メインメニューを開く

フォーミュラ・トヨタFormula TOYOTA 、略称:FT)は、かつてトヨタ自動車が主催していた自動車レースの一カテゴリー。いわゆるジュニア・フォーミュラの一つである。

概要編集

国内初のワンメイクフォーミュラとして1991年からスタートした。1999年までは「メイン」「ウエスト」とシリーズが分かれていたが、2000年から2007年までは一本化したシリーズとして開催していた。

初代チャンピオンはチームシフトポイントの景山正美、その後シフトポイントからは高虎之介等がフォーミュラートヨタに参戦した。

同カテゴリーからは過去に片岡龍也平中克幸中嶋一貴などが上位カテゴリー(フォーミュラ・ニッポンF3など)へのステップアップを果たしている。当時はトヨタの若手ドライバー育成プログラム「トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)」の中でも要となるカテゴリーであった。

しかしシャシーやエンジンが老朽化してきたことに加え、2006年よりトヨタ・日産ホンダの3社が共同で発足させたフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)が順調な立ち上がりを見せていること、そしてFTに参戦するドライバーの多くがFCJにも参戦していることなどから、トヨタでは2007年をもってシリーズ運営を休止することを発表した。ただし関谷正徳が校長を務めるフォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)については2008年以降も継続して開催され、2013年までFTのシャシー・エンジンが使用された。

マシンについて編集

エンジンはカテゴリー発足当初から、名機と呼ばれる4A-GE(1,600cc)が一貫して採用されている。当初は4バルブ仕様だったが、1995年のシャシー更新時より5バルブ仕様に変更された。N1レベルのファインチューンが施され、燃料供給はキャブレターによる。吸気制限は行われておらず、最大出力はおよそ170馬力。

トランスミッションはヒューランド製のHパターン・4速のLD200。

使用されたシャシーは時期によって3種類存在する。

なおこれらのマシンはレースで使用されたほか、2013年までFTRSのスクールカーとしても使用された。

外部リンク編集