フォード・GT40とは、アメリカフォード・モーターが開発した、スポーツプロトタイプレーシングカーである。

本稿ではGT40のプロトタイプであるフォード・GTに関しても記述する。

フォード・GT40
ガルフカラーのGT40
(2004年 グッドウッド、フェスティバル・オブ・スピード)
GT40 at Goodwood.jpg
販売期間 1964年 - 1969年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 4.2L V8
4.7L V8
4.9L V8
7.0L V8
駆動方式 MR
最高出力 500PS/6,500rpm
最大トルク 60.00kgfm/5,000rpm
変速機 4速MT
FZ製5速MT
全長 4,293mm
全幅 1,778mm
全高 1,029mm
ホイールベース 2,430mm
車両重量 908kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

開発の経緯編集

1960年代、フォードは企業イメージ向上のために、モータースポーツの分野で活躍することが有効であると結論付けた。そして、その方法としてまず挙げられたのが、当時のル・マン24時間レースでは敵なしでその地位を確立していたスクーデリア・フェラーリを買収することだった。これは最も手っ取り早く簡単な方法であったが1963年5月に交渉は決裂し、失敗に終わった[1]

そこでフォードは、イギリスコンストラクターであるローラ・カーズのエリック・ブロードレイと提携し、ローラ・マーク6(ローラ・GT)をベースとして、新たにイギリスに設立された開発拠点のフォード・アドバンスド・ビークルズ社 (FAV) と共に、新たなレーシングカーを開発する計画を立てた。これが、GT40の開発の始まりである[2]

初期の試作車両は単に「フォード・GT」と呼ばれており、シャーシナンバーGT-101からGT-112までの車両が製作された。量産車両であるマークIからマークVには、シャーシナンバーGT40P/1000からGT40P/1145までの番号が付けられ[3]、マークIの車名は正式に「GT40」となった[4]

プロトタイプのシャーシ製作はイギリスのアビー・パネルズ社、グラスファイバーのボディパネルはスペシャライズド・モールディング社により製作された[5]

レース活動編集

 
Ford GT40エンジン

1964年にプロトタイプ車両が完成。「フォード・GT」という名で発表された。

1964年ニュルブルクリンク1000kmがフォード・GTのデビュー戦となったが、結果はリタイヤ。続いてル・マン24時間に3台が出走。ラップレコードとル・マン初の300km/hオーバーを記録するものの、結局全車両リタイヤに終わった。その後フォード・アドバンスド・ビークルズ社に代わって、シェルビーがレース活動を担当。一方フォード・アドバンスド・ビークルズ社は、ルマン参戦のためのホモロゲーションモデルの製作を担当することになった[6]。(ロードバージョンについては後記参照)

1965年の開幕戦のデイトナ2000KmではシャーシナンバーGT-103が優勝し、初勝利を挙げる。その年のル・マンは、4台のワークスマシンが出走。ラップレコードと最高速度記録を更新するものの、その甲斐なくこの年も全車両リタイアに終わった。

1966年には改良型の「マークII」が登場。この年の開幕戦のデイトナ24時間でケン・マイルズ/ロイド・ラビー英語版組が優勝。ル・マンでは、8台のマークIIがワークスマシンとして、5台のマークIがプライベーターとして出場し、結果は、ブルース・マクラーレン/クリス・エイモン組が優勝、さらに1-3位をGT40マークIIが独占した。

1967年のル・マンでは、さらにアルミハニカム構造のシャーシを採用し、キャブレターを2基に追加。これにより出力が530PSに強化されたエンジンを搭載したマークIVで出走。結果は優勝し、2連覇を達成。このシリーズ終了後、レギュレーションが大きく変更されたためフォードはワークス活動から撤退。マシンはプライベーターに託されることになった。

1968年1969年のル・マンでは、シャーシナンバーP/1075のGT40が優勝を果たし、GT40は4連覇を達成した。このP/1075はGT40に空力面で大きな改良を施したミラージュM1を、1968年のレギュレーション変更によって再び本来のGT40に改造し直した車である[7]。P/1075は1968年から1969年の世界スポーツカー選手権で通算11戦6勝の活躍をした。

