリー英語版が叙されたのに始まる。

歴史編集

 
第2代フォークランド子爵ルーシャス・ケアリー

1620年11月10日庶民院議員ヘンリー・ケアリー英語版が「ケアリー卿(Lord Cary)」とともに叙されたのに始まるスコットランド貴族爵位である[1][2]。彼はイングランドの人間であり、スコットランドには何の縁も無かった。

彼の息子、2代子爵ルーシャス(1610–1643)は後のクラレンドン伯爵エドワード・ハイドの同志で清教徒革命イングランド内戦)時の庶民院議員で穏健派(穏健進歩派、後に穏健王党派)のリーダー的存在だった[3][4]。しかし第一次イングランド内戦英語版で王党派と議会派の和平を探ったが失敗、国王チャールズ1世が強硬派に傾き、理想と現実の落差に絶望した2代子爵は1643年第一次ニューベリーの戦い英語版で戦死した[3][5]

その息子にあたる4代子爵ヘンリー英語版(1634–1663)は兄を継承して子爵となり、オックスフォードシャーの庶民院議員や知事英語版を務めた[1][6]。彼の息子、5代子爵アンソニー英語版(1656–1694)庶民院のいくつかの選挙区から当選してトーリー党の議員となり、1693年から翌1694年にかけて海軍大臣英語版を務めた[7]

5代子爵アンソニーが男子を持たなかったため、爵位ははとこである6代子爵ルーシャス(1687–1730)に引き継がれた。彼は初代子爵の第5子パトリック・ケアリー英語版(c.1623–1657)の孫である[1]。6代子爵ルーシャスは、流浪の身であったステュアート王家(ジャコバイト王位継承者)のジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアートによって、1722年12月13日にフォークランド伯爵に叙せられ、ジャコバイト爵位英語版を手に入れた[8]。また彼は、ローマ・カトリックを容認していた。

彼の玄孫の10代子爵ルーシャス・ベンティンク・ケアリー英語版(1803–1884)は、植民地行政官を務めた自由党の政治家であった。1832年に彼は連合王国貴族の「ヨーク州におけるスクータースケルフィのハンスドン男爵(Baron Hunsdon, of Scutterskelfe in the County of York)」に叙された。これによって彼は自動的に貴族院に議席を持ったが、子供を残せなかったため、彼の死とともにこの爵位は廃絶した[1][9]

一方2つのスコットランド貴族爵位は彼の弟の11代子爵プランタジネット英語版(1806–1886)に引き継がれた。彼は海軍軍人であり、提督(海軍大将、Admiral)まで昇進している[1][10]

彼の甥、バイロン(1845–1922)が12代子爵となった。彼は陸軍軍人としてキャリアを積んだ後、スコットランドの貴族代表議員1894年から1922年まで務めた[1][11]。その後、息子のルーシャス(1880–1961)が爵位を引き継いで13代子爵となり、貴族代表議員を1922年から1931年まで務めた[1][12]1961年に爵位はその息子ルーシャス・ヘンリー(1905–1984)に引き継がれ、1984年にその息子ルーシャス英語版 (1935-)に引き継がれた。この15代子爵ルーシャスは1999年貴族院法 (1999年)英語版で認められた90人の世襲貴族の一人である[1][13]。フォークランド子爵は、自由民主党側の席に座っている[1]

名跡編集

フォークランド子爵の名は、スコットランド王家の宮殿で、ファイフフォークランドにあるフォークランド宮殿にちなむ。しかし2つのスコットランド貴族の称号を保有しながらも、先述の通り、ケアリー家はイングランド出身である。

ウェストミンスター宮殿の聖ステファンホールにはフォークランド子爵の像が建っている。1909年4月27日、マージャリー・ヒュームという名の女性参政権活動家が自らを彼の像に縛り付け、「不言実行」と叫んだ。鎖が取り外された時、子爵の右の靴の先端が壊れてしまい、今日でもこれを見る事が出来る。彼の像は剣の部分も壊れているが、この運動によって壊れたと言うのはよくある誤解であり、実際に壊れたのは聖ステファンホールに設置されてすぐの事であった。

また、フォークランド諸島の名は17世紀末に5代フォークランド子爵アンソニー・ケアリー英語版海軍主計長官英語版だったため、彼の爵位名から付けられた物である[14]

現当主の保有爵位編集

現在の当主第15代フォークランド子爵ルーシャス・ケアリー英語版は以下の爵位を保有している[13][1]

フォークランド子爵 (1620年)編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Falkland, Viscount of (S, 1620)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月26日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cary, 1st Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ a b 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 246.
  4. ^ 塚田富治 2001, p. 183-186.
  5. ^ 塚田富治 2001, p. 193-194.
  6. ^ Lundy, Darryl. “Henry Cary, 4th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Anthony Cary, 5th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Henry Cary, 6th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Bentinck Cary, 10th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Admiral Plantagenet Pierrepont Cary, 11th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Lt.-Col. Byron Plantagenet Cary, 12th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Lucius Plantagenet Cary, 13th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  13. ^ a b Lundy, Darryl. “Lucius Edward William Plantagenet Cary, 15th Viscount Falkland” (英語). thepeerage.com. 2015年12月26日閲覧。
  14. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 247.

参考文献編集

  • Kidd, Charles, Williamson, David (editors). Debrett's Peerage and Baronetage (1990 edition). New York: St Martin's Press, 1990, [要ページ番号]
  • Ruvigny and Raineval, Marquis of, The Jacobite Peerage. Edinburgh, 1904.
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478
  • 塚田富治『近代イギリス政治家列伝 かれらは我らの同時代人みすず書房、2001年。

外部リンク編集