メインメニューを開く

フジグラン宇部(フジグランうべ)は、山口県宇部市明神町にあるコミュニティ型ショッピングセンター (CSC) である。

フジグラン宇部
Fuji GRAND UBE
生活館(奥)・専門店街(左)
生活館(奥)・専門店街(左)
店舗概要
所在地 755-0008 
山口県宇部市明神町三丁目1番1号
座標 北緯33度55分50.1秒 東経131度15分22.1秒 / 北緯33.930583度 東経131.256139度 / 33.930583; 131.256139座標: 北緯33度55分50.1秒 東経131度15分22.1秒 / 北緯33.930583度 東経131.256139度 / 33.930583; 131.256139
開業日 1999年3月10日
正式名称 フジグラン宇部
施設所有者 宇部興産開発(株)
施設管理者 (株)フジ
商業施設面積 20,400 m²
中核店舗 食品館
生活館
店舗数 76
営業時間 09:00 - 21:00
駐車台数 1,437[1]
最寄駅 JR logo (west).svg 宇部岬駅
最寄IC
FUJI

フジが運営する「フジグラン」としては店舗面積・売上高ともに山口県内最大。映画館シネマコンプレックス)、ボウリング場、フィットネスクラブ英会話教室などを併設しており、複合商業施設的な要素を持つ。

目次

概要編集

宇部興産の所有していた宇部港東端の工場用地の一角に1999年平成11年)3月10日に開店した。宇部興産の子会社である宇部興産開発が建設を手がけ、フジがこれを借り上げる形となっている[2]。店舗面積は20,400 m2[3]。宇部市におけるコミュニティ型ショッピングセンターとしてはゆめタウン宇部1996年9月26日開店)に次ぐものである[備考 1]

店舗は西側(生活館)と東側(食品館および専門店街)、それらをつなぐモール部分(専門店街)、および別棟(SSSスポーツプラザ)からなり、モール部分は天窓を設置した吹き抜け構造となっている。駐車場は周辺に平面・立体駐車場を配置しているほか屋上駐車場を設けている。

主なテナント編集

シネマ・スクエア7
映画館シネマコンプレックス)。毎日興業が運営しており[2][備考 2]その名の通り、7つのスクリーンを設置している。ワーナー・マイカル・シネマズ防府(現イオンシネマ防府、防府サティ(現イオン防府店)内)、MOVIX周南ザ・モール周南)に次ぐ山口県内3番目のシネコンとして1999年11月27日に開館した。先行2館とは異なり独立系のシネコンである。
ワンダーパーク宇部・ワンダーボウル宇部店
ナムコが運営するゲームセンターボウリング場。山口県唯一のワンダーパーク・ワンダーボウルである。
ボウリング場を併設しているショッピングセンターは、山口県ではほかにイオンタウン防府が存在する。
SSS(スリーエス)スポーツプラザ宇部店
株式会社宇部スイミングスクールが運営するフィットネスクラブ1979年昭和54年)に開業した「SSS宇部スイミングスクール」が前身。フジグラン宇部開店を機に敷地内に移転開業し、フィットネスクラブを併設した。
 
SSSスポーツプラザ宇部店
 
食品館および専門店街からなる東側エリア

売上高編集

フジが発表していた年次売上高は以下の通り。なお同社は2011年2月期以降の店舗別売上高を公表していない。

売上額(百万円) 売上順位 前年比 出典
2008年2月期 9,089 8位 100.6% 平成20年2月期 決算・参考資料 (PDF)
2009年2月期 8,271 9位 91.0% 平成21年2月期 決算・参考資料 (PDF)
2010年2月期 8,003 9位 非公表 平成22年2月期 決算・参考資料 (PDF)

周辺編集

フジグラン宇部開店後、周辺に複数の商業施設が出店している。

 
コジマNEW山口宇部空港店

アクセス編集

宇部岬駅より徒歩10分
宇部新川駅よりバス(宇部市交通局)W3・W5系統「八王子」行き、S1系統「山口宇部空港」行き、E2・12系統「宇部興産中央病院」行き、24・26系統「萩原経由 交通局」行き・76系統「萩原循環」で13分。73系統「恩田・空港経由 めぐりーな」で19分。74系統「沼工学部経由 めぐりーな」で33分。フジグラン宇部バス停下車すぐ。
山口宇部空港よりバス(サンデン交通)「特急フジグラン宇部」行きで5分。(宇部市交通局)12系統「宇部新川駅」行き・74系統「沼|工学部]]経由 めぐりーな」で4 - 6分。同上バス停下車すぐ。

脚注編集

[ヘルプ]

備考編集

  1. ^ 1997年9月19日阿知須町(当時)との市境付近に開店したハイパーモールメルクス宇部も広大な駐車場を有する大型商業施設だが、業態としてはオープンモールのパワーセンター型店舗である。また、フジのSCとしては、2003年3月1日宇部駅周辺に近隣型ショッピングセンター (NSC) であるパルティ・フジ西宇部を開店している。
  2. ^ 2015年12月28日までは周南市の映画館「テアトル徳山」の運営会社でもあった。

出典編集

  1. ^ 大店立地法に基づく届出による。2000年8月1日現在。
  2. ^ a b 「フジグラン宇部 複合映画館オープン 11月27日」宇部時報1999年11月15日
  3. ^ 全国都道府県別SC一覧 (PDF)

外部リンク編集