バージョン編集

フォード・GT(プロトタイプ)編集

1964年にローラ・マーク6(ローラ・GT)をベースとして、シャーシナンバーGT-101からGT-112までの合計12台が製作された[8]。その内の4台がロードスターとして製作された[9]。 スチール製モノコックシャーシに、軽量のファイバーボディをかぶせ、エンジンはインディカー用に開発されていた、アルミ製の4.7L V8 OHV(350PS)をミッドシップに搭載。空力などの微調整を行い最終的な性能は最高速度330km/hというものだった。 レースの予選では速さを見せ、上位グリッドを獲得したが、信頼性や操縦性に難があり、本選では故障やクラッシュを帰することが多かった。

マークI編集

 
GT40 マークI 1969年 ニュルブルクリンク1000㎞レースにて

プロトタイプ製作の翌年の1965年から製作された量産モデル。このマークIからシャーシナンバーにGT40と刻まれ、正式に車名は"GT40"となった。ボディ形状が改められ、エンジンはプロトタイプと同じ4.7LのV8だが、出力は向上し、FZ社の5速トランスミッションを搭載している[10]。プライベーター(個人参加者)からの要望により、多くの車両が販売された。 プロトタイプから改善が行われたが、依然として信頼性の問題は残っており、レースではリタイヤが多く活躍することは少なかった。

マークIにはル・マン参戦のためのホモロゲーションモデルが存在し、公道走行可能なロードバージョンとして合計で31台が製作された[11]。ワイヤーホイールやカーペットなどの細かい変更以外はレース仕様車とほぼ同一のものだった。

1966年にはイギリスのアラン・マン・レーシングにより、下記のマークIIのバックアップとしてボディとシャシーに軽合金が使用されたライトウェイト仕様が製作された[12]

マークII編集

 
マークII シャーシナンバー GT40P/1015
1966年 デイトナ24時間優勝車
ドライバー:ケン・マイルズロイド・ラビー英語版
(2003年 グッドウッド、フェスティバル・オブ・スピードにて)
 
GT40P/1015 リア

マークIのシャーシを強化し、加えてエンジンを4.2Lからシェルビー製の7.0Lへ変更し、馬力も475PSまでに上げられた。1966年からマークIと並行して製作された。キャブレターウェーバー(現マニエッティ・マレリ)製からホーリー製に変更し、KarKraft製4速トランスミッションを搭載。また、ル・マンのレギュレーション変更に伴い、スペアタイアを搭載するためのスペースを確保するため、フロントノーズのデザインが変更。エンジンの大型化に伴い、リアカウルの形状も変わっている。 レースでは市販車クラスでエントリーしていたマークIに対して、マークIIはエンジンを大幅に変更したため、プロトタイプクラスからのエントリーとなった。

1967年には改良型の「マークII B」と呼ばれるモデルが登場、主な変更は軽合金シリンダーヘッド、キャブレターの追加、オイルタンクの配置変更、スペアタイヤの位置変更、ブレーキの冷却系の変更など[13]

マークIII編集

 
マークIII

マークIIIは完全に公道走行用であり、合計で7台が製作された[14]

ヘッドライトがレーシングモデルの角型ではなく、丸型に変更されており、冷却機能システムも変更された。レースモデル同様、乗降しやすくするためにルーフは大きくえぐれており、その部分がドアとつながっている。ボディカウルはファイバー製で、フレームの前端後端を軸に大きく開閉するようになっている。 ホイールは、最新のレースモデルがマグネシウムホイールであったのに対し、マーク3では初期のレースモデルと同様のワイヤーホイールに変更されている。サイドウインドウ後方とボディサイドにエンジン冷却用のダクトが設けられ、Aピラーの左右付け根部分に給油口を設けているなど、レースモデルと同様な点も多く見られる。 内装を変更し、さらにラゲッジスペース確保のために、ボディサイズを延長してある。エアクリーナーボックス、マフラーサイレンサーはなく、レースモデルを意識した仕様になっている。 

マークIV編集

マークIIが1966年のル・マン24時間レースでの総合優勝をなしえた後、翌年のル・マンの連覇だけを前提に開発された。従来の車両はイギリスで製作されていたが、このマシンはアメリカで製作されたものであった。

このモデルにはGT40の名は付かず、単にフォード・マークIV(もしくはフォードGT・マークIV)と呼ばれる[15]

リメイク版の登場編集

1995年にGT40を現代の解釈でリメイクする計画が立てられ、フォード・GT90が製作された。同車は市販計画があったものの、諸事情で頓挫している。

その後フォード・モーター創立100周年を記念して、2003年1月にデトロイトモーターショーでフォード・GTを発表、2005年に1,500台限定で販売された。 2016年にはGT40ルマン制覇50周年を記念して2代目モデルが登場、2017年から販売されている。

継続モデル・レプリカ編集

GT40には数多くのレプリカが存在し、フォード本社から正式な許可を得た"継続モデル"と呼ばれるものから、キットカーまで多岐にわたる。

アメリカのSafir Engineering社は"GT40"の商標を取得し、フォードの正式な許可のもと、新たにGT40の生産を行った。このモデルはオリジナルのGT40を忠実に再現し、「マークV」と呼ばれる。パーツの大部分に互換性があり、シャーシナンバーもオリジナルから継続した番号が使用された。マークVは1981年から2000年までに40台が生産された[16][17]

同じくアメリカのSuperformance社はSafir Engineering社とのライセンス契約の元にGT40の継続モデルを生産している。オリジナルのGT40は右ハンドルのみだが、左ハンドルも選択が可能。2019年にはル・マンで2連覇を果たしたシャーシナンバー"P/1075"を再現した仕様が50台限定で発売された[18]

名称について編集

GT40の名称は、「GT」はグランツーリスモを意味し、「40」は車高が40インチ(実際には40.5インチ)であることに由来する[19]

本来、正式にGT40と名の付いたモデルは量産車両であるマークIのみだが、現在ではフォード社がマークI以外のモデルにもGT40の名称を用いるなど[20]、マークIVを除く全てのバージョンの総称としてGT40の名が使われている[21]

脚注編集

出典編集

  1. ^ 『CAR MAGAZINE』No.459 p.46
  2. ^ 『CAR MAGAZINE』No.459 p.47
  3. ^ LETTER FROM PETER THORP”. gt40.com. 2020年12月4日閲覧。
  4. ^ FORD GT 40”. FIA Historic Database. 2020年12月3日閲覧。
  5. ^ FORD GT40 ROADSTAR (PDF)”. 『OCTANE』 (2014年9月). 2020年12月1日閲覧。
  6. ^ 『Octane』日本版 Val.20 p.29
  7. ^ Ford GT40 Mk I Gulf”. Ultimatecarpage.com (2012年8月6日). 2020年12月1日閲覧。
  8. ^ GT40 chassis numbers”. gt40.net (2014年). 2020年12月1日閲覧。
  9. ^ Ford GT Roadster”. Ultimatecarpage.com (2011年5月18日). 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ Ford GT40”. Ultimatecarpage.com (2015年12月7日). 2020年12月1日閲覧。
  11. ^ Set Mouth to Water: This Ford GT40 Road Car Is Heading to Auction”. caranddriver.com (2016年2月29日). 2020年12月1日閲覧。
  12. ^ なぜ「フォードGT40」は伝説のレーシングカーと呼ばれるのか?その秘密を探る”. Octane Japan (2019年1月16日). 2020年12月1日閲覧。
  13. ^ なぜ「フォードGT40」は伝説のレーシングカーと呼ばれるのか?その秘密を探る”. Octane Japan (2019年1月16日). 2020年12月1日閲覧。
  14. ^ 超弩級高性能ロードカー!7台だけ存在したフォードGT40の「ロードゴーイングバージョン」”. Octane Japan (2020年4月28日). 2020年12月1日閲覧。
  15. ^ 檜垣和夫 『フォードGT―Mk1/Mk2/Jcar/Mk4/GT40/P68/69 (SPORTSCAR PROFILE SERIES)』 二玄社、2006年。
  16. ^ LETTER FROM PETER THORP”. gt40.com. 2020年12月1日閲覧。
  17. ^ 『Rosso』No.214 p.161-p167
  18. ^ 本物なら億超え ル・マンで2連覇したフォードGT40 精巧なレプリカが発売”. AUTOCAR JAPAN (2019年8月8日). 2020年12月1日閲覧。
  19. ^ Le Mans 24 Hours: Five race cars that rocked the boat”. evo. 2021年2月9日閲覧。
  20. ^ FORD GT MK II”. ford.com. 2021年1月18日閲覧。
  21. ^ 檜垣和夫 『フォードGT―Mk1/Mk2/Jcar/Mk4/GT40/P68/69 (SPORTSCAR PROFILE SERIES)』 二玄社、2006年。

関連項目編